短期投資か長期投資にしろ、1つではなく複数の口座を持つのが勝ち組

第2口座・予備口座を持つことが必要

さて、DMMFXの口座開設をした方はFXを使って勝ち組への大きな一歩を踏み出したことでしょう。しかし、口座を作っただけで満足しないでくださいね。まだほんのスタート地点についただけですから。では、次に何をするのか?それは第2のFX口座、いわゆるサブ口座・予備口座を開くことです。

『えっ?DMMFXで十分じゃないの?』 

と思う方もいるでしょう。しかし残念ながらすべてが揃ったパーフェクトなFX業者は存在しません。DMMFXのような大人気の会社にも倒産リスクが必ずあります。そのため複数のFX業者を並列してもつことが一番望ましいのです。これはリスクの分散です。例えば、あなたが1つのFX業者だけに全財産をぶち込んで取引していたとします。その業者がもしなんらかの事態に陥って倒産してしまった場合、またはシステムトラブルで取引が出来ない状態になってしまったら?どのFX業者でもその可能性はあります。そんな時になってから後悔しても遅いのです。そのためFXをするなら、最低でも2~3社に口座を作ってリスクを分散させておいたほうがいいのです。

敏腕トレーダーの方を見ても、1つの口座だけでやっておられる方は極めて少ないです。常勝トレーダーの方に話を聞きますと、必ず複数口座に資金を入れていつでも取引をすることができる準備をしています。例えばトレード用で2社を使い、サブ利用やチャート用で2~3社を使っている方の話もあります。もしものことがあったとき、別の口座でカバーをするために用意しているのです。最近は少ないですがサーバーダウンをするFX会社というのも毎年どこかで出ています。それをカバーするためには別口座が必須なのです。敏腕トレーダーの方は、FX業者は一長一短であり、ケースによって使い分けることを理解しているからです。また、複数の口座を持つと管理が大変だな・・・とか、IDやパスワードの管理が大変だな・・・と躊躇してしまう人も、一括管理ツール:MoneyLookがあるので大丈夫ですよ。

2つ以上の口座を持つことが勝ち組トレーダーの常識!

一括管理ツール:MoneyLook
MoneyLookというソフトの魅力は使える金融機関がとても多いことと、一度登録をしてしまえば、わざわざIDやパスワードを再度入力することなく自分の口座情報をすべて見ることができる点です。そのため自分の使っている銀行・証券会社・FX会社・クレジットカード・純金積立会社の残高すべてを一括表示・管理することができます。しかも、初心者の方でもカンタンにグラフ表示ができるので、自分の資産がどこに多くなっているのか、資産と負債がいくらあるのか、どこかに偏ってないかが一目でわかるようになっているのです。

【登録したすべての口座情報を一括表示】

FX業者にはすべて同じではありません。業者ごとにサービス・情報重視のところと、短期売買重視のところ、そして長期投資重視のところと種類がわかれています。投資家といってもいろんな人がいますので、自然とニーズによって業者の方向性がわかれていったのです。例えば後述のマネースクウェア・ジャパンという業者はサービス・情報重視であり、セミナーなどのFXの勉強をしたり、通貨分析レポートに力をいれているところです。DMMFXは短期売買重視はコストが安くてデイトレがやりやすいところです。長期投資重視はスワップ金利が高かったり資産保全に力をいれているところのことです。このようにFX業者にはそれぞれ特徴があり、同じような種類の口座ではなく違った種類の口座をもったほうが、リスク分散にもなりますし、いろんな投資方法を使えたりして便利なのです。

第2口座としてどこを選べばいいか?

