SBIFXTRADEの安全性・信頼性はSBIグループのブランド力

SBIFXTRADEの安全性・信頼性

FX業者の安全性を図るポイント

FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るものです。特にSBIグループであるSBIFXTRADEはそれほど安全性を心配する必要はないですが、きちんとチェックポイントを見ておきましょう。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 関東財務局長(金商)第2635号に登録済
2. 行政処分の前科 ・・・ 全くありません。健全です。
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 500%超えと高レベルの安全圏
4. 信託保全の状況 ・・・ 三井住友銀行で全額信託保全
5. 業者の株主・出資者 ・・・ SBIグループ
6. 人気・評判 ・・・ 新規業者のためなし

上記6つのポイントを見てみるとSBIFXTRADEは新規業者のため評判や人気を計ることができないのですが、それ以外の面では不安になる点はありません。きちんと日本のFX業者として金融先物取引業者に登録してあり、行政処分もなく(新業者なので当たり前です)、自己資本規制比率も正常値、三大メガバンクの1つである三井住友銀行において全額信託保全と盲点がありません。さらにはグループ全体の顧客数が1,300万人を誇る、安心と信頼のブランドであるSBIグループであることが安心感を増してくれます。まだ始まってから時間が経ってませんので、安全性は5段階評価の4となります。このまま安定した経営が続けば文句なしの満点になるでしょう。

SBIFXTRADEの口座開設はコチラから

関連記事