MT4でのローソク足や背景の色の変更、リセット方法

ローソク足や背景の色の変更

XM.comより提供されているMetaTrader4 (MT4)を使ってトレードを行うための、MT4のチャート画面のローソク足や背景の色の変更方法を紹介します。 まずは色の設定変更画面の開き方からです。

MT4の画面のメニューバー「チャート」の「プロパティ」を選択します。

この画面で、バーチャート、ローソク足チャート、ラインチャートすべての色を変更することができます。


「色の設定」タブで、背景を「白」、上昇ローソク足は「緑」、下降ローソク足は「赤」に変更してみます。 なお、ローソク足の枠の色は「上昇バー」「下降バー」で変更できます。 上昇バーとは陽線のこと、下降バーとは陰線に当たります。「前景色」とは、価格や時間などの文字の色のことです。背景色を白くしたときには、こちらの変更も忘れないようにしましょう。 同じ色にしてしまうと全く見分けることができなくなります。


「全般」タブでは、グリッドや期間区切り線、出来高などの表示/非表示の設定ができます。


[OK]を押すと設定画面が閉じ、実際のチャート画面に反映されます。


変更した設定を元に戻したい場合のリセット方法

なお、変更した色を、初期状態の配色に戻したいときには、プロパティの画面で[リセット]を選択します。


[OK]で画面を閉じると、実際のチャートに反映されます。


この他の方法としては、いろいろ設定を変更したチャートは閉じてしまい、「新規チャート」から再び通貨ペアを選択して、新しい画面を作る方法もあります。

以上、MT4のチャート画面のローソク足や背景の色の変更方法の紹介でした。

同ジャンルのリンク

サイトマップ

 
01メタトレーダーダウンロード・インストール方法 02XMのMT4利用口座の申請方法
03ログインとメタトレーダーの画面の見方 04メタトレーダーのフォルダの意味
2回目05MT4のチャート表示方法 メタトレーダーで閉じたチャートを再表示させる
メタトレーダーでオフラインチャートを表示する 06 画面の表示変更、バー、ロウソク足、ライン
メタトレーダーでチャート画面を最大化、全画面化 メタトレーダーでズームイン・ズームアウト
メタトレーダーでグリッドを表示させる メタトレーダーでの出来高の表示・非表示
メタトレーダーのオートスクロールのオン・オフ メタトレーダーの時間足の変更方法
2回目07ローソク足や背景の色の変更 08メタトレーダーで複数画面の同時表示する
09テクニカル(インディケータ)表示方法 テクニカル(インディケータ)のデータ変更
10チャート設定の保存と反映 メタトレーダーのチャートデータの保存
メタトレーダーのチャート画像の保存 メタトレーダーでチャートを印刷する
カーソル、十字カーソルの使い方 垂直線、水平線の描画方法
トレンドラインと角度によるトレンドライン チャネルラインラインの引き方
フィボナッチチャネルライン 線形回帰チャネル、標準偏差チャネル
フィボナッチをチャートに表示、描画 図形の挿入方法と編集
文字の記入方法と編集 矢印の記入と編集、矢印コード
新規注文 (成行、指値・逆指値) 2回目16注文 (成行、指値・逆指値)の変更と取消
32ワンクリック取引  
17決済注文 (成行、指値・逆指値) 18 OCO 注文と変更
19 IfDone-OCO 注文と変更  
2回目22トレイリング・ストップ注文  
23指定レートアラーム設定 (音声、メール)  
2回目25過去の価格データの取り込み  
29カスタムインディケーターの導入のしかた  
   
2回目31カスタムインディケーターの編集のしかた  
   
 
   
 
   
 
   
上へ戻る

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!