初心者はコストの安い光陽ファイナンシャルトレードか岡藤商事がオススメである

初心者に適している会社

初心者は純金積立に慣れるまでコストとなる年会費・手数料ができるだけ少ない業者を選ぶことをオススメします。純金積立は何度も売買するものではなく、長々とじっくり投資し続けていく投資方法ですので多少のコストの違いが長期になると多大なコストになってしまうのです。そのため、手数料無料かつ年会費が安い業者を選んでいたほうが、後々に慣れてきた後に積立額を増額しても年間の手数料は一切変わらないので都合がいいのです。

一番コストが安いのは光陽ファイナンシャルトレード

コスト面で一番のお得な業者は光陽ファイナンシャルトレードです。光陽ファイナンシャルトレードは年会費が1,500円かかりますが、その他の手数料は無料ですので積立額を将来いくらでも増やしても手数料がかからずに積み立てることができてお得です。他の大手グループで積立を行うと10,000円に対して2.5%、100万円なら2万5000円にもなってしまいます。しかし手数料無料なら100万円でも手数料は一切かからないので将来、積立を増やしても問題ありません。さらに初年度年会費が無料になる太っ腹なキャンペーンを行っています。唯一のコストである年会費すら無料になることで、1年間一切費用をかけずに純金積立を始める事が出来ます。

またスプレッドも他の業者よりはるかに狭いのです。大手の住友、三菱グループのスプレッドは60円以上にもなるのですが、光陽ファイナンシャルトレードはたった30円だけです。FXのスプレッドのように買値と売値の差が少ないほど、私たちの利益が大きくなります。

コストの面で比較 購入手数料 年会費 スポット手数料 スプレッド バーチャージ
大手グループのS社 2.5% 840円 無料 62円 4,200円
大手グループのM社 無料 3,150円 無料 59円 5,250円
光陽ファイナンシャルトレード 無料 1,500円 無料 30円 4,200円

兎にも角にもまずは資料請求

まずは、光陽ファイナンシャルトレードの公式HPをみて見ればサービスのおおよその内容がわかりますが、光陽ファイナンシャルトレードのHPは広く全部見るのは大変です。そのため家でじっくり確認できる資料を請求しましょう。HPをみるのはパソコンの画面をずっと見ているので正直疲れますからね・・・。やはり実際に紙の資料を見て確認するのが受験勉強のように頭に入るものです。

きちんと住所と連絡先を入力

資料請求にはあなたの住所や連絡先を記入してください。もちろん正確な住所を書かないと資料は届きませんよ。なんだか、自分の情報を書くのいやだな~って偽名とかデタラメな情報を書いてはいけません。それは使えませんからもう一度資料請求しなければいけない2度手間になってしまいます。情報はしっかりと記入してくださいね。最後に確認画面が出たら完了です。

資料が届いたら確認しよう

光陽ファイナンシャルトレードのホームページで正確な住所が記入されていればほんの2日で手元に資料が届くでしょう。地域によって時間が異なりますが、遅くても1週間で届くはずです。もし届かなければ間違った住所を記入しているか何か手違いがあったかもしれません。そのときは問い合わせの上、再度資料請求をしてくださいね。資料はこのような一まとめの資料が送られてきます。

この資料には、丁寧なあいさつと共に「純金積立」、「先物取引」、「ネット取引」の3つの資料が送られてきます。純金積立の資料はとても少ないのです。これはいかに純金積立が単純で取り組みやすいかを表していますね。

↓(画像をクリックすると大きな画像を表示します)↓先物、ネット取引、純金積立の資料

申込書に記入して提出すればOK

同封の資料 「純金積立プラン申込書」 必要な情報を書いて、本人確認書類と一緒に提出すれば完了です。きちんと届いていればに口座開設の報がメールで送られてくるでしょう。光陽ファイナンシャルトレードの積立開始はとても迅速で、当月の1日~15日までに申し込みが完了すれば、翌月から積立が開始されるのです。もちろんスポット購入はいつでも可能です。

後は、きちんと口座にお金が入っていれば毎月自動的に積み立ててくれるので、何もしなくても自動的に金塊が作られていくでしょう。光陽ファイナンシャルトレードの積立は毎年自動更新されるので解約したい時以外は全く手間がかからないのです。