MT4でオフラインチャートを表示する方法

オフラインチャートを開く

【オフラインチャートを開く】
MT4 は既にローカルにダウンロードした足データのみを使用して描画する、オフラインチャートというものを表示することができます。このチャートでは、サーバに接続して新しいレートを受信しても画面は書き変わりません。

オフラインチャートを開くには、メニューバーから ファイル(F) → オフラインチャート (O) を選択します。

すると次のような図が出てきます。これはローカルに保存されている足のデータであり、データ容量によってオフラインチャートを記述できるものとできないものがわかります。この図ではEURUSD,GBPUSD,USDJPY の日足のデータが黄色になっており、チャートを開くことができることがわかります。

この図でUSDJPYの日足チャートを開いてみます。

オフラインチャートが開けました。オフラインチャートとリアルタイムチャートの見分け方は、チャートウィンドウのタブの右に(offline)と入っていることと、時間が経ってもチャートが記述されないことから判断することができます。

別のサーバに接続していたときに受信済みのデータを使ってチャートを表示したいような場合があります。 また、高度な使用方法になりますが、MT4 で通常扱われていないような特殊なチャートデータ (10分足のような特殊な周期のデータや通貨ペアの価格ではない何らか時系列データ) を入手したり、自分で作成したりして表示したいような場合にも使います。

同ジャンルのリンク

 

サイトマップ

 
01メタトレーダーダウンロード・インストール方法 02XMのMT4利用口座の申請方法
03ログインとメタトレーダーの画面の見方 04メタトレーダーのフォルダの意味
2回目05MT4のチャート表示方法 メタトレーダーで閉じたチャートを再表示させる
メタトレーダーでオフラインチャートを表示する 06 画面の表示変更、バー、ロウソク足、ライン
メタトレーダーでチャート画面を最大化、全画面化 メタトレーダーでズームイン・ズームアウト
メタトレーダーでグリッドを表示させる メタトレーダーでの出来高の表示・非表示
メタトレーダーのオートスクロールのオン・オフ メタトレーダーの時間足の変更方法
2回目07ローソク足や背景の色の変更 08メタトレーダーで複数画面の同時表示する
09テクニカル(インディケータ)表示方法 テクニカル(インディケータ)のデータ変更
10チャート設定の保存と反映 メタトレーダーのチャートデータの保存
メタトレーダーのチャート画像の保存 メタトレーダーでチャートを印刷する
カーソル、十字カーソルの使い方 垂直線、水平線の描画方法
トレンドラインと角度によるトレンドライン チャネルラインラインの引き方
フィボナッチチャネルライン 線形回帰チャネル、標準偏差チャネル
フィボナッチをチャートに表示、描画 図形の挿入方法と編集
文字の記入方法と編集 矢印の記入と編集、矢印コード
新規注文 (成行、指値・逆指値) 2回目16注文 (成行、指値・逆指値)の変更と取消
32ワンクリック取引  
17決済注文 (成行、指値・逆指値) 18 OCO 注文と変更
19 IfDone-OCO 注文と変更  
2回目22トレイリング・ストップ注文  
23指定レートアラーム設定 (音声、メール)  
2回目25過去の価格データの取り込み  
29カスタムインディケーターの導入のしかた  
   
2回目31カスタムインディケーターの編集のしかた  
   
 
   
 
   
 
   
上へ戻る

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!