ではどんなFX業者に第2口座をもてばいいのでしょうか?
私はマネースクウェア・ジャパンをもつことをお勧めします
マネースクウェア・ジャパン

マネースクウェア・ジャパンは非常に情報面やサービス面に充実している業者です。顧客には銀行の大口様のように一人専属の担当者がついて投資相談にのってくれます。DMMFXはスプレッドが狭いけどサービスがあまりないのに対して、こちらは良質な情報サービスとしてセミナーやマーケット情報などを提供してくれています。このようなきめ細かいサービスをしてくれる業者はあまりありません。さらに最近では 「トラリピ」 という自動売買を特許をとって売りだしています。詳細は省きますが、このトラリピというのは初心者でも楽に運用できる画期的な注文方法として注目されています。しっかり設定すれば月に30万円ぐらい何もせずに得られます。詳しい説明はマネースクウェア・ジャパンの分析ページで見てください。

【マネースクウェア・ジャパンは情報業者+トラリピ】
マネースクウェア・ジャパンは情報取得向けの業者です。最初に作ったDMMFXとは異なるタイプの業者です。DMMFXではデイトレなど直接取引をするようにして、マネースクウェアジャパンは、情報を得るために利用するのがよいでしょう。実際私はそれぞれを取引用と情報用に使い分けています。この利用方法は質問サイトでも語られています。Yahoo!知恵袋や教えて!gooにある質問に回答している方は、マネースクウェア・ジャパンは口座だけ作って分析ツールを利用し、実際の入金および運用は他の業者に開いた口座で行うというやり方を行っている個人投資家の方は少なくないようです・・・とハッキリ述べてしまっています。そう、最初に述べたようにFX業者のいいとこ取りをしているんです。DMMFXはあまり情報・サービス面には力をいれていません。そのためマネースクウェア・ジャパンに口座を作り、マネースクウェア・ジャパンのセミナーや通貨分析レポートなどを利用できるようにしたほうがお得です。さらにマネースクウェアジャパンには 「トラリピ」 という自動売買注文機能があります。この注文機能はしっかりと設定すれば下の図のようにほったらかしでも月に30万円、40万円を得ることができます。ほったらかしと情報用にマネースクウェアジャパンは口座を作る価値ありです。

たった1ヶ月で30万円以上の利益!

現在、当サイトではトラリピでマネースクウェアジャパンさんとタイアップ中
マネースクウェア・ジャパン
>> 無料プレゼント口座開設はコチラから <<

では、他のFX業者が
短期売買用、長期投資用、情報取得用
なのか特徴をみてみましょう。

介入対策に最低1つは海外口座も持とう

日本業者に口座を持つのもいいですが、
最低1つは海外口座を持つこともオススメします。
それは日銀の介入対策のためです。

2011年10月31日の日銀介入チャート

上記図は2011年10月31日に日銀が8兆円の介入をした時のチャートです。10:30頃から介入が始まり竜があがったかのように一本調子で上がり続けました。わずか30分400pipsもの超絶上昇相場を創り上げたのです。このように日銀の介入相場というのは究極の一方向相場であり、勝負すべき究極のボーナスチャンスです。買いをやるだけで初心者でも儲けられる最高のチャンスです。しかし日本のFX業者は悪質なレバレッジ規制によって証拠金の25倍しかポジションを取ることができません。一方海外業者は100倍とか500倍ものハイレバレッジをかけられます。そのため海外のハイレバレッジ口座は最低1つはもっておくべきなのです。

ここで問題なのはどの業者にすべきかです。海外業者といっても星の数ほどありますが、そのうち日本で営業をしていて日本人が開設できる業者でどこに作るべきか?まず介入相場に必須なのはハイレバレッジですが、もう1つ注意しておきたいのは入金の速さです。介入相場はいつくるかわかりません。しかしだからといって海外口座へ大金を入金しておいて寝かせておくのも問題です。そこで海外口座にはいざというときのために一部資金だけ入れておいて、いざ介入が来たら即座に追加入金するという方針を取りましょう。ポイントとなるハイレバレッジと入金反映を満たす業者は以下のとおりです。やはり日本語サポートが充実している上に、888倍のハイレバレッジ、クレジットカードのリアルタイム入金ができるXMがオススメです。


海外業者でレバレッジ500倍!
>> 日本語サポート充実のXM <<

 

 

