純金積立の保管方法:特定保管と消費寄託

純金積立の保管方法は2つある

純金積立で買われた金は、主に特定保管か消費寄託という方法で保管、もしくは運用されています。会社ごとに保管方法が違うので自分にとって有利な方法を選びたいのなら会社そのものを選ぶ必要があります。買った金を地金や金貨という形で引き出さない限り取引会社がその方法で保管し続けます。

純金積立の保管方法 : 特定保管

特定保管とは取扱会社の資産と積立した金を分別管理し、金の現物を実際に保管するもので、投資信託の分別管理と同じでもあります。この方法は安全性が極めて高く、仮に取扱会社が破綻した場合でも積立した金は会社の資産とは分別して扱われるため安全にかえってきます。この点はFXの信託保全と同じような形ですね。

しかし逆に金を使っての運用が出来ないため、インカムゲインを受け取ることはできません。また厳重な設備が保管に必要なために手数料も高めに設定されて、保管料がかかってしまうこともあります。この方法はコストがかかるために田中貴金属工業と石福金属興業しかやっておりません。

特定保管は金庫で厳重保管

メリット


・極めて高い安全性
・取引会社が倒産しても保全される

デメリット


・運用ができずインカムゲインは無し
・手数料は割高
・保管料がかかる
・やっている会社は少ない

つまり配当の替わりに”安全”を買う方法です

純金積立の保管方法 : 消費寄託

消費寄託とは ”貸し株サービス” のように私たちが買った金の所有権を取引会社へ委託し、その会社はその金を市場へリースしてお金を稼ぐ方法です。この方法では市場でリース(貸し出す)するために私たちにもその利息分(インカムゲイン)の一部が手に入ります。しかしこの方法は金の所有権を会社が持つことになるので、会社が倒産してしまうと会社の資産ということでおさえられてしまい私たちに戻ってこない可能性があります。この方法をとっている会社は多く、三菱商事、三井住友銀行、三菱マテリアル、住友金属鉱山、岡藤商事、三貴商事などほとんどの金取引会社がこれにあたります。

消費委託はリースして市場で運用することで利息を稼ぐ

メリット


・インカムゲインが手に入る
・手数料は割安
・保管料は無し
・やっている会社は多い

デメリット


・100%安全ではない
・所有権は会社になる

つまり安全の替わりに”配当”をもらう方法です

間違えやすいんですが ”消費寄託:しょうひきたく” であって ”消費委託:しょうひいたく” ではありません。同じような発音で同じような漢字だから間違えやすいんですよね。

各会社別の保管方法

会社名 保管方法 上場の有無 グループ
岡藤商事 特定保管&消費寄託
コースにより選択可能
非上場 岡藤グループ
JASDAQ上場 (8705)
三貴商事 消費寄託 非上場 光陽グループ
田中貴金属工業 特定保管 非上場 田中貴金属グループ
石福金属興業 特定保管 非上場 個人企業
三井住友銀行 消費寄託 東証1部(8316 三井グループ
住友金属鉱山 消費寄託 東証1部(5713 住友グループ
三菱商事 消費寄託 東証1部(8058 三菱グループ
三菱マテリアル 消費寄託 東証1部(5711 三菱グループ
日鉱金属 消費寄託 非上場 新日鉱グループ

特定保管をしているのは田中貴金属工業と石福金属興業しかありません。他の会社は消費寄託がほとんどですね。。これは”金”という需要ある資産を眠らせておくのはもったいないと考えるところが多いからでしょう。こういった会社は銀行や商社などが多く、積極的に運用して利益を出し続けなければいけないから消費寄託をしているのですね。また岡藤商事はコースによって保管方法を選べるようになっています。やはり、岡藤商事は一番融通が利く拡張性がある企業ですね。

特定保管と消費寄託のどっちを選ぶべきか?

基本的には ”安全重視なら特定保管”

”配当重視なら消費寄託” という判断でいいと思います。

特定保管をしているのは田中貴金属工業と石福金属興業しかありません。しかも田中貴金属工業は勝手にお客の金を使っていないことを証明するために毎年2回、外部の信用ある第三者機関に依頼して、確かに特定保管されているかどうかの確認業務を受けています。これほどの厳重保管をしているのは田中だけです。よって特定保管を選ぶには必然的に田中貴金属工業になります。

しかし安全面で劣る消費寄託が100%資産が保障されないとはいえ、消費寄託をやっている会社はどこも財務体制はしっかりしていますし、なにより三井、住友、三菱グループの傘下であることを考えますと倒産はほとんど考えられないのであまりリスクを考慮する必要はないでしょう。最終的にはやはり自分の好みの問題ですね。”貸し株サービス”のように、眠っている資産を少しでも働かせて 「お金に働いてもらう」 方針でいけば消費寄託を選んだほうがお得ですね。

GMOクリック証券  
>>手数料無料、金・原油の上昇や暴落で儲けるには GMOクリック証券 <<