マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

みんなのFXのサービス内容やサーバー,評判,人気を徹底分析

各コンテンツのショートカット

みんなのFXの特徴                ▼みんなのFXのサーバー

みんなのFXの欠点                ▼みんなのFXの安全性

みんなのFXの評判                ▼みんなのFXに向いている人

みんなのFXの評価                ▼みんなのFXの口座開設

みんなのFXの詳細データ

みんなのFXとはどのような業者か?

【JASDAQ上場のジャレコHD出資】
みんなのFXは親会社が変わったり社名が変わったりしてきた良くない歴史をもつ会社です。旧社名はパンタ・レイ証券といいその後EMCOM証券に社名変更しました。この親会社は以前はゲームを作っていたジャレコです。そして現在はトレイダーズ証券傘下になっています。しかし、ジャレコは2000年頃に香港資本に買収されて放送や音楽などの多角化を図って失敗し、2009年にはゲーム事業を撤退したりして、話題性には事欠きません。しかし、最近は不動産事業やゲーム事業をスッパリあきらめてFXサービスだけに方針転換しました。FX事業は非常にうまくいっているもようです。

【短期売買に特化したFX業者】
みんなのFXはデイトレに特化した短期売買専門のFX業者です。手数料は無料でスプレッドも低い状態が続きます。取引システムはEMCOMシステムでDMMFXや外為ジャパンと同じものを使っているのですが、高金利通貨のオージー円(AUDJPY)やキウイ円(NZDJPY)のスプレッドも狭いのでクロス円のデイトレには非常に有利な状態になっています。キャンペーンでスプレッド縮小も毎月のようにやっており、ドル円やユーロ円のスプレッドは総じて1.0pipsを切っています。

【レバレッジが最高400倍】
短期売買に徹底的に特化しているのでレバレッジが最高400倍にも上げられます。短期売買では少ない証拠金でより大きなポジションを取れたほうがチャンスが広がるのでハイリスクですが短期売買にかなり有利です。ただし、同時時期にMJがレバレッジ400倍を導入したことで話題をもっていかれた面がありました。

【取引するほど儲かるキャンペーン】
EMCOM証券は親会社の潤沢な資金を使って新規顧客へのさまざまな魅力的キャンペーンを行っています。ほとんどの時期において新規口座開設者に対して5000円分をキャッシュバックする気前のよさです。またある一定ロット数を取引した既存の顧客に対してもキャッシュバックしてくれます。EMCOM証券は短期売買向けの業者の上に取引すればするほど儲かるので、FXデイトレやスキャルなどの短期売買で10億円を稼ぎ始めるために適した業者です。

※EMCOM証券は、このように人気があまりない上に怪しい業者であるため
顧客流出が止まらず、レバレッジ規制でついにトドメを刺されてしまい、
FX事業をトレイダーズ証券へ譲渡し、廃業しました。

みんなのFXのシステム・サーバー

【システムはEMCOM(FONOX)系】
EMCOM証券のシステムはEMCOM系のシステムになっています。そう、このシステムはEMCOMグループ内で開発されたものなのです。この業者のほかにもMJなどで利用されているシステムです。しかし肝心のEMCOM系のシステムはあまり強くなく、むしろ弱いと言われています。正直なところ、評判は悪いといえるでしょう。

【弱いために行政処分をくらっている】
EMCOM系のシステムはあまり強い状態ではありません。そして、あまりにサーバーダウンや約定拒否が起こったため、顧客の中にはロスカットシステムが作動せずにあらぬ損失を出してしまった方もいるようです。みんなのFXは、そういった方に損失額以上の補填をしたり、架空の利益を計上したりしたために行政処分をくらっています。パンタ・レイ証券の行政処分(金融庁)、正直改善された傾向があまり見られないために、オススメできるシステムとはいえません

※EMCOM証券は、このように人気があまりない上に怪しい業者であるため
顧客流出が止まらず、レバレッジ規制でついにトドメを刺されてしまい、
FX事業をトレイダーズ証券へ譲渡し、廃業しました。