タイプ : 短期売買向け業者

短期売買向け業者の特徴はコストが安くレバレッジが高い

【短期売買向け業者のメリット】
短期売買向け業者の特徴はとにかく業者が取引のコストを削っているため取引にお金がかかりません。手数料無料は当たり前、スプレッドも0コンマpips程度ですごいところはスプレッドがゼロになっているほどコストが安く済みます。とことん薄利多売の商売なので取引をしやすくするためにキャンペーンをたくさんやって取引が多いほどキャッシュバックが多いFX会社もあります。そのためデイトレやスキャルなどの短期で何度も利ざやを得ようとする投資家に人気です。

【短期売買向け業者のデメリット】
このタイプの業者はコストを極限まで削っている薄利多売なので他のサービスをする余裕はありません。そのため情報やサポートなどは皆無であり、情報を所得することができません。そのため、これらの業者は取引するだけの口座として利用し、マネースクウェアジャパンやFXプライム byGMOなどの情報やサービスが充実しているところと併用するのが望ましいです。デイトレーダ様ご用達のマルチ4画面・6画面・8画面PC、デイトレパソコン専門店

【主な短期売買向け業者】 (★は5段階評価の数です)
★×5 : DMMFX
★×4 : ライブスター証券
★×4 : FXトレーディングシステムズ(FXTS)
★×4 : IG証券
★×3 : 外為オンライン
★×3 : マネーパートナーズ
★×3 : JFX


タイプ : 長期投資向け業者

長期投資向け業者の特徴は信頼に厚くスワップが高い

【長期投資向け業者のメリット】
長期投資向け業者の特徴は会社の信頼性とスワップ金利の高さです。長期投資には虎の子のお金を預ける業者の信頼が厚いところが選ばれます。こういったところは長期投資向けに初心者へのサポートを充実し息の長い顧客を掴もうという経営をします。そのため取るべき手数料はきっちり取って、その代わりに資産の安全を守り高いスワップを実現させていて初心者や高齢者などの幅広い世代の資産運用に人気です。短資会社系列であるセントラル短資FX上田ハーローFXは特に安全性・信頼性が高いです。なおマネースクウェアジャパンは資産保全の安全性がとても高いため長期投資向けの特徴ももっています。

【長期投資向け業者のデメリット】
このタイプの業者は第一に資産の保全と高いスワップを実現しなければなりません。そのためのコストが結構かかるために顧客から取る手数料は多く設定されています。また長期に投資するためのシステムなので頻繁な取引には適してなくサーバーは弱くレバレッジも低く設定されています。つまり短期売買向け業者の逆なんです。正直ここで短期売買をするのはコストがかかりすぎてダメです。

【主な長期投資向け業者】 (★は評価です)
★×5 : セントラル短資FX
★×4 : マネースクウェア・ジャパン(M2J)
★×3 : 上田ハーローFX

タイプ : 情報取得向け業者

情報取得向け業者の特徴はとにかく価値ある情報!

【情報取得向け業者のメリット】
情報取得向け業者はとにかく価値ある情報が数多く手に入るということです。やはり勝つためには勝つための情報が必須です。このような業者は老舗業者や母体が大きな業者が多く、その資金力や会社の立場を利用して様々なセミナーやレポート、対談などを提供しています。また初心者へのサポートがとても手厚いことで有名であり、初心者がFXを始めるのに最適となっています。

【情報取得向け業者のデメリット】
このタイプの業者はサポートを充実させているので、あまり取引のほうには力を入れていない傾向があります。取引のコストは高めであり、レバレッジなどは低く設定されています。取引条件だけを見ればあまり優れているとはいえないのです。そのためFXを手取り足取り教えてもらう段階の人はともかく、FXに慣れてきたら情報だけを利用し、実際の取引は他の業者で行ったほうがいいでしょう。ただし中には短期売買のFX会社の条件とさほど変わらないようなところも多く、情報取得のために使っていたFX会社でそのまま取引をするようになってもOKです。マネースクウェアジャパンはまさにそのタイプです。

