Funds(ファンズ)の口座開設のやり方を図解

この記事の内容

  • Funds(ファンズ)の口座開設
  • 各手順を画像付きで視覚化

Funds(ファンズ)口座開設に必要なもの

口座開設する前に用意しておいたほうがいいものを説明します。

基本的にFunds(ファンズ)はインターネットでの書類提出が前提になりますので、身分証明やマイナンバーの書類は前もってスキャンして画像データにしておくことが望ましいです。

それが面倒な方は申込み自体をスマホで行い、必要書類はスマホのカメラで「パシャ」と撮影して画像データにしましょう。

まず用意するもの

  • 受信可能なメールアドレス
  • 身分証明できる書類(データ)
  • マイナンバー証明できる書類(データ)

Funds(ファンズ)の公式サイトより口座開設申込み

メルアドとパスワード設定

新規会員登録のためにメールアドレスとパスワードを設定します。

確認メールが送付されます

確認メールに記載されているリンクをクリック

会員登録完了

これにて会員登録は完了です。

とはいってもまだ投資はできません。これから口座開設をして初めて投資が可能になります。

個人・法人を選択

個人口座か法人口座を選択します。

殆どの方は個人名義の口座開設ですね。

顧客情報の入力

投資家の個人情報を入力します。

「氏名」「住所」「電話番号」「生年月日」「投資経験」「資産額」「投資目的」などを入力します。特に間違えやすい項目や回答に困るものはないでしょう。

規約・項目への同意

身分証明書の提出

各種身分証明になる書類の提出を行います。基本はパソコンにデータをスキャンして取り込みアップロードするか、スマホで撮影してのアップロードをします。身分証明になる書類は次のものです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 健康保険証
  • 印鑑登録証明書(発行6ヶ月以内)

マイナンバー書類の提出

上記と同様にマイナンバーの提出です。

マイナンバー12桁を入力し、マイナンバーカード、もしくはマイナンバー通知カードをスキャンして提出。もしくはスマホにて撮影して画像データを提出します。

これにて口座開設完了

マイページで経過を確認

マイページにて現在認証作業がどこまで進んでいるか確認できます。

もし手詰まりが会った場合、どこの段階で問題が発生したかが視覚化されており、わかりやすいですね。

 

 

ソシャレン業者選び
✓信頼できる業者はどこか
上場企業や大手業者グループ
きちんと信頼できる仕事をしている
SL業者を選び直しましょう

ソシャレンの匿名性の問題を解決した
透明性の高い不動産型CF

初心者でもできる資産運用
✓なぜ初心者でも大丈夫なのか

AI(人工知能)による自動運用
個人のスキルや知識は影響しにくい

投資先の分散と長期的運用を行う
大損のリスクはほとんどない

行動する人は、行動しない人より、
圧倒的によい成績を残せる!

関連記事