マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

ISホールディングス所属のライブスター証券はスプレッドが本当に狭い!

ライブスター証券とはどのような業者か?

【ライブスター証券とは】
ライブスター証券は、いろんな証券会社と吸収や合併を繰り返してきた総合証券会社です。昭和の初期に更栄証券株式会社として成立した後、新潟大塚証券や須々木証券、アクセス証券などと合併を繰り返してきました。一番最近では2008年に日産センチュリー証券からオンライン取引部門を引き継いでいます。

【取引コストがとても安いことで有名】
ライブスター証券は設立も古く知名度のわりには歴史がある証券会社です。取り扱い商品はFXだけでなく株式取引や日経先物を取り扱っています。特に株の売買手数料や日経先物の1枚の手数料などが非常に安く、大手のSBI証券楽天証券などの取引手数料よりも安くなっています。情報サービスが少ないことや証券会社のわりには取り扱い商品が少ないこともあって、コストがかかってないから手数料を安くできるのでしょう。株式取引手数料のやすさでは、2014年度オリコン顧客満足度ランキングの「【ネット部門】手数料・取引コストの満足度」で【第1位】を獲得しました。その取引手数料の安さはFXサービスのスプレッドの狭さにも現れています。

【スワップ金利業界ナンバーワン】
ライブスター証券は情報サービスやセミナーといったサービス系のものはほとんど置いていない業者です。その代わり取引環境のスペックが非常によくなっています。後述するスプレッドの狭さもありき、スワップ金利も非常に高くなっています。例えばトラリピで有名なマネースクエアやスワップ金利は低いですが、そのマネースクエアと比較すると30円ほどの差があります。例えばマネースクエアの豪円スワップ金利が60円のとき、ライブスター証券は90円近いのです。なので倍率にしておよそ1.5倍の差がつきます。長期ホールドすると相当な差がつきます!

【FXTSを超えた?マイナー通貨ペアのスプレッドはNo.1】
ライブスター証券は非常に狭いスプレッドを提示しています。FXTSやDMMFXなども相当狭いスプレッドですが、ライブスター証券の最大の特徴は、メジャー通貨ペアの他にあるマイナー通貨ペアのスプレッドが非常に狭いというところです。例えばどこの業者も2.0や3.0のスプレッドであるEURGBPが1.0pips、4.0台が多いEURCHFが2.0pipsになっています。普通の業者はメジャー通貨ペアのスプレッドで客を引き、マイナー通貨ペアのスプレッドは広いままになっていますが、ライブスター証券はどのマイナー通貨ペアのスプレッドも狭くなっているのです。その取扱数もかなり多い部類に入り、マイナー通貨ペアのスプレッドはFX業界で一番狭いでしょう!

アイディーオー証券(IDO証券),マイナー通貨ペアのスプレッドはNo.1

【外為オンラインと同じISホールディングスグループ】
ライブスター証券は以前ユニコムグループに所属していましたが、2009年に株式の移動があり外為オンラインが所属するISホールディングス所属となりました。同じグループには外為オンラインにシステムを提供しているI&AS社やアイネット証券、FXプラットフォームなどがあります。そのため2009年にはシステムを一新してI&AS社のシステムとなりました。新システムもアイネット証券のものと同じと思われます。


>> ライブスター証券の口座開設はコチラから <<

ライブスター証券のシステム・サーバー

【システムはFXTSと瓜二つである】
ライブスター証券は外為オンラインと同じISホールディングスグループの所属となっています。そのため使っているシステムは同グループのI&AS社が提供しているものです。同じシステムを提供されているFX業者には外為オンラインの他にFXトレーディングシステムズやアイネット証券、JFX(外為ゼロ)、ヒロセ通商(Hirose-FX2)などがあります。特にFXトレーディングシステムズとはレイアウトがほとんどいっしょです。FXトレーディングシステムズを使っている人はどっちがどっちかわからないかもしれません。

FXTSもIDO証券も同じI&ASシステム

【新システムは軽くて使いやすい】
ライブスター証券は新取引システムlivestarfxを導入しています。このシステムはフラッシュを中心に作られたダウンロードするクライアント取引ツールです。動作は軽快で色合いが薄い青でとてもさわやかな印象を受けます。取引自体もワンクリックで注文・決済ができたり、チャート分析や切り替えが軽快にできます。そして日々の取引結果を集計した ”あなただけの取引データ分析” ができます。自分の日々のトレードをツールが自動的に集計してくれて、どんな取引が多いか、どんな通貨ペアが利益が多く、どれが損失が大きかったかなどを自動的に算出してくれるのです。非常に便利です。



【米雇用統計でもスプレッドは広がらない?】
ライブスター証券が利用しているI&AS社のシステムは、約定こそ遅いもののそれほどスプレッドは広がらなくなっています。そのためライブスター証券のレートも米雇用統計時にそれほど広がらなくなっています。ライブスター証券はその証拠と言わんばかりに雇用統計時のレート映像をYouTubeにアップロードしています。映像を見る限りレートは飛ぶもののスプレッドは安定していることが伺えます。

