楽天証券のFXは万能であり証券会社で唯一使えるサービス

楽天証券(楽天FX)とはどのような業者か?

おまけのマーケットFX→マネパ→現在

本来であれば、オンライン証券最大手の楽天証券がやっているFXサービスとて証券会社がついで程度にやっているFXサービスに過ぎぬ存在でした。事実、以前楽天証券が行っていた 「マーケットFX」 というFXサービスは手数料が非常に高く、スプレッドも広い上にサーバーも弱いという最低レベルのものでした。しかしそんな評判の悪い状況を理解したのか、楽天証券は同じ楽天グループであったマネーパートナーズのシステムを流用してサービスを一新しました。しかしそれはマネーパートナーズの劣化版に過ぎなかったため、さらなる更新を行い現在の 「楽天FX」 というサービスに至ります。

通貨ペア数拡大、ドル円0.3銭、ユーロドル0.9銭

楽天証券は以前は通貨ペアが10種類と数がとても少なかったのですが、今では23種類の取り扱いとなり、高金利通貨である南アフリカランドやトルコリラを取り扱えるようになったことで、通貨選択の自由度も広がってきました。またスプレッドもドル円は以前の0.5銭から0.3銭へ、ユーロドルも0.4銭、ポンド円1.9銭と他のFX専業会社と比較しても遜色のないものとなり、十分短期売買でも利用できる低コストになっています。

高性能MARKETSPEEDのFXツール

楽天証券といえば株式取引で有名なMARKETSPEEDツールが知られています。このMARKETSPEEDと同じ名前のシステムであるMARKETSPEEDFXがFX専用ツールとしてリリースされています。MACDやボリンジャーバンドなど40種類のテクニカルチャートはもちろん、9種類の描画機能、16種類の時間軸、注文や建玉、ニュースもチャート上に表示ができます。そしてテンプレートを始めとしたカスタマイズ性に優れたツールなので、自分の利用しやすい環境にカスタマイズすることができます。MARKETSPEEDと同様にティッカーが搭載され、キーボードショートカットを登録できたり、D&Dで直感的な操作もできるなど、利便性にも大変すぐれたツールに仕上がっているのです。注意点としては株式取引のMARKETSPEEDとは別のツールになっているため、新たにダウンロード・インストールが必要であるということです。


高金利通貨トルコリラの取り扱い

楽天証券はそれまでFX専業会社が取り扱っていた高金利通貨であるトルコリラをFXの通貨ペアに追加しました。トルコリラは高金利として知られるオーストラリアやニュージーランドよりもさらに高金利の国として知られており、楽天証券ではスプレッドがやや狭くなり優遇スワップ金利を提供しているため、長期でスワップ金利を狙う投資に使えるものになっています。

トルコという国

トルコという国は今後成長性が見込める新興国として、また親日国としても知られています。また若年人口の比率が高いことや、アジア・ヨーロッパの中継地に位置するため地政学上の関係においても今後も高い経済成長が見込まれています。IMFによると、2013年のトルコ共和国のGDPは8,200億ドル(約88兆円)であり、世界第18位です。一人当たりのGDPは10,721ドルで世界平均を若干上回ります。 2014年~2016年のGDP平均成長率は3.6%と、OECD加盟国のなかで最も急速な経済成長が期待されています。 産業は近代化が進められた工業・商業と、伝統的な農業からなり、農業人口が国民のおよそ40%を占めています。財閥の力が大きく、近年では世界の大手自動車メーカーと国内の大手財閥との合弁事業を柱として重工業の開発が進められています。

楽天証券には外貨MMFがある! 豪ドルMMF NZドルMMF

楽天FXは海外投資に精通している楽天証券のFXサービスなので、高金利の豪ドル(AUD)やNZドル(NZD)へ投資してスワップ金利を貯めたい人も多いでしょう。しかしFXの収入というのは ”雑所得” に当たるために最高50%の税金を取られてしまう非常に不利な点があります。しかし同じ海外投資の方法で、税金がまったくかからない方法があるのです。それが証券会社で取り扱われている外貨MMFです。この外貨MMFは分配金には20%の税金がかかりますが、為替変動による利益はまったくの無課税なのです。もしもスワップ目的で取引をするなら外貨MMFのほうが税金面ではるかにお得なのです。楽天証券はFXも外貨MMFも両方使えるので、ケースバイケースで多方面に利用できる万能業者ですね。

魅力的なキャンペーンの数々!

