サクソバンクFX証券は世界の外国為替銀行上位25行でデンマーク政府の保証つき

SAXOBANK(サクソバンク証券)とはどのような業者か?

デンマークデンマーク政府のお墨付き!SAXOBANK

サクソバンク証券という業者はその名のとおり、外国にあるSAXOBANK直結のFX会社です。このSAXOBANKはなんと世界の外国為替銀行上位25行に入る巨大企業なのです。日本のFX業者には無論こんなところありません。SAXOBANKは1992年の設立以降すさまじい勢いで世界のFX市場に進出、今では1300人の従業員を抱えて180カ国以上の国々に進出しているまさしく世界レベルのグローバル企業です。しかもなにより驚きなのがデンマーク政府が設立した補償協会に入っていることです。この補償協会は会員となる金融機関に預けられた預金や証拠金はデンマーク政府によって保護されるというもの。つまりSAXOBANKは政府がその安全を保証してくれるという国家のお墨付きまでもらっている企業なのです。日本のFX業者でこんなところありますか?

デンマーク政府のお墨付き!SAXOBANK

FX業界最多の150以上の通貨ペア&CFD取り扱いも最多

サクソバンク証券のわかりやすい最大の特徴は、その取引できる通貨ペアの数。その数はなんと150種類以上となり、20~30程度の日本の業者とはまさしく桁が違う数になります。その内容は南アフリカランドや メキシコペソ、トルコリラといった高金利通貨、ハンガリーフォレントやポーランドズロチ、ロシアルーブルといった東欧通貨、さらにはサウジアラビアなどの中東通貨など他の業者ではお目にかかれない多彩な通貨を取引することができます。しかも驚きなことに普通ならメジャー通貨&マイナー通貨といった組み合わせだけでなく、PLNHUFやTRYZARなどマイナー通貨同士の通貨ペアまで揃いもそろっています。さらにFXに限らずCFDの取り扱い数もすさまじいです。株価指数CFDは300以上、債券や商品やETFも200以上、個別株CFDにいたっては10,000の大台というケタ違いの取り扱い数なのです。正直ありすぎて選べません・・・。

FX業界最多の150以上の通貨ペア&CFD取り扱いも最多

上級トレーダー御用達!サクソ系システム

FXの話題を聞いているとたまに 「サクソ系」 という言葉を聞いたことがありませんか?これはSAXOBANKが提供している世界最高ともいわれるSAXOTRADERというシステムツールのことです。SAXOTRADERは世界120カ国で使われているMT4並に普及したFXツールです。MT4が個人に人気なのに対してサクソはプロの機関に使われています。その理由は世界トップクラスの通貨取り扱い数に加えて、非常に安定したシステム、スリップしない強力な約定力、強固なセキュリティー、そして自分の使いやすいようにカスタマイズできる利便性と世界で通用する素晴らしいシステムです。日本ではながらく英語版しか用意されていませんでしたが、サクソバンク証券によって日本語バージョンがリリースされて、より一層使いやすくなりました。

SAXOTRADER

金融危機でもダウンしない、FX業界で最強のシステム

SAXOBANKのシステムは世界的にも非常に強固なものとして知られています。おそらく日本のFX業者の中でもサーバーの強さは最強といっておもいいでしょう。おそまつな日本業者でシステムダウンが連発した2007年のサブプライムローンショックや2008年のリーマンショック、2010年の誤発注&ギリシャショックのときでも全くシステムダウンしませんでした。それもそのはず、SAXOBANK本社ではサーバーを複数に設置してのリスク分散、さらにシステムダウンにおけるマニュアルを非常に性格に備えており、24時間体制でスタッフが監視しています。どんな問題が起ころうとも30分以内に解決できるようマニュアルを組んでいます。また、トラブルに対して人的対応を極力減らして、オートメーション化し、トラブル復旧時間の短縮を図っています。そういった体制が世界に認められるシステムの強固な信頼性を築いていったのです。

スリップありえない!FX業界最強の約定力

欧米有力大手銀行とパートナーシップが可能にする世界レベルの約定力

SAXOBANKのシステム・サーバーの約定力は非常に強いものであり、まずスリップなどしません。すべる・すべりまくり・と言われる日本のFX業者とは比較にならない安定度で、日本のなかでは約定力は最強です。それはデンマークのSAXOBANK本社がその信用力と経営力から多数の欧米有力大手銀行とパートナーシップを組んで、そういった大手機関から流動性を確保しているから可能なのです。その流動性は数億ロットという巨大な注文すら即座に処理してしまうほどの巨大なものです。これは世界的な信用力と経営力から成るグローバルネットワークを構築しているサクソバンクだからこそ可能なことです。日本のFX業者ではこうはいきません。まさしく次元が違うところにいるのです。

初心者に優しい1,000通貨から、プロ御用達の上級口座まで

SAXOBANKはまさしく世界最高レベルの金融機関です。本来なら欧米有力金融機関のディーラーといったプロでしか取引ができないほどの格の高いところです。実際、数年前まではプロしか扱えないような取引条件でした。しかし日本で本格的にFX事業を始めるに当たってサクソバンク証券では、初心者からプロまで幅広い顧客に合ったコースを用意するようになりました。通貨ペアが少ない代わりに1,000通貨単位で手数料無料になるミニコース、標準のスタンダートコース、500万単位の資金の代わりにスプレッドがほぼゼロのFXCHOICEコースなどタイプ別に多彩なコースがあります。特にミニコースによって資金が少ない初心者の方にも入りやすい環境になってくれたのは非常に嬉しいですね。


初心者に優しい1,000通貨から、プロ御用達の上級口座

厳重なセキュリティー体制:認証キー、信託保全も完備

SAXOBANKは100カ国以上で愛用されている理由にはシステムのセキュリティーもあります。本社SAXOBANKのシステム体制ももちろんですが、SAXOTRADERには 「認証キー」 というライセンスのようなものがあります。サクソバンク証券に口座を作るときはID・パスワードの他に認証キーというものを設定しないと利用することができません。この認証キーは利用者1人1人のPCに設定するカギのようなものであり、これを設定すれば別のPCではログインすることができなくなります。つまりIDやパスワードが流出しても利用者のPC以外では使うことができないので安全なのです。これは企業秘密流出に神経を尖らせてる大手金融機関にはなくてはならないものですね。ちなみに海外業者ということで資産保全が心配な人も多いですが、サクソバンク証券は日証金信託銀行でしっかりと信託保全されています。

月曜朝4:00から取引可能!窓埋めトレード

為替相場では週末の相場が閉まる土曜早朝と市場が開ける月曜早朝のレートが乖離することがあります。これが窓あけと呼ばれる現象です。窓明けというのは相場の行き過ぎのため、相場はその窓を空ける前の水準まで戻る ”窓埋め” が起こる事が多いのです。その修正する動きを狙った ”窓埋めトレード” が有効です。しかし月曜の朝3時から各FX業者のレートを見てもらえればわかりますが業者によってトレードできる時間が違うのです。多くのFX業者は6~7時からしか取引できません。その点サクソバンク証券なら朝4時からトレードできるので対応の遅い日本業者とは違って窓埋めトレードが有効活用できます。むしろ窓埋めトレードをするならサクソバンク証券しかありえないとしか言えないですね。

SAXOBANKでは月曜朝4時から取引ができる。日本の業者とはちがうのだよ!

サクソバンク証券の口座開設はコチラから