富の象徴の金地金(金の延べ棒)

富の象徴の金地金(金の延べ棒)

お金持ちといったら山のように積まれた金の延べ棒ですね。いくらなんでも山のように金塊を集めるのは難しいですが、純金積立である程度たまったら、大きな金塊に替えたいですね。その場合、貯まった金を金地金というものに替えることになります。これはよく漫画などで出てくる、「金の延べ棒」や「ゴールドバー」というやつです。

山のように積まれた金の延べ棒

その金の延べ棒というべき金地金はサイズがある程度決まっています。主に1kg、500g、300g、200g、100g、50g、20g、10g、5gなどがありますが、各取り扱い会社によって異なります。勝ち組としては1つでも 「金の延べ棒」 を持っておきたいものです。こういう話題をすると多くの人は 『自分には縁の無い話だ』 とあきらめる人が結構います。そういった人には今更いうことでもないですが、一生縁がないでしょうね。

金地金のサイズはある程度決まっています

地金を購入するにあたって注意したいのは、500g未満の場合は、バーチャージといわれる金地金加工の手数料がかかることです。そのため余計な手数料をかけないためには500g以上の金地金にする必要があります。ですので純金積立で積み立てた金は500g以上になってから「金の延べ棒」にしたほうがお得です!

GMOクリック証券  
>>手数料無料、金・原油の上昇や暴落で儲けるには GMOクリック証券 <<