投資信託の投資対象 : 投資する対象はいっぱいある!

ほとんどのは株式か債券に投資するもの

投資信託の分類として一番重要なのが ”投資する対象” です。多くの投資信託は株式か債券に投資します。しかし現在は消費者のニーズが多様化してきたので、日本、海外の不動産や商品市場に投資するものなど、とてもバリエーションが豊かです。しかし、たくさんありすぎるため自分の投資方針を明確に決めていないと惑わされるかもしれませんね。

投資信託の多くは株式と債券に投資する。最近は不動産や商品などにも投資するようになった

ETFREITなど横文字ばかりでわかりにくいものもありますが、そのような投資信託のほとんどは日本と海外の株式、債券に投資するものです。ですのでリスク分けすると以下のようになります。私たちの国:日本の国債に投資するものが一番リスクが低く、外国の株式に投資するものが一番リスクが高いわけです。

私たちの国:日本の国債に投資するものが一番リスクが低く、外国の株式に投資するものが一番リスクが高い

投資信託の種類

投資する対象 投資信託の種類 投資する対象
株式投資信託 株式 債権投資信託 債券
バランス投資信託 いろいろ 公社債投資信託 信用がある大企業の株
MRF リスクの小さいもの MMF 公社債や国債
ETF 連動指数 外貨MMF 海外の公社債や国債
REIT 不動産 コモディティファンド 商品
ファンドオフファンズ ファンド コンテンツファンド コンテンツ関連株
オルナティブファンド いろいろ ヘッジファンド いろいろ
ワインファンド ワインや葡萄 ホテルファンド ホテル株や不動産
BST 公社債や国債 SRIファンド エコ関連株
初心者でもできる資産運用
✓なぜ初心者でも大丈夫なのか

AI(人工知能)による自動運用
個人のスキルや知識は影響しにくい

投資先の分散と長期的運用を行う
大損のリスクはほとんどない

行動する人は、行動しない人より、
圧倒的によい成績を残せる!

関連記事