メタトレーダーでグリッドを表示させる、非表示にする

メタトレーダーでグリッドの表示・非表示を切り替える方法

チャートウィンドウ内に縦横に十字にグレーの破線をグリッドといいます。この表示/非表示を切り替えるには、以下の3つの方法があります。

・ チャートを右クリックして表示されるメニューから、グリッド(G) を選択
・ メニューバーの チャート(C) からグリッド(G) を選択
・ Ctrl+G を押す  

<チャートを右クリックして表示されるメニューから、グリッド(G) を選択>

<メニューバーの チャート(C) からグリッド(G) を選択 >

グリッドを表示、グリッドを非表示

グリッドが表示されていると下図のようにグレーの線が縦横に引かれています。
なお、グリッドの色はプロパティで変更することもできます。

グリッドを非表示にすると下図のようにすっきりします。ただし、何も無くなった分、並行感や水平感がつかみにくくなります。自分でレジスタンスやサポートライン、トレンドラインを引く場合はこちらのほうがいいかもしれません。

グリッドは自分の好みで自由に表示・非表示に使い分けましょう。

初心者でもできる資産運用
✓なぜ初心者でも大丈夫なのか

AI(人工知能)による自動運用
個人のスキルや知識は影響しにくい

投資先の分散と長期的運用を行う
大損のリスクはほとんどない

行動する人は、行動しない人より、
圧倒的によい成績を残せる!

関連記事