純金積立を設定したら、後はほったらかしでいい

ほったらかし : 私たちは何もしなくていい

純金積立はドル・コスト平均法という方法で金を買い付けます。この方法は、金の価格で買い付け量を決めるのではなく、毎回決めた額のみで金を買う方法です。いわゆる 「定額購入法」 ともいいます。この方法は毎回の投資額が一定になるので金価格が安いときは多くの金を購入でき、金価格が高いときは少ない金しか購入できないという自動調整が働きます。そのために安い金が多く、高い金が少ないので平均の額が安くおさえられることになります。

どの純金積立会社もこの方法を取っており、もちろん三貴商事も積立の契約をしてしまえば毎日ドル・コスト平均法で金を平均が安くなるように買い続けてくれます。三貴商事では何も言わなければ一年ごとに自動更新するので私たちがやることは何もありません。しいて言えば、たまに送られてくる「残高報告書」を見て、金がどれぐらい買われているかを確認するぐらいです。もう、ほったらかしでいいんです!

残高報告書を確認するだけ

初心者でもできる資産運用
✓なぜ初心者でも大丈夫なのか

AI(人工知能)による自動運用
個人のスキルや知識は影響しにくい

投資先の分散と長期的運用を行う
大損のリスクはほとんどない

行動する人は、行動しない人より、
圧倒的によい成績を残せる!

関連記事