みんなのFXの欠点

【スプレッドが安定していない】
パンタレイ証券の宣言スプレッドは非常に狭い水準になっています。しかし、実際に取引をしてみると正直ドル円以外のスプレッドは安定していません。公式でもドル円スプレッド固定ということでドル円自体は固定されていますが、ユーロ円やポンド円のスプレッドはかなり広がります。公表スプレッドは守られていないようです。

【スワップ金利が低い】
短期売買に特化しているだけあってスワップ金利はかなり低い水準になります。ZAR関係もスワップが低いので長期投資には向きません。マイナススワップを増やしてプラススワップを多くしている外為オンラインとの差が出ます。長期投資には全くといっていいほど向いておらず、プラススワップとマイナススワップとの差がかなりあります。

【レバレッジ300倍、400倍は条件つき】
ハイレバレッジを謡っているEMCOM証券ですが、レバレッジ300倍は10万通貨以上のポジションから、400倍は100万通貨以上のポジションからというように条件つきです。つまり大口取引でないと300倍、400倍はできないのです。さらに高金利の南アフリカランドは取引単位に限らず最高が20倍に制限されており、レバレッジ400倍が堪能できるのは、ほんの一部の人に限られます。

【サーバーが弱い】
サーバーがかなり弱い水準にあります。あまりにサーバーダウンや約定拒否が起こったため、顧客の中にはロスカットシステムが作動せずにあらぬ損失を出してしまった方もいるのです。後にこれは行政処分の対象にもなっています。また指標発表時にはスプレッドは15pips以上にもなることが普通であり、約定するのも遅いので市場が混乱している時には向いていません。

【ZAR関係】
EMCOM証券のZAR関係通貨ペアはZARJPYしかありません。そのZARJPYもスプレッドが8銭以上、レバレッジは20倍で10万通貨以上でないと取引できない制限つきでデイトレには向きません。同じEMCOM証券のシステムを使っているMJと比較するとその差が如実に現れています。EMCOM証券よりMJを使ったほうがいいといえるでしょう。

EMCOM証券とMJのZAR関係比較
  MJ EMCOM証券
通貨ペア 4種類(ZARJPY、USDZAR、EURZAR、GBPZAR) ZARJPYのみ
取引単位 10,000 100,000
レバレッジ 200倍 20倍
スプレッド 2pips~ 8pips~

【行政処分の前科】
EMCOM証券は2008年9月、システムトラブルとトラブルの際に架空利益を計上した罪で行政処分されました。EMCOM証券は相場が荒いときなどは、すぐにレートが飛んだり、スプレッド1pipsを宣言しているわりにはいつも3~5pips開いているし、スリップページなど毎回のことでした。こういった ”使えない仕様” に対してのお咎めです。その仕様?のせいであらぬロスカット損失を出してしまった方もいます。EMCOM証券はそういった方の損失の補填を行いました。しかしこの補填は架空のものです。そういった架空取引の形状というのは 悪質業者JNS が脱税について行っていたことと同じです。今回は顧客損失の補填だけでしたが、いつまた会社の利益水増しなどを行うとも限りません。EMCOM証券は今回の行政処分を受けて、社長など何人かの役員をクビにして、心機一転、再スタートを始めましたが、今後どうなっていくか注目です。 → EMCOM証券の行政処分(金融庁)

※EMCOM証券は、このように人気があまりない上に怪しい業者であるため
顧客流出が止まらず、レバレッジ規制でついにトドメを刺されてしまい、
FX事業をトレイダーズ証券へ譲渡し、廃業しました。

みんなのFXの安全性

【FX業者の安全性を図るポイント】
FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るものです。主なポイントは以下の点です。EMCOM証券の安全性をみてみましょう。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 近畿財務局長(金商)第28号に登録済
2. 行政処分の前科 ・・・ ずさんな管理の行政処分(金融庁)
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 200%台とそこそこ安全圏
4. 信託保全の状況 ・・・ DB信託銀行で信託保全
5. 業者の株主・出資者 ・・・ 問題が極めて多いジャレコ(EMCOM)グループ(7954
6. 人気・評判 ・・・ デイトレ業者としての人気はそこそこ

