SBIFXTRADEはドル円で0.10銭、ユーロ円0.59銭、ポンド円0.99銭

SBIFXTRADEの特徴

安心のSBIが提供する業界最小スプレッド

SBIFXTRADEはあのオンラインネット証券口座数No.1のSBI証券を始めとしたSBIグループのFX専業会社です。そのSBIFXTRADEは、カバー先であるSBIリクイディティ・マーケット株式会社が有する国内外の銀行等25社のカウンターパーティーがもつ高い流動性を最大限に活用し、インターバンクと同じような取引環境を提供してくれています。例えば業界最狭水準のスプレッドです。ドル円で0.27銭、ユーロ円0.69銭、ポンド円1.19銭という業界でもDMMFXを超える最小スプレッドです。

業界で唯一、小数点4桁表示

SBIFXTRADEではFX業界初となる小数点以下4桁表示(対円通貨)をしています。昔のFXというものは今の3桁基準が根付く前までは2ケタ、ひどいところでは1桁表示でした。その下の小数点はどうしてたかといえば、業者の方がのんでいたのです。昔は公平な取引なんてできない時代もありました。しかし今や2桁から3桁表示へと改良が加わったレート表示も4桁の時代に突入。よりタイムリーな細かいレート表示により、わずかな値動きでの収益チャンスが生まれます。

珍しい1通貨単位の取引が可能

SBIFXTRADEではFXでは珍しい1ドル(1ユーロ、1ポンド等、1通貨単位)からの取引が可能になっています。今では1万通貨の下の1,000通貨で取引できるヒロセ通商やFXTSなどがありますが、1通貨単位のところは日本でははじめてです。以前は世界的FX業者SAXOBANKが提供していましたが、やめてしまったため、1通貨単位取引ができるのはここだけです。もちろんお馴染みの1,000通貨、10,000通貨単位で取引も可能なので、初心者がリスクを抑えて取引することができます。FXをはじめてやる方は100通貨ぐらいでやってみるのがいいでしょう。

新規参入であってもきちんと信託保全完備

最近新参入してきたFX業者には、義務である信託保全が未整備のところがありました。いくら新規参入とはいえやるべきことはしっかりとやらなければいけません。その点信頼のあるSBIグループですからきちん信託保全を完備しています。その保全先は安心と信頼のある三大メガバンクの1つである三井住友銀行です。

SBIFXTRADEの口座開設はコチラから

関連記事