FXのレバレッジリスクとは高レバレッジで大きな損失が出るリスク

レバレッジリスクとは

レバレッジとは学校の理科で習った ”てこの原理” を使って小さなお金で大金を動かすことができるしくみですね。このレバレッジをかけることで証拠金の何100倍の取引ができるのがFXの魅力のひとつですが、それはハイリスク・ハイリターンになることになりますから、利益も100倍なら損失も100倍になります。レバレッジを高くして予想が外れたら大きな損失をこうむることがあります。それがレバレッジリスクです。ロスカットシステムによって証拠金以上の損失が出ることはほとんどありませんが、預けた証拠金がハイレバレッジの取引で一瞬にして消えてしまうということがよくあります。リスクとリターンは表裏一体であることを絶対に忘れてはいけません。

レバレッジ

ちなみに最近は自分の取引がレバレッジ何倍になっているかもわからずに取引をしている非常に危険な方がけっこういます。レバレッジの計算くらいは自分でできるようになっておいたほうがいいのですが、もしもできないのであればセントラル短資のサイトにはロスカット計算機という便利なものがありレバレッジやロスカットの数値を計算できます。自分がどれぐらいのレバレッジを掛けているのか、どれぐらい下がったらロスカットになるかを確認しておきましょう。

セントラル短資のロスカット計算機