淘汰競争に勝利して取引高世界1位2位になったFX会社

取引高世界1位2位となったDMMFX、GMOクリック証券

2007年には200社を超えたFX会社の多くは、2008年からの相場暴落や2010年からの数々の規制、信託保全の導入義務などで多くのFX会社は淘汰をされました。しかしその分、生き残ったFX会社に顧客が集中することとなり、そのFX会社の儲けは飛躍的に上昇しました。特に当サイトでも一番にオススメしているDMM.com証券やスキャルピング、デイトレードに向いているGMOクリック証券の売上高は桁違いに上昇しています。

例えばDMMFXのDMM.com証券は2013年6月の取引高は、前月比35.5%増の1兆690億ドルと過去最高を達成。また3カ月連続の記録的な伸びを示した。対するGMOクリック証券の6月の取引高は1兆1,040億ドルになっています。この数字は世界でも突出しており、文字通り世界FX取引高第1位と第2位の会社の取引高なのです。 DMM.com証券は、昨年、外為ジャパンを買収した後、取引および顧客基盤は拡大し続けている。


DMM.com証券月間取引高(単位:10億ドル)

関連記事