とっても怪しすぎるEMCOMグループ【とっても怪しい親会社】
EMCOM証券の親会社であるEMCOM(ジャレコ)ですが、ファミコン時代は「ミシシッピー殺人事件」、「燃えろ!!プロ野球」などの一部ユーザーに有名なゲーム企業でした。しかし2000年に香港資本に買収されて以降はゲーム企業としての面影は全くありません。2009年にはゲーム事業からは完全に手を引いてしまっています。株価も低迷を続けており、社長交代も頻繁で、赤字続きです。さらに今度はあの 「ライブドアショック」 で一躍悪人となった旧ライブドアの関係者がどどっとなだれ込んでおり、とっても怪しい会社です。

このように上記6つのポイントを見てみると、悪い情報ばかりが上げられます。ずさんな管理の行政処分+低迷する自己資本規制比率+一部分しかされていない信託保全+問題の多い親会社、などと安心できないものばかりです。2010年の信託保全完全義務化が制定されたために信託保全だけはきちんと整備されました。しかしかなり悪い情報が目白押しのEMCOM証券の安全性は5段階評価の最低評価としていいでしょう。

※EMCOM証券は、このように人気があまりない上に怪しい業者であるため
顧客流出が止まらず、レバレッジ規制でついにトドメを刺されてしまい、
FX事業をトレイダーズ証券へ譲渡し、廃業しました。

みんなのFXの評判・口コミ

マネーデリカ:みんなのFX、最近評判いいみたいですよ
教えて!gooレバレッジ400倍スプレッド1銭を満たす会社ってパンタレイ証券ぐらいですね
Yahoo!知恵袋:パンタ・レイ証券の「みんなのFx」の評判・人気はどうでしょうか?
Yahoo!知恵袋:私はみんなのFXなんですがレバ300倍は10lotからなんですよね
Yahoo!知恵袋:FX・ディーラーが独断で架空売買&損失補てんする みたいな社員教育のテキトーさはJNS以下だよ
Yahoo!知恵袋:みんなのFXやMJであればドル円スプレッド0.8銭固定で頻繁に取引してもコスト面で優れてます。
Yahoo!知恵袋:(スワップ金利に関して)みんなのFXではあまりいい条件とは思えません。10通貨あたり200円です。過去1ヶ月程度もこのままの状態です。スプレッドも広いので不利です。
OKWave
・現在システム障害が一番発生しやすい業者
・約定、決済能力は最低クラス(許容スリッページ0ではほぼ通らない)
・指値スルー頻発
・信託保全ではない(近々導入予定)
・メンテナンスで5:50~6:10の20分もシステム停止
・システム障害発生時の補償は原則無し
・ニューヨーク時間でも基準スプレッドより拡大する事が多々ある
・告知なしに基準スプレッド変更多数
・障害発生時、サポートへ電話が繋がらない事も
・14時までに出金依頼しても、必ずしも即日出金にはならない
・早朝のスプレッド拡大時間が長い(5時~9時頃)
・システムが使いづらい
・レート変動時約定しづらい
・WEBベースのツールなので全体的にもっさりしてる
・HP上で障害情報、システム情報を告知せず、社員のブログのみで公表する、または一切公表しない事も有り

【EMCOM証券の評判まとめ】
上記のようにみんなのFXは、ハッキリ言って評判の悪い会社です。スプレッドの狭さやキャンペーンの豪華さを絶賛する声が聞かれますが、行政処分、システムの不安定さ、サーバーダウン、親会社の信頼性、信託保全が一部分、顧客に対する対応の悪さ、ロスカット作動せず、と非常に悪評が集まっています。さらに親会社のドタバタが何度と無くあるために、さらに信用を落としているようです。あまりオススメできる業者ではありませんね。同じシステムのMJのほうがはるかにマシでしょう。ちなみに親会社のEMCOMグループは、旧カレンシートレードと買収してEMCOMTRADEとし、旧SVC證券を買収してDMMFXというサービスをはじめ、悪質強制決済業者トレイダーズ証券にもシステムを貸し出して、完全に数打ちゃあたるの戦法をとっています。EMCOMTRADEやDMMFXが、EMCOMシステムだと知らずに使い始める初心者を狙っています。EMCOM証券はもう見切られてしまった業者なのかもしれません。

