ラッキーバンクの債権譲渡分配金遅延の知らせ

ラッキーバンクは遅れるってさ!

ラッキーバンクは12/10に「債権譲渡完了」の連絡メールを送ってきました。これは投資家にとっては暗黒の日とも言うべき損失確定の日になりました。

ラッキーバンクによると50億円の投資資金に対して債権譲渡金額は16億円にしかならなかったので、およそ6~7割の投資資金が毀損すると考えられます。

投資で銀の人生
投資で銀の人生
https://finalrich.com/luckybank-invester-action-return
金の人生はできなくても十分にやり直して「銀」の人生を描き直す

その債権譲渡によって回収された資金の分配が2018年年内に予定されていましたが、まぁ当然というか、予想通り遅れることになりまいsた。理由としては電算処理に時間がかかるからということです。

改めて2019年1月4日~7日に向けて準備しているということですが、果たしてどうなることか。

大変お世話になっております。
ラッキーバンク・インベストメント株式会社でございます。

平成30年12月5日付でお知らせいたしましたX社及びF社にかかる債権譲渡について、本年12月10日付の配信で、各ファンドの分配予定金額の詳細を本年12月下旬に実施する旨をご案内いたしましたが、分配金額にかかる電算処理の検証等に時間を要しているため、配信が延期となりましたのでお知らせいたします。

現在、平成31年1月4日(金)~1月7日(月)の配信に向けて準備を進めておりますので、誠に恐れ入りますが、今しばらくお待ちいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
なお、分配日については、当初ご案内した通り、平成31年1月8日を予定しております。


多くのお客様にご連絡をお待ちいただいている中、配信が遅れますことを、深くお詫び申し上げます。
ソシャレン業者選び
✓信頼できる業者はどこか
上場企業や大手業者グループ
きちんと信頼できる仕事をしている
SL業者を選び直しましょう

ソシャレンの匿名性の問題を解決した
透明性の高い不動産型CF

初心者でもできる資産運用
✓なぜ初心者でも大丈夫なのか

AI(人工知能)による自動運用
個人のスキルや知識は影響しにくい

投資先の分散と長期的運用を行う
大損のリスクはほとんどない

行動する人は、行動しない人より、
圧倒的によい成績を残せる!

関連記事