【主な情報取得向け業者】 (★は評価です)
★×5 : マネースクウェア・ジャパン(M2J)
★×5 : FXプライム byGMO

マネースクウェアジャパン+DMMFX+セントラル短資FXが一番ベスト

さて、ここまで第2口座を紹介してきました。いろいろ目移りして迷っている方もおられるでしょう。本当は口座1つで足りればいいのですが、FX業者は一長一短であり、ケースによって使い分けることが必要なのです。上記の条件をすべて踏まえると、FX業者の組み合わせは情報取得用の口座、デイトレ用の口座、スワップ用の口座を組み合わせることが一番ベストであるといえるでしょう。

【短期売買(デイトレ用)向け業者】
短期売買業者には、他のサービスは一切期待せず取引だけの口座と割り切って使います。実際の取引を頻繁にするので、万が一のサーバーリスクに備えてこのタイプの業者は3つほど持っておくのが望ましいです。具体的にはスプレッドが狭いDMMFX(これはもう作ってありますね?)、ライブスター証券、などをメインとして、予備口座に安定度が高い外為オンラインなどを用意します。

【長期投資(スワップ)向け業者】
スワップ金利をためるための長期投資向け業者には、スワップ金利の高さと会社の安定が何よりも優先されます。そのためFX業界一の信頼を持つ短資会社グループであるセントラル短資FXを選びましょう。最近はスワップ金利が一番高いFXCMジャパン証券(フォーランドフォレックス)も人気ですね。この長期投資向け業者も万が一を考慮して、最低2つに分けておくことが大切です。マネースクウェアジャパンでも十分OKです。

【情報やレポートを取得する業者】
最後に情報取得業者ですが、これもできれば2つもっていましょう。なぜならどんな業者でも間違った配信やメール障害が起こりうるからです。2社以上もっていれば、両社を比較して情報の正確性が確かめられますが、1社だけだと万が一の時に情報を手に入れられない可能性があるのです。そのため情報取得業者も2つ以上もつのがいいでしょう。マネースクウェアジャパンはもう持たれていると思いますので、具体的なオススメ業者はひまわり証券、FXプライム byGMOですね。

↓勝ち組博士の利用口座はこれです↓

オススメの組み合わせ
  短期売買向け業者 長期投資向け業者 情報取得業者
メイン口座 DMMFX セントラル短資FX マネースクウェアジャパン
サブ口座 FXトレーディングシステムズ   FXプライム byGMO
予備口座 外為オンライン    
予備口座 ライブスター証券    

 

【ポイント目的に口座作っちゃうのもアリ!】
最近各会社のキャンペーン競争が激化して非常に豪華になっています。各社、自分のところで取引してもらおうと、取引するだけでポイントや商品券をたくさんプレゼントするキャンペーンを実施しているのです。そういったところでは口座を作ってキャンペーンを利用したまま放置、という使い方もありなのでキャンペーンを利用したほうが得です。主にキャンペーンが豪華なのが楽天証券です。楽天グループである楽天証券は、楽天市場で現金と同じように使うことができる楽天スーパーポイントで豪華な還元を行ってくれています。その額は総額2万~3万になり、キャンペーンを利用するだけで株式やFX取引を行う軍資金ができるくらいの豪華さなのです。マネックス証券やSBI証券も負けじとキャンペーンをごうかにしてきています。ここに競争原理が働いて、キャンペーン内容はどんどん豪華になってきています。顧客にとっては嬉しい限りです。この豪華なキャンペーンを利用しない手はありません。