※EMCOM証券は、このように人気があまりない上に怪しい業者であるため
顧客流出が止まらず、レバレッジ規制でついにトドメを刺されてしまい、
FX事業をトレイダーズ証券へ譲渡し、廃業しました。

みんなのFXに向いている人

・ 併用サブ口座
デイトレなどの短期売買をする際にはレートの誤差やサーバーダウンなどのリスクをできるだけ避けるためにも2社以上に口座を持っておくことが賢明です。そしてこのEMCOM証券は短期売買のFX会社なので、他の短期売買の業者を1つか2つ持っていることが望ましいです。候補となる短期売買業者としては外為オンラインやFXTSなどの業者が候補になるでしょう。メイン口座としては信用できないために、予備のサブ口座としての扱いです。

※EMCOM証券は、このように人気があまりない上に怪しい業者であるため
顧客流出が止まらず、レバレッジ規制でついにトドメを刺されてしまい、
FX事業をトレイダーズ証券へ譲渡し、廃業しました。

総合評価 評価の理由 5段階評価
短期売買
デイトレ取引
手数料無料かつ業界最狭のスプレッドの強さはとてもいいですが、サーバーが弱いのがマイナスになります。レバレッジ400倍を生かせる大口取引の人向けです。 ★★★
長期投資
スワップ取引
短期売買に特化しているのでスワップはかなり低い状態です。会社の信頼性も底辺なので、全く長期投資には向いていないといえます。
コスト面
スプレッド+手数料
コストは安いですが、そのコスト以外が問題です。 ★★★★★
安全性
資産管理+信頼性
ずさんな管理の行政処分+低迷する自己資本規制比率+一部分しかされていない信託保全+問題の多い親会社、などと安心できないものばかりです。信用できません。
サーバーの強さ ログインが長く安定していません。あまりにサーバーダウンや約定拒否が起こったため、顧客の中にはロスカットシステムが作動せずにあらぬ損失を出してしまった方もいるようです。信用できません。
情報のサービス セミナーや通貨のテクニカルレポートといった情報サービスがなどは全く存在せず、マーケット情報配信がいくつかある程度。
人気 以前はデイトレ用口座としての人気がありましたが、外為オンラインやFXトレーディングシステムズなどにお株を奪われ、さらに行政処分をされたため人気がどんどん下がっています。 ★★
総合判断 コストや人気うんぬん以前に、会社の信頼性に問題がありすぎます。ハッキリ言って信用できない業者なので、お金を安心して預けられません。FXTSや外為オンラインなどのメイン取引口座がクラッシュした際の予備のために用意しておく程度でしょう。結局、このように人気があまりない上に怪しい業者であるため顧客流出が止まらず、レバレッジ規制でついにトドメを刺されてしまい、FX事業をトレイダーズ証券へ譲渡し廃業しました。

 




みんなのFXの詳細データ
会社名 EMCOM証券 (旧社名:パンタレイ証券)
URL http://min-fx.jp/
上場 EMCOM・ホールディングスがJASDAQ上場(7954
資本金 5億5000万円
株主・出資者 EMCOM・ホールディングスの連結子会社
自己資本規制比率 201.6%
口座数 31,933
預かり残高 48億円
デモ取引 ×
使用システム EMCOM系
システムの内容 ウェブ上のFLASHツール(IEなどのブラウザ上で動作)
システムの重さ ログインが少々長い、取引システムは軽い
資産管理方法 信託保全
保全先 DB信託銀行
ロスカット 20%
携帯対応
サービス名 みんなのFX
最低取引通貨単位 10,000(ZARJPYは10万通貨から)
手数料 無料
スプレッド(USDJPY) 1pips
通貨ペア 16
ZAR
TRY ×
ISK ×
レバレッジ  
初回入金 10万円
オンライン入出金
両建て
スワップ金利の扱い 含み益
通知メール
情報サービス FXWAVE
ダウジョーンズ
GI24
備考 レバレッジ300倍は10万通貨以上、400倍は100万通貨以上と条件つき。ZARJPYはレバレッジ20倍まで
セミナー いまのところ無し
キャンペーン 新規口座開設者の取引高に応じたキャッシュバック
廃業
Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved