新鋭業者CREALが面白いが、まだ出資が集まっていない

問題続きのソシャレンの2018年に新業者

2018年のソーシャルレンディング業界は問題だらけで終わろうとしています。今年はソーシャルレンディングにとって試練の年となっています。とにかく業者の問題が多発し、悪質業者の問題、人気だった新鋭業者の重大問題、そして大手業者にすら問題発生という傷のない業者を探すほうが難しかったくらいです。

・・・しかしそんな最悪な状況の中に新鋭の業者が入ってきました。

新しい時代の不動産投資を行う「CREAL」という業者です。

新事業者CREALがスタート

このCREALは不動産ブリッジ・シー・キャピタル社が運営する不動産投資型クラウドファンディング事業者になります。既存のソーシャルレンディング業者と違う点は ”投資する物件の詳細を知ることができる” ことにあります。

不動産特定共同事業法により物件詳細がわかる

日本には貸金業法というものがあり、この法律に抵触する投資だと出資する側に貸金業の資格(第二種金融商品取引業者 貸金業者)が必要になります。通常の投資家が資格など持っていないので、匿名組合を作り出資先の匿名化を行うことでこの貸金業に抵触することをかわしています。しかしこれでは投資家は投資先が匿名になるため投資先がわからない状態のまま投資せざるをえません。そのため物件の選別もリスクの選定も業者まかせになり、業者が悪質だったり質が悪いと悪案件を掴まされてしまいます。

これに対してCREALのような不動産投資型クラウドファンディング事業者は、不動産特定共同事業法に基づく出資により物件の詳細を知りながらの投資が可能となっています。詳しい説明は国交省のページで(参照PDF

ソーシャルレンディングが金融庁管轄の金融商品取引法、貸金業法で縛られているのに対して、不動産投資型クラウドファンディングは国土交通省の不動産特定共同事業法で管理されているのです。管轄省庁が全く別のところであり、しくみも異なるのです。この不動産特定共同事業法による投資案件は平成29年頃から出てきたものであり、ソーシャルレンディングよりもかなり新しいモデルです。

CREALが提供する物件

今回CREALは3物件のファンド募集を開始しました。

新事業社の一番最初の案件です。事業のスタートを飾る上でも、問題が多いソーシャルレンディング業界で信用を勝ち取るためにも、万一にも失敗できない案件です。かなり条件は固いものとなっています。

3つありますが、2つは募集金額が1000万円台と非常に少なく即売になっており、メインはこの「浅草吾妻橋スカイ」の案件になります。

ちなみに物件の詳細情報は未ログイン状態では見れませんが、メールアドレスを登録するだけで将来が見れますので物件に出資するうんぬんはおいておいて、まずは登録だけしておいても損はありませんよ。→(CREALのメール登録

案件情報

ホテル アマネク 浅草吾妻橋スカイ
東京都墨田区吾妻橋2丁目16-6
募集金額 88,000万円
想定運用期間 24ヶ月
募集期間 12/03 17:00~12/27 17:00
初回配当日 2019/02/28
※以降毎月配当 想定利回り4.2%
最小投資口数1口(10,000円)
運営会社:株式会社アマネク

最低投資額は1万円からなのでお手軽ですし、利回り4.2%は都心の物件としては普通です。そもそも前述のようにスタート直後は絶対に失敗できないので、かなりリスクの低い物件を事業者の選んでいます。

ホテル アマネク 浅草吾妻橋スカイは実ホテルとして稼働中

このホテルは実際に現在進行系で稼働中になります。

Bookingの評価をみるとクチコミも数もかなりあり、評価も上々です。

ホテル アマネク 浅草吾妻橋スカイの場所

今回の案件は不動産投資型クラウドファンディングなので、投資先の住所まで公開されています。これがソーシャルレンディングと不動産投資型クラウドファンディングの最大の違いですね。

場所は墨田区吾妻橋2丁目16-6

東京スカイツリーと墨田区役所の間にあるところです。本所吾妻橋駅から徒歩数分と立地も悪くなく、観光地スカイツリーとは歩いてすぐの場所です。

立地もクチコミも問題ないということで、投資案件の条件としても上々です。

紹介動画も用意。力の入れようが伝わる

第1号の案件ということで、専用の紹介動画まで用意されています。まだ再生数は2桁という個人ユーザーの動画のような状態でちょっと悲しいですね。投資する人もしない人も興味ない人も再生してあげましょう・・・。

 

出資額はかなり少なく苦戦中・・・

その「ホテル アマネク 浅草吾妻橋スカイ」の案件ですが、募集開始から既に2日経過していますが、募集金額はまだ1億にも達しておらず5000万円をやっと超えたところです。

8.8億円という大型案件なので資金集めにはかなりの時間がかかるとはいえ、かなり遅いです。業界大手のSBIソーシャルレンディングが7~8億円の不動産ファンドを募集するとものの2~3時間で埋まってしまうところを何度も見ているので・・・。

これはやはり金額が大きいことと、最近ソーシャルレンディング事業者に問題が多発していること、が大きく影響しているでしょう。ただでさえソーシャルレンディング事業者への信用が落ちている中、実績もない新業者の9億近い案件にどこまでお金を預けられるのか

例え出資する物件の詳細が知れていても、事業者への信頼ができるかどうかはまた別問題ですからね。

CREALを利用する価値:プレゼントキャンペーン

ただ信用が低いことは当のCREALもわかっているので対策を打っています。新規登録をして投資を実行すると100万円を上限として、投資申込金額の1~2%をプレゼントするキャンペーンを展開しています。新規業者あるあるですね。

CREALのキャンペーン内容

プレゼント額100万円を上限として、投資申込金額の1~2%をプレゼント

※投資申込額が10万円以上30万円未満の方は1%、投資申込額が30万円以上の方は2%

投資申込金額 プレゼント額
10万円 1,000円
30万円 6,000円
100万円 20,000円
500万円 100,000円

詳細ページ:https://creal.jp/campaign

ソーシャルレンディングがキャンペーンを行うのは珍しいケースですし、利回りが4~5%しかない物件に1~2%が上乗せされるので追加した利回りは7%くらいにまで引き上がることもあります(上限にならなければ)

株式会社アマネクホテル割引のサービスもあり

また上記のプレゼントキャンペーンの他に、この「ホテルアマネク吾妻橋スカイ」への投資をした方には別のサービスもあります。

CREAL独自の優待付与として、ホテルアマネク吾妻橋スカイに5万円以上の投資をした投資家には株式会社アマネクが運営している全ホテルにて10%割引優待サービスを実施します。

この株式会社アマネクの運営するホテルはちょっと少ないですが、クオリティや評判はなかなか良いですね。

アマネク運営の新ホテル

>ホテル アマネク 銀座イースト
>ホテル アマネク 吾妻橋スカイ
>ホテル アマネク 浅草駅前

今後の開業予定ホテル一覧
・(仮称)ホテル アマネク 蒲田
・(仮称)ホテル アマネク 京都
・(仮称)ホテル アマネク 別府
・(仮称)ホテル アマネク 箱根

 

CREAL。投資するべきか否か

CREALの物件の募集期限は12月23日とかなり先まであるので、他ソーシャルレンディング業者のように間に合わないといったことはないでしょう。

キャンペーンの提供はスタート直後の今回だけと考えられるものですし、投資する物件は利回りは低いですが条件はよく固いものです。毎月分配ということもあり敷居としてはそれほど高くありません。大きな金額を入れるのは躊躇しますが、お試し投資や他業者・案件の分散の1つとして選択肢に入れてもいいでしょう。

私は現在CREALの申し込み手続き中です。CREALのメール登録はすぐに終了しますが、実際の投資を行うには身分証明書の確認や住職確認のはがきの到達を待たないといけないので投資するしないにかかわらず、先にやっておいたほうがいいですね。

CREALの信用度合いについて

問題は事業者のリスクですが、会社概要には代表者や資本の説明はあまり書いていません。資本金が1億円と中小企業ですね。ただ設立は2011年とすでに7年の歴史があります。これは今回のクラウドファンディング以前は不動産アセットマネジメント事業を行ってきたということです。資格も保有しており、不動産事業としての歴史はそこそこあるようです。

代表者は宅建、不動産証券化マスター、医療経営士など複数の資格を保有し、2005年よりオリックスの不動産ファイナンス業務や銀行員も経験しているやり手のようです。特に不動産経験だけでなく、銀行員という金融機関のに従事したという経験は好印象ですね。今までのソシャレンや仮想通貨は金融関係者がいないところが問題を起こしたケースが多かったので。

情報を見ても特段怪しいところはありませんが、「信用に値する」といった強い材料も確認できません。ただラッキーバンクやグリーンインフラレンディングに共通した「10%というおかしな利回り」「代表者が若造で経歴が怪しい」といった条件はないので、あとは今後の実績次第さえ揃えられれば面白そうな業者に育っていきそうです。

関連記事