楽天FXは巨大グループの楽天グループのサービスです。そのため本丸の潤沢な資金を使って新規顧客へのさまざまな魅力的キャンペーンを行っています。ほとんどの時期において楽天FXをはじめる初心者に対して、5000円分をキャッシュバックする気前のよさです。またすでに楽天証券に総合口座を持っている人もキャッシュバックをしてくれるので、楽天証券の利用者にも気前がいいのです。マネーパートナーズが初心者向けの業者であることからも、楽天FXは初心者がFXをはじめるのにとても適していて、かつ儲かる業者です。

楽天FX楽天証券(楽天FX)の口座開設はコチラ  

楽天証券(楽天FX)のサーバー・システム

参考:マネーパートナーズのシステム整備

セキュリティ : ネットワーク及びハードウエアを24時間365日監視
ネットワーク : ネットワーク回線の冗長化・回線の増強や並列分散処理が可能な構成
サーバー : データベースサーバにはHP社製Superdomeで世界最高峰の構成
データセンター : 耐震耐火構造で消火設備や電源の多重化
データバックアップ :  顧客のデータを毎日バックアップし定期的に遠隔地に保管

高性能MARKETSPEEDのFXツール

楽天証券といえば株式取引で有名なMARKETSPEEDツールが知られています。このMARKETSPEEDと同じ名前のシステムであるMARKETSPEEDFXがFX専用ツールとしてリリースされています。MACDやボリンジャーバンドなど40種類のテクニカルチャートはもちろん、9種類の描画機能、16種類の時間軸、注文や建玉、ニュースもチャート上に表示ができます。そしてテンプレートを始めとしたカスタマイズ性に優れたツールなので、自分の利用しやすい環境にカスタマイズすることができます。MARKETSPEEDと同様にティッカーが搭載され、キーボードショートカットを登録できたり、D&Dで直感的な操作もできるなど、利便性にも大変すぐれたツールに仕上がっているのです。注意点としては株式取引のMARKETSPEEDとは別のツールになっているため、新たにダウンロード・インストールが必要であるということです。


楽天証券(楽天FX)の口座開設はコチラ

楽天証券(楽天FX)の欠点

【通貨ペアが少ない】
楽天証券は以前は通貨ペアが10種類と数がとても少なかったのですが、今では23種類の取り扱いとなり取り扱い数に関しては欠点が克服されました。また高金利通貨である南アフリカランドやトルコリラを取り扱えるようになったことで、通貨選択の自由度も広がってきました。

指標時にスプレッドが広がる?

楽天証券FXのスプレッドはかなり一新されたため、ドル円のスプレッドが0.3銭、ユーロドルも0.4銭という大手FX専業会社と比較しても遜色のない低コストまで引き下げられました。しかしアメリカの重要指標である雇用統計や金融政策決定会合FOMCやECB、日銀の発表時においてはスプレッドが大きく広がりやすい傾向があります。これは楽天証券に限らずほとんどのFX会社で共通ですが、ここ楽天証券FXはライバルのSBIFXと比較して広がりやすいという口コミがいくつか見受けられます。

楽天証券(楽天FX)の口座開設はコチラ

楽天証券(楽天FX)の安全性

FX業者の安全性を図るポイント

FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るものです。主なポイントは以下の点です。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 関東財務局長(金商)第195号に登録済
2. 行政処分の前科 ・・・ 株取引のシステム関連で行政処分を受けた。
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 400%超えと相当なレベルの安全圏
4. 信託保全の状況 ・・・ 三井住友銀行で全額信託保全
5. 業者の株主・出資者 ・・・ もちろん楽天グループ
6. 人気・評判 ・・・ 会社の信頼性とシステムの強さにかなりの好評

このように上記6つのポイントを見てみると、楽天証券には不安なところがありません。金融先物取引業者に登録、自己資本規制比率も高く、大手メガバンクである三井住友銀行で信託保全、楽天グループの信頼感、顧客からの絶大な人気と、全く弱点がありません。楽天証券の信頼性は楽天グループそのものによるものですので、ここ楽天グループが大きな経営再建でも行わないかぎり、撤退などは考えにくいでしょう。よって楽天証券の安全性は5段階評価の満点と判断できるでしょう。初心者が始めてFXをやる業者にしても問題ありません。

楽天証券(楽天FX)の口座開設はコチラ

楽天証券(楽天FX)の評判・口コミ

Yahoo!知恵袋:楽天なら初回最低入金額の設定が無かったと思います
Yahoo!知恵袋:現在楽天FXについて勉強中です
Yahoo!知恵袋:楽天ポイント目当てで楽天FXの口座も開設しています
Yahoo!知恵袋:楽天FXにコールセンターがあるでしょう
Yahoo!知恵袋:スキャルピングを行わないのであれば、楽天でも良いのではないでしょうか
Yahoo!知恵袋:システムも同じですが楽天のほうがFXはすべてにおいて貧弱です
Yahoo!知恵袋:楽天はある会社を買収してシステムをそのまま利用しているので、本家の方が上という人が多い
Yahoo!知恵袋:楽天証券でFXをしていますが、主に携帯で取引を行っています
Yahoo!知恵袋:楽天FXのチャートは機能が非常にショボいなどデメリットが多いです
Yahoo!知恵袋:楽天ポイント+各FX会社のキャンペーンなどの合計でかなりの額10数万円得をしましたよ
Yahoo!知恵袋:楽天グループは銀行、証券、FXなど、常に入会したら楽天ポイント進呈というキャンペーンをやっています
Yahoo!知恵袋:とりあえずポイント目的で楽天・・・やってます
Yahoo!知恵袋:楽天の証券口座作ってFXで一回取引したら5,000ポイントもらえました
Yahoo!知恵袋:FX会社についてですが、一番スプレッドが開きにくい会社はどこですか?因みに、楽天証券はかなり開きます。
Yahoo!知恵袋:楽天証券のFXをやっているのですが、米ドルのスプレッドがいつの間にか0.5から2.9にあがっていました。
Yahoo!知恵袋:楽天FXの口座開設だけで、マーケットスピードの有料の機能(外国為替の機能のみに限定されない)と同じ機能をすべて使えます。
Yahoo!知恵袋:楽天証券の方が システムが弱いって 聞いた事がありますが
Yahoo!知恵袋:楽天FXの信託受託者となるのは、三井住友銀行です。そもそも、楽天証券はネット証券最大手のひとつですし、親会社も様々な子会社をもつ楽天なので、万が一楽天証券が証拠金を使い込んで倒産したとして、知らんぷりなどできるはずもありません。
Yahoo!知恵袋:証券口座でいう楽天、SBI 的な安さや取引のしやすさなど総合力に優れているところが希望です。

楽天証券(楽天FX)評判のまとめ

楽天証券のFXサービスの評判・口コミは非常に多いです。正直いって多すぎて掲載できないほどです。主に楽天グループの知名度から初心者の方が最初に口座を開いてそのままFXをはじめて、やり方や注文方法、FXの仕組みについて質問するものが多々見受けられました。他の意見としては概ね良好で、ここが悪い!ここがダメだ!という意見はあまり見られません。また、楽天グループなだけあってキャンペーンを頻繁にやっており、キャンペーンでポイントがもらえるということで口座を開設する人も結構多いです。楽天ポイントがもらえることが多く、楽天ポイント目当てで口座開設をすることもオススメのようです。

楽天証券(楽天FX)の口座開設はコチラ

楽天証券(楽天FX)に向いている人

・ 証券会社でFXをやりたい人
楽天FXはぼったくりが多い証券会社のFXサービスの中でも非常に優秀なシステムとサービスをもっています。株式トレードや外貨取引をしながらその資金をそのままFXの証拠金に移動させることができるのも、たくさんの投資商品を取り扱っている証券会社の強みです。また楽天証券は外貨取引に強いため、ドルなどの外貨のまま保有することもできます。

・ トルコリラに投資したい人
楽天証券FXは経済成長が著しいトルコ共和国のトルコリラに投資できます。トルコの政策金利は非常に高く、オーストラリアやニュージーランド、南アフリカなどの代表的な高金利国と比較しても高い水準です。 トルコリラ/円の場合、トルコ共和国の政策金利は7.5%で日本の0.1%との金利差は7.4%となります(2015年5月時点)。トルコリラ/円なら、 金利差額であるスワップポイントを狙って取引するのに向いている通貨と言えます。

・ 楽天グループを使っている人
楽天グループの楽天FXは、いろいろと楽天のサービスの恩恵を受けられることが多いです。たとえば新規顧客に対しては、ほとんどの場合キャッシュバックをしてくれるほかに、時期がよければさらに高額のキャッシュバックをしてくれます。キャンペーン目当ての利用にも十分使えます。

楽天証券(楽天FX)の口座開設はコチラ

楽天証券(楽天FX)の携帯・モバイル

楽天証券(楽天FX)のスマートフォンアプリ

楽天証券(楽天FX)にはスマートフォン対応のアプリが用意されています。対応OSはiOS、Android、iPadなどほとんどのOSです。縦表示、横表示に対応しており、通貨ペアの情報として現在値[Bid/Ask]、当取引日高値・安値[High/Low]、スプレッド、前取引日比を提供し、リアルタイムレート更新(1秒単位)に対応しています。また情報サービスとしてベンダー:トムソンロイター、フィスコ、グローバルインフォを提供し、トレンド系:4種類:移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、平均足、オシレーター系:6種類:MACD、RSI、ストキャスティクス、スローストキャスティクス、DMI、RCIのテクニカルが利用できます。足種として[ティック][1分足][5分足][10分足][15分足][30分足][1時間足][2時間足][4時間足][8時間足][日足][週足][月足]が表示できます。

