カナダのメイプルリーフ金貨

金貨について

金貨は2種類ある


金貨には収集用金貨(記念金貨)と地金型金貨の2種類があります。収集用金貨(記念金貨)はその名のとおり収集家向けになり派手な装飾や、限定などのプレミアをつけた 「お金もちの道楽」 というものです。そのため価格は、使われている金よりも相当高い値段(数倍、数十倍)がふっかけられていますがお金持ちは気にしません。

金貨にも加工手数料


対して投資用の金貨は、地金型金貨となります。この地金型金貨は値段をふっかけられることはありませんが、プレミアムという加工手数料がかかります。これは金地金のバーチャージと同じようなものですが、バーチャージと異なるのは小さくなればなるほどプレミアムが高くなってしまうことです。4種類ある金貨でプレミアムは、1.0トロイオンスでは5%、1/2トロイオンスでは7%、1/4トロイオンスでは9%、1/10トロイオンスでは11%になります。

未来の子供に金貨を


生まれたばかりの赤ちゃんの手に金貨をにぎらせると、その子は生涯お金に困ることがないという言い伝えがあります。これからの日本はインフレや有事などの怒涛の時代を迎えることになります。その時代を生き抜くための支えとして金貨を授けてはいかがでしょうか?「私のようにお金に困る生活を送ってほしくない・・・」 我が子の行く末を案ずる親の気持ちとして金貨を与える。そこには親の愛情と厳しい時代を生き抜くためにお金について知ってほしいという願いが込められているのです。

カナダの金貨:メイプルリーフ金貨

カナダのメイプルリーフ金貨  メイプルリーフ金貨

【発行】 カナダ王室造幣局
【名称】 メイプルリーフ金
【品位】 24K(99.99%の純金製)

メイプルリーフ金貨は、なんとカナダ王室造幣局が発行の地金型金貨です。その金貨の保証をカナダ政府がしているため、面倒な検定、成分分析をされず信頼性、換金性などに一番優れています。特徴としては表面にエリザベス二世の肖像、裏面にはカナダの国旗にもあるカエデの葉が浮き彫りされています。この金貨は数ある金貨の中でも一番の人気を誇り、流通量も世界一になります。