純金積立はドル・コスト平均法で安く買える

ドル・コスト平均法とは

ドル・コスト平均法とは、金の価格で買い付け量を決めるのではなく、毎回決めた額のみで金を買う方法です。いわゆる 「定額購入法」 ともいいます。この方法は毎回の投資額が一定になるので金価格が安いときは多くの金を購入でき、金価格が高いときは少ない金しか購入できないという自動調整が働きます。そのために安い金が多く、高い金が少ないので平均の額が安くおさえられることになります。

安いときの金を多く買う
高いときの金は少なく買う

しかしこのドル・コスト平均法は定額ずつ購入していく投資方法ですから、価格が暴騰して明らかに上がりすぎのときも自動的に買ってしまいます。また、明らかな暴落による 「底値」 でも一定額しか買ってくれません。良くも悪くも購入単価が平均的になるため高い利益を得にくい方法です。「守りの投資」には適していますが、短期勝負には全く向いていません。そのために、底値で追加購入を考えたいときは「スポット購入」をする必要があります。

ドルコスト平均法は暴騰しても買ってしまい、暴落してもあまり買わない

GMOクリック証券  
>>手数料無料、金・原油の上昇や暴落で儲けるには GMOクリック証券 <<