>> 楽天証券のキャンペーンエントリーはコチラから <<


>> マネックス証券のキャンペーンエントリーはコチラから <<

FX(外国為替証拠金取引)サイトマップ

<入門編>祝入門♪FXのことをよく知ろう
FXとはなんぞや? 外国為替証拠金取引とはなんぞや?
FXで世界へ投資できるの? 日本の政治家に頼るのは無意味
FXって1万円からできるって言うけど? 高金利をもらえるってどういうこと?
FXって危険な取引じゃないの? FXってどうして円高でも儲かるの?
FXってライブドア株のように取引停止にならない?  
FX初心者のFX始め方手順
1 .初心者はまずDMMFXに口座を開くべし 口座開設キャンペーンで投資資金を作ろう 
2. 勝ち組になるため複数の口座を使い分けるべし FXの本もキャンペーンでもらうことができる
3. 方法が確立するまで誰かのマネをするべし FX会社が現在やっているキャンペーンの詳細
4. 初心者がやっちゃいけないことを熟知せよ  
5. 投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
<初心者編>基礎を制するものがFXを制する!
円安と円高を理解していますか? レバレッジとは何か
毎日給料日になるスワップ金利とは ハイリターン・ローリスクにしてくれるロスカットとは
FXは24時間できてサラリーマンも問題なし FXはとても公平な取引である
FXのスプレッドとは何か 売買利益・スワップ金利でFXは2度おいしい
安全な管理方法:信託保全とは 危険な管理方法:分別管理とは
税制優遇:東証のくりっく365とは 税制優遇:大証の大証FXとは
FXの注文方法
成行(成り行き) 指値(リミット)
逆指値(ストップ) IFD注文
OCO注文 IFO注文
トレール注文 自動売買(システムトレード)
リピート・イフダン注文 トラップ・リピート・イフダン注文
絶対にすべらないギャランティーストップ注文  
<中級者編>FXで稼ぐために必要な知識
リスクを熟知する者がFXの勝ち組
リスクの意味を正しく理解する 為替変動リスク
ロスカットリスク 金利変動リスク
レバレッジリスク 流動性リスク
システムリスク カントリーリスク
FX会社の信用リスク FXにはリスク分散が欠かせない
FXのファンダメンタル分析関連
ファンダメンタル分析とは どんな経済指標に注意すべきか
経済指標:非農業部門雇用者数(雇用統計) 経済指標:政策金利発表
経済指標:失業率(雇用統計) 経済指標:GDP
経済指標:貿易収支 経済指標:消費者物価指数(CPI)
経済指標:小売売上高 経済指標:ISM製造業景況指数
経済指標:住宅着工件数 経済指標:新規失業保険申請件数
注目発言:要人の発言 中央銀行:日銀の介入
FXのテクニカル分析関連
テクニカル分析とは テクニカル指標:基本のローソク足
テクニカル指標:トレンドライン テクニカル指標:サポートとレジスタンス
テクニカル指標:レンジ相場とチャンネル テクニカル指標:移動平均線(MA)
テクニカル指標:RSI テクニカル指標:ストキャスティクス
テクニカル指標:フィボナッチ テクニカル指標:ボリンジャーバンド
テクニカル指標:パラボリック テクニカル指標:MACD
テクニカル指標:一目均衡表(雲) テクニカル指標:ピボット
重要パターン:ダブルトップ/ダブルボトム 重要パターン:三尊(ヘッドアンドショルダー)
重要パターン:三角持ち合い(トライアングル) 重要パターン:ギャップ(窓)
<上級者編>知る人ぞ知る勝つための情報
基本であるトレンドラインでの反発を狙う サポート・レジスタンスのブレイクを狙おう
ブレイクされたサポートラインは逆のレジスタンスになる 窓を開けた時の窓埋めを狙った取引
相関係数でリスクヘッジをしてリスクを減らす FXオプション取引でハイリターン・ローリスクにする
為替変動が少ないUSDHKDを長期投資 ドルペッグ切り上げ前に中東通貨を買うべき?
欧州の固定相場EURDKKを長期投資 逆指値のOCO注文で重要指標の急変を狙う
スイス中銀の介入で膠着するEURCHF取引 バルスの呪い?奇妙な 「ジブリの法則」
スイス中銀の手のひら返しによるEURCHFの決壊  
FX業者が搭載するシステムについて
FX業者が使っているシステムには同じものがある
海外 : SAXO 海外 : GFT
海外 : IFX(ActForex) 海外 : CMS
海外 : FXCM 海外 : MetaTrader
海外 : GAIN 海外 : IGグループ(PureDeal)
国内 : スリーエイ・システム 国内 : FXプラットフォーム
国内 : フラクタルシステム 国内 : SimplexTechnology
国内 : 外為どっとコム 国内 : セントラル短資FX
国内 : FXプライム byGMO 国内 : I&AS(外為オンライン)
国内 : GMOクリック証券 国内 : EMCOM(旧FONOX)
FX会社分析 (淘汰の時代を生き残った勝ち組はどこか?)