楽天証券(楽天FX)の口座開設はコチラ

楽天証券のFXの評価

総合評価 評価の理由 5段階評価
短期売買
デイトレ派
手数料無料かつスプレッドは狭くなり、注文の約定能力はかなり良くなりました。そのためスキャルやデイトレなどの短期売買に非常に適しています。ただし指標発表時の安定を保てるほどではありません。 ★★★★ 
長期投資
スワップ派
スワップは低くなく、通貨ペアは23種類となりトルコリラを取り扱い始めました。トルコリラのスワップ金利は優遇スワップが適用されており、他社よりもスワップが高いことがあります。 ★★★
コスト面
スプレッド+手数料
手数料無料、かつスプレッドは狭いためコストは格安です ★★★
安全性
資産管理+信頼性
楽天証券はオンライン証券最大手であり、楽天グループの主軸でもあります。楽天証券および楽天グループの体力規模を考えると危険度は非常に低いと判断できます ★★★★
サーバー 独自開発のシステムを利用。注文の約定能力はかなり強いです。 ★★★★★
情報サービス 情報サービスはほとんどありません。楽天証券自体も、FXサービス専用の為替サービスを用意していないので、情報サービスには期待できません ★★
評判・人気 楽天グループの母体を生かした魅力的なキャンペーンなどが顧客をひきつけています。 ★★★★★
携帯・モバイル 携帯・モバイルへの対応アプリがあります。iPhoneやアンドロイド、iPadにも対応アプリを作ってくれました。アプリ自体も時間足やテクニカルが多く、アラート機能も搭載するなど使えるレベルです。 ★★★★
総合判断 全体的にバランスが取れているオールマイティ業者です。証券会社に入金した資産や外貨MMFなどを同時に利用する楽天証券利用者にオススメです。一方、自動売買や投資情報サービスなどの独自サービスを取り扱ってはおらず、なにか業者としての光るものを使いたい場合は併用する必要があります。 ★★★★

 

楽天証券(楽天FX)の口座開設はコチラ
★勝ち組になれる人は ”今すぐ” 行動できる人です★
口座開設はもちろん無料ですし、キャンペーンで現金ももらえます
それなのに 『明日にしよう』 『後でやろう』 とぐずぐずしているから、負け組なのです
今やらないで、いつやるんですか?

 

楽天FX

 

楽天FXはぼったくりが多い証券会社の唯一の良心ともいえます
FX業者に口座を作りたくない人や、株取引をやっている方には
株とFXいっしょに両方できる楽天証券の楽天FXはまさにピッタリといえます
楽天証券のURL : http://www.rakuten-sec.co.jp/

 

楽天証券(楽天FX)の詳細データ

会社名 楽天証券(楽天FX)
URL http://www.rakuten-sec.co.jp/
資本金 74億9500万円
株主・出資者 楽天証券ホールディングス
上場 ×
自己資本規制比率 409.7%
口座数
預かり残高
デモ取引 ×
使用システム マネーパートナーズのシステム
システムの内容 ウェブ上のシステム(IEなどのブラウザ上で動作)
システムの重さ スペックが低いと多少重く感じる
資産管理方法 信託保全
保全先 三井住友銀行、楽天信託
ロスカット 50%
携帯対応
サービス名 (新)楽天FX
最低取引通貨単位 1,000
手数料 無料
スプレッド(USDJPY)

0.3pips

通貨ペア 23
ZAR
TRY
ISK ×
レバレッジ 個人のお客様の場合
スタンダード25倍コース(4%)
レバレッジ10倍コース(10%)
レバレッジ5倍コース(20%)
レバレッジ2倍コース(50%)
レバレッジ1倍コース(100%)
上記5コースから選択。
(口座開設時はスタンダード25倍コース、ロスカット水準50%の設定)

法人のお客様の場合
法人口座(1.0%)
初回入金 制限なし
オンライン入出金 ○ (証券口座からの振り替えあり)
両建て
スワップ金利の扱い 含み益
通知メール ○ (約定のときのみ)
情報サービス フィスコ
MarketWin24
備考

セミナー FX専用のはない
キャンペーン 新規口座開設や取引で楽天ポイントをキャッシュバック!

関連記事