金への敷居は高くない!ただ皆知らないだけ

金投資に鈍い日本

日本では 「金」 と聞くと宝飾品やアクセサリーを連想し、あまり投資の対象としては意識されません。そのため現在、金投資はあまり流行っておりませんが、欧米では金は完全なコモディティの投資対象として認識されています。そしてその欧米のシステムや考え方は日本の金投資会社に入っているので金投資のチャンスはとても広がっています。

しかし日本では 「金へ投資」 と言われても今ひとつピンときません。それは日本の歴史でも金を一部の支配者が独占して一般市民には手の届かない高貴なものと認識され、自ら関わりを避けてしまっているのです。セレブな人が金ピカの装飾品を身につけているのを見て 「いいなぁ」 と思うのですが、「どうせ私には関係ない」 と自虐的な考えをしてしまい金を手に入れる方法を調べようとしません。そうして皆がみんな金について知ろうとしないので、必然的に知っているものだけが金で得をします。一般の人は金について知らないのでとても損をしているのですが気がついていません。

金投資のチャンスは今だけ!

現在は、金投資の環境が非常に整っているために知ろうとすれば金の情報も、手に入れる方法も分かり金を手に入れることができます。特に最近は金投資の環境が非常によくなっています

純金投資などは月にたった1,000円から金への投資をすることができますし、株式市場には金ETFが上場し証券口座をもっていれば株と同じように手軽に取引することができます。また、金をネットで取引することもできるようになりました。金への投資はとても敷居が低くなってきたのです。

しかし金は新興国やエレクトロニクス工業の需要増加や産出の枯渇のために今後価格は右肩上がりが予想されます。価格が上がってからでは遅いのです。どんなに環境が整っても価格が上がりすぎて 「高値の花」 になってしまっては手遅れです。将来、階級社会になって 「ああ、金が欲しいなぁ」 と嘆かないようにするためにも今、金を手に入れるべきです!