FX会社一覧(淘汰によりガンガン減少中)
(この表とそっくりな図を掲載しているサイトがあります。パクリは嫌ですね)
★ = 評価点:5段階評価
自動売買FX業者 (システムトレードができるところ)
★×5 マネースクウェアジャパン(トラリピ) マネースクウェアジャパンのトラリピ紹介ページ
★×5 インヴァスト証券(シストレ) トラリピはあのトランプショックでも成功していた
★×5 セントラル短資FX(ミラートレーダー)  
★×3 アイネット証券(ループイフダン)  
★×1 ひまわり証券(エコトレFX)  
長期投資FX業者 (安全性が高く、スワップ金利が高い)
★×5 セントラル短資FX 短資会社の信頼、人民元やトルコ取引
★×5 ライブスター証券 業界最高水準のスワップ
★×2 上田ハーローFX  
老舗FX業者 (歴史あるが新サービスに乏しい)
★×4 FXプライム byGMO  
★×3 外為どっとコム  
短期売買向けFX業者 (低コストで使いやすい)
人気のデイトレード向き業者
★×5 ヒロセ通商
2013年、2014年、2015年の
オリコン顧客満足度FX部門第1位
★×5 外為オンライン 大島優子PR、2008年取引高No.1
★×5 GMOクリック証券 2015年年間取引高世界No.1
★×4 DMMFX 国内人気No.1業者!50万口座突破
★×4 マネーパートナーズ 8年連続約定力No.1業者
低スプレッドで取引に有利
★×5 SBIFXトレード 1通貨から取引できるSBI資本
★×4 FXブロードネット 低スプレッド、自動売買ツールあり
★×4 YJFX! CNEXの大量トレード、
バイナリーオプションもできる業者
★×5 FXTF:バイトレ ★×5 IG証券
★×4 GMOクリック証券:外為オプション ★×4 YJFX!:オプトレ
キャンペーンで食料もらえます
★×5 ヒロセ通商 2014年のオリコン顧客満足度FX部門第1位はヒロセ通商
★×3 JFX  
スイス銀行グループ
★×4 デューカスコピージャパン  
デンマークSAXOBANKシステム導入
★×3 サクソバンク証券(SAXOBANK)  
大人気チャートソフトMT4を使える
★×5 FXTF:FXトレード・フィナンシャル  
★×5 フォレックスドットコム(Forex.com)  
他の業者とは違う独自サービスを行う業者
>> バイナリーオプション専門カテゴリへ
★×5 IG証券 IG証券だけの商品:バイナリーオプション
※ バイナリーオプションの戦略について IG証券だけの商品:6,500以上のCFD銘柄
証券会社のFXサービスで使える所
★×3 楽天証券(楽天FX)  
海外FX業者 (ハイレバレッジ、豪華ボーナス)
★×5 XM レバレッジ888倍、ボーナス XMがあのウサイン・ボルト選手のスポンサーに
・・・海外FXでオススメできるのはXMだけ・・・ XMは2016年のWF100にFX会社で唯一選出
世界各国の通貨をよく知るべし
通貨記号一覧 (世界は広い・・・)
USD:アメリカドル(米ドル) USD(アメリカドル)は世界の基軸通貨 EUR:ユーロ EUR(ユーロ)はEU:欧州連合単一通貨
GBP:イギリスポンド GBP(イギリスポンド)は上級者専用通貨 AUD:豪ドル、オーストラリアドル AUD(豪ドル)は優秀な高金利通貨
NZD:ニュージーランドドル、キウイドル NZD(キウイドル)は流動性悪い高金利通貨 CAD:カナダドル、加ドル CAD(カナダドル)は安定優等生通貨
CHF:スイスフラン CHF(スイスフラン)は世界一の信用通貨 JPY:日本円 JPY(日本円)は魅力なきわが国の通貨
