支配者にとって都合が悪いので学校で金儲けを教えません

学校で金儲けを教えないのは都合が悪いから

あなたは学校でどうしてお金の知識を教えてくれないかわかりますか?主な意見としては 「教育には金銭の問題をいれるべきではない」、「教育は神聖な場でありお金の問題は必要ない」、「子供のうちはお金のような俗なことに触れさせるべきではない」 といったものがあります。確かにこのような意見のとおりであることも事実です。しかしそれ以外に、もっとも利己的な理由も存在するのです。それは都合が悪いからということです。

カンタンに説明しましょう。今の日本を支配している大企業は、日本の学校は意図的にバカを作るのページでも説明したように一生コキ使えていつでも使い捨てられる労働力求めています。それにはゆとり教育によって生み出されたバカは最適な存在でした。しかし、いくらバカであっても労働者というのは最低限の知識はもっていなければ困ります。一方で余計な知識や知恵をもたれても非常に困ります。コキ使ったり、使い捨てることが非常に難しくなるからです。そのため支配者は次のようなものを労働者に求めています。

1. ”よみ、かき、そろばん” といった最低限の識字をもっていること
2. 法律やお金儲けの知識など高度な知識はもっていないこと
3. とにかく命令を良く聞いて従順なこと

一見人権を無視したような自分勝手なものですが、これを踏まえて学校教育を見てみると、驚くべきほど学校教育はこれに当てはまるような教育をしていることがわかります。

最低限の識字は与える学校

1. ”よみ、かき、そろばん” といった最低限の識字をもっていること

この条件は社会生活をする上では絶対に必要なことです。文字が読めなかったり書けなかったり、計算できない人間は、いくらなんでも使い物になりません。支配者は確かにバカな労働者を求めてはいるのですが、あまりにもパーフェクトなおバカでは困ってしまうのです。ただし、教育崩壊しているとはいえ、今の学校教育ではいくらなんでも ”よみ、かき、そろばん” を教えられなくなるほど崩壊しているわけではありません。よって最低限の識字はゆとり教育でも若者には与えられているものでした。

都合の悪い知識や知恵は教えません

2. 法律やお金儲けの知識など高度な知識はもっていないこと

法律やお金の知識は労働者にとってはぜひとも身に付けたい知識です。しかし一方の大企業にとっては、労働者が法律やお金に関する知識や知恵をもってしまうと非常に都合が悪くなります。理由は単純です。法律の知識をもたれてしまうと、「名ばかり管理職」 や 「偽装請負」 などの複雑な契約内容でゴマかすことが難しくなります。

またお金儲けの知識をもたれても非常に困ります。お金儲けの知識をもてば自分で稼ぐことができるので、わざわざ劣悪な環境へ応募してこなくなります。これは大企業にとっては非常に困るのです。このように支配者である大企業にとっては、労働者には絶対にお金儲けの知識を与えたくないのです。そのため学校では法律やお金儲けの知識を全くといっていいほどに扱わず、「お金のことを考えることは悪いことだよ」 といった洗脳まで押し付けています。今の学校は支配者にとって実に都合がいいしくみになっています。

従順で反抗しない ”いい子” は重宝します

3. とにかく命令を良く聞いて従順なこと

この条件はもう説明する必要がありませんね。とにかく支配者というのは ”自分に都合のいい人間” を求めます。それが、全く文句も言わず反抗もしない従順な人間です。ほとんど奴隷のような存在ですね。

そんな人間なんか学校で作っているわけないだろ?と思う人もいるかもしれません。ではお聞きします。よく親や先生がホメる ”いい子” ってどういうものですか?いい子とは親や先生の言うことをキチンと従い、命令に絶対逆らいません。そして非常に従順です。・・・もうおわかりですよね、親や学校で重宝され、ホメられるタイプである ”いい子” こそが支配者にとって都合のいい人間なのです。

このような ”いい子” というのは親や先生からホメられるのが嬉しいために非常に勉強を良くがんばります。そのため頭がいい人が多いです。しかし、このタイプの人間は自分のために勉強したのではなく、結局他人のために、他人に言われたから勉強した人間が大多数です。いわゆる偏差値エリートという奴ですね。こういう人間は偏差値は高くとも、主体性がありません。論理的な考え方はできても行動力はありません。自分で考え判断して行動することがほとんどできないのです。そのため他人に完全に依存してしまいます。つまり優秀なのに意思がなく、命令を良く聞いて従順であるという、支配者にとって非常に都合がいい条件を満たした存在なのです。考えてみれば当然ですね。学校というのは支配者にとって都合のいい人間を作り出すのが仕事なんですから。皮肉な話ですが、親や先生の話を良く聞いて従順に従う ”いい子” こそが一番搾取されてしまう人間なのです。

社会とは支配者に都合のいいように作られているんだ

このように学校で法律やお金に関することを教えないというのは、支配者にとって非常に都合が悪いという理由が存在しているのです。学校の教育というのは実に支配者にとって都合がいいものですね。そして都合の悪いところは一切明かしません。これはあの有名なドラゴン桜の桜木のセリフにも現れています。

ドラゴン桜:桜木の言葉
「(賢い)大人は社会について教えないんだ。代わりに未知の無限の可能性なんて何の根拠もない無責任な妄想を押し付けているんだ。それを知らずに(社会へ)放り出される。そこに待っているのは不満と後悔だけだ」

「社会のルールってやつは全て頭のいいやつが作っている。そのルールは頭のいいやつに都合がいいように作られているんだ。逆に都合の悪いところはわからないように隠してある。つまり頭使わずに面倒くさがっていると一生騙されて高い金払わされるんだ。騙されたくなかったら、損して負けたくなかったら、お前ら勉強しろ」

このように学校というのは社会について、お金について全く教えません。代わりに根拠の無い妄想(お金のことを考えることは悪いこと)を押し付けています。それを知らずに社会へ出れば、無知と無力に足元を見られて支配者によって一生搾取されて悲惨な人生を迎えます。このように法律やお金のことを学校で教えないのは支配者にとって本当に都合がいいんです。そしてお金のことを教えないでバカを作りだすといった都合の悪いことはわからないように隠してあるんです。世を支配した人間が自分に都合のいい社会を作ろうとするのはいつになっても変わりません。現在だって例外ではありませんよ。

そのため格差から脱出するには、司法書士行政書士公認会計士 日商簿記 社会保険労務士 など ”金になる資格” を取って悪質な経営者に依存することのないスペシャリストになる以外に道はありません。最近のZ会のような実力のある資格講座や通信教育にはそれを反映してか応募者が殺到しています。「お金が無い・・・」 とか言われそうですが、LECオンラインなどでは分割払いができて月に数千円程度の負担できるため、資金不足は理由にはなりません。

このようなことです。要するに ”投資” という有効な方法を教えてしまうと皆が金持ちになって今の金持ちが困ってしまう。だから未知の無限の可能性なんて何の根拠もない妄想を押し付けて ”投資” を教えないということです

©講談社/三田紀房

関連記事