貴金属の表示にある18金と24金の違いって?

18金、24Kといった表示

よく金のアクセサリーには24K、18K、10Kといった表示を見かけます。また、金でできたものには18金(18K)の~~といった言い方をしますね。宝石に興味をもってでもいない限りこれの意味を知っている方はあまりいないのではないでしょうか?18金や24Kといった表示、これは純金と他の金属の配合比率なのです。

18金と表示される金のアクセサリー

18Kとは金75%のこと

純金というのは柔らかく、崩れやすいのですが、他の金属と混ざりやすい性質をもっています。そのため、量が少ない金は有史以来さまざまな金属に混ぜられてきました。純金の王冠に銀を混ぜた細工をされた「アルキメデスの原理」でもよくわかりますね。現在純金というのは純度が99.99%以上のものに限られ、これを24Kとしています。そのため18金(18K)というのは24の75%ですから、75%分純金が使われているという表示になるのです。100%を24Kとするのですから、100/24、1Kごとに約4.17%ずつ配合が増減します。

しかしこの24Kという表示方法は 「純金のみに適用される表示」 になっています。たとえば、プラチナなどでは24Kとは言わず、99.99と表示します。プラチナのバーにも[99.99]が刻印されていますね。なぜ24という表示になったのかというと、おそらく最初に金を使い始めたシュメール人のメソポタミア文明では太陰暦などで数字を24分率で計算していたからと言われいます。このころに一日を24時間と定めたことにも一致しますね。これも金が人類の文明と共に使われてきた証明でもあります。

18金のアクセサリーは、75%分金が含まれている

【金の上昇で儲けよう!】
最近は金の上昇が目覚しいことになっています。東京でもNYでも最高値を連日更新中です。これはバブルと言われていますが、実は上昇の理由はドルからの逃避が一番の原因です。そう、超大国アメリカがもう信用できないということで、ドルやユーロから資金が金に流れて行っているのです。さらに中国やインド、中東などの人たちがどんどん金を買ってきています。つまりアメリカが立ち直らない限り、金の上昇はほぼ止まらない状況です。こんな状況で目先のカネ目当てに金品を売るのは待ったほうがいいです。問屋の人たちはこの金の上昇がまだまだ続くということを知っているので安く買い叩いています!買値が4600のところを売値3500で買い叩いてるボッタクリ業者もたくさんいます。金の上昇理由がわからない素人を騙すことなんて朝飯前です。今手元にある金品を売るより、手軽に投資できる金CFDがおすすめです。こちらのGMOクリック証券は手数料無料で金CFDを買うことも売ることもできます。手順はカンタン、口座開設して少額を入金すれば金CFDを買えます。レバレッジが嫌な人は20万円入れて1つ買えばレバレッジ1倍以下になって安心な投資が可能です。金価格はまだまだ上昇する可能性が高いので、目先の上昇は金CFDで儲けたほうがいいです。

GMOクリック証券  
>>手数料無料、金・原油の上昇や暴落で儲けるには DMM CFD <<