ZAR:高金利通貨の南アフリカランド ZAR(南アフリカランド)は高金利通貨 TRY:高金利通貨の新トルコリラ TRY(トルコリラ)は超高金利通貨
ISK だけじゃない!NOK、SEK、DKK などの北欧通貨
NOK:ノルウェークローネ NOK(ノルウェークローネ) SEK:スウェーデンクローナ SEK(スウェーデンクローナ)
DKK:デンマーククローネ DKK(デンマーククローネ) ISK:アイスランドクローナ ISK(アイスランドクローナ)15%の高金利
CZK、PLN、HUF、RUB、バルカン半島、バルト三国 などの東欧通貨
CZK:チェココルナ CZK(チェココルナ) PLN:高金利通貨のポーランドズロチ PLN(ポーランドズロチ)
HUF:高金利のハンガリーフォリント HUF(ハンガリーフォリント) RUB:ロシアルーブル RUB(ロシアルーブル)
エストニア ラトビア リトアニア バルト三国(EEK、LVL、LTL) ルーマニア ブルガリア ルーマニアとブルガリア(RON、BGN)
KRW、HKD、CNY、SGD、THB などのアジア諸国の通貨
韓国:ウォン KRW(韓国ウォン) 香港:香港ドル HKD(香港ドル)
CNY:中華人民共和国の人民元 CNY(人民元) SGD:シンガポールドル SGD(シンガポールドル)
THB:タイ王国のバーツ THB(タイバーツ)  
FXのQ&A
FX業者選びに関する質問
初心者なのでどこを選べばいいかわかりません 未成年はFXをやることできますか?
貧乏なので一番少ない金額でできるところは? サーバーが強いFX業者ってどこ?
悪い評判がない人気のいい業者ってどこなの? トラブルが多い危ない業者ってどこ?
安心してお金を預けられる信頼できる業者は? 結局どんな業者をもっていれば万全なの?
一番コストのかからない業者ってどこ?  
FXの取引に関する質問
外貨預金とFXってどっちがお得? プロと個人投資家どっちが強い?
GBPのほうがNZDよりスワップ高くない? NZとトルコに分けたからリスク分散は万全?
外貨預金や外貨MMFとFXってどれがお得なの? キャンペーンって儲かるの?
いくつもFX口座を持つと大変じゃない? FXに使えるお金が無い人はモニターで稼いでみよう
FX業者の審査に落ちてしまうともうダメ? ドル円の歴史とその相場の推移
ぼったくりFX業者 (言語道断のサギ会社)
(論外) 大手証券がやっているFXがダメな理由 (論外) 横領・夜逃げ・犯罪をした悪質FX業者
(論外) 行政処分されたことがある危険なFX業者 (論外) 競争から脱落した負け組のFX業者
(論外) トレイダーズ証券の悪行サービス くりっく365の異常レートに対する傲慢な対応
(論外) 内藤証券の悪行サービス
撤退したFX会社
(撤退) FXZERO (FXゼロ) (論外) トレイダーズFX (TRADERS FX)
(撤退) EMCOMTRADE (吸収) フォレックストレード
(撤退) NTTスマートトレード (撤退) アトランティックトレード
(吸収) 外為ジャパン(旧MJ) (撤退) MF Global FXA 証券
(撤退) DMM.com証券 (撤退) kakakuFX
(撤退) FXCMジャパン証券(旧ODLJapan) (撤退) 121証券 (危険)
(撤退) トレイダース証券(NFXプロ)
(吸収) Alparijapan(デューカスに買収)
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!