>> ライブスター証券の口座開設はコチラから <<

ライブスター証券の欠点

【FX業務には力を入れていない】
ライブスター証券はFXだけでなく、株式取引や日経先物なども幅広く扱っている総合証券会社です。FX専業会社ではありません。そのためかライブスター証券はそれほどFXだけに力を入れている様子はありません。システムは外為オンライン系のI&AS社の流用ですし、投資情報サービスなどはありません。情報サービスとしてはYouTubeに多少の動画をアップしたり、、メールマガジンなどを発行していますが、正直個人レベルとあまり変わらない水準です。情報サービスなどには全く期待せずに、取引だけの口座と割り切ったほうがいいでしょう。

【取引数量が1万通貨単位である】
上記のようにライブスター証券はどうもFXのサービスを充実させるような動きがありません。そのため取引数量は1万通貨単位のままです。ほとんど同じようなレイアウトであるFXトレーディングシステムズ(FXTS)は1,000通貨単位でできる分、初心者にはライブスター証券よりもFXトレーディングシステムズのほうがいいと言えるでしょう。

【やっぱり南アフリカランド(ZAR)のスプレッドだけは広い】
外為オンライン系のI&AS社のシステムには、共通して南アフリカランド(ZAR)のスプレッドが非常に広いという特徴があります。外為オンラインやFXトレーディングシステムズと同じように南アフリカランド(ZAR)のスプレッドは15pips以上あるし、なにより取引単位が10万通貨になっています。スプレッドも広く取引数量も多いとあってZAR投資には向いていません。南アフリカランド(ZAR)ならスワップ金利が高く、スプレッドが狭いDMMFXや、1,000通貨から南アフリカランド(ZAR)を取引できる外為どっとコムに軍配があがります。

>> ライブスター証券の口座開設はコチラから <<

ライブスター証券の安全性・信頼性

【FX業者の安全性を図るポイント】
FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るものです。主なポイントは以下の点です。ライブスター証券の安全性を見てみましょう。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 関東財務局長(金商)第8号に登録済
2. 行政処分の前科 ・・・ 全くありません。健全です。
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 200~300%超えと標準レベルの安全圏
4. 信託保全の状況 ・・・ 日証金信託銀行と三井住友銀行で全額信託保全
5. 業者の株主・出資者 ・・・ 外為オンラインと同じISホールディングス
6. 人気・評判 ・・・ 知名度は低い

このように上記6つのポイントを見てみると、ライブスター証券には不安なところはありません。しいて言うなら知名度が低いことぐらいですが、致命的な問題ではありません。ただ、知名度が低いことから利用している人がやや少なく、情報を共有できないといった難点はあるかもしれません。最近親会社がユニコムからISホールディングスに変わってしまいましたが、むしろFX業界で大きな勢力をもっているISホールディングスと同じグループになったことでより安心感が高まったと言えます。昭和初期に設立されてから行政処分などもなく健全な経営をしており、信頼にたる業者です。安全性は5段階評価の4つぐらいです。

ライブスター証券の信託保全先金融機関情報

日証金信託銀行 長期(Long-term) 短期(Short-term)
格付投資情報センター(R&I) A+ a-1
日本格付研究所(JCR) A+ J-1+(最上級)

 

三井住友銀行 長期(Long-term) 短期(Short-term)
Moody's Aa3 P-1
Standard & Poor's A+ A-1
Fitch Ratings A F1
格付投資情報センター(R&I) A+ a-1
日本格付研究所(JCR) AA- J-1+(最上級)

 

ライブスター証券の信託保全の仕組み

※ちなみISホールディングスについて軽く説明しておきましょう。このグループは新鋭のIT金融グループであり、グループ内には外為オンラインのシステムを構築したアイアンドエーエス社も含まれています。結構大きなグループであり経営基盤もしっかりしています。金融危機で2008年に岡三グループやトレイダーズグループが軒並み数十億円の赤字を計上したのに対し、このISホールディングスは80億円の利益を計上しているのです。非常にやり手のグループであるといえます。外為オンラインが数年でFX業界の大手にのし上がったことがなによりの証拠です。

>> ライブスター証券の口座開設はコチラから <<

ライブスター証券の評判・口コミ

Yahoo!知恵袋:IDO証券のスプレッドは非常に狭いですよ。おそらく他の業者よりも圧倒的に。
Yahoo!知恵袋:IDO証券や外為オンラインはスプレッド(幅)固定なので、比較的取引に向いているのではないでしょうか。
Yahoo!知恵袋:手数料が一番安いところは・・・今ならライブスター証券かな
Yahoo!知恵袋:証券会社のライブスター証券やインヴァスト証券などは多少ましなのかもしれない
Yahoo!知恵袋:エントリーは成行でOK。決済は確実に拾おうと思うと、指値は必要だというのが率直な感想
Yahoo!知恵袋:ライブスター証券はFXトレーディングシステムズと同じシステムです。スプレッドの変動幅が固定で、安定性は確かです。FXTSよりは良いですが、約定に2、3秒掛かる事があるのが難点です。
Yahoo!知恵袋:チャート・板画面から直接注文画面を呼び出せるのはライブスター証券
Yahoo!知恵袋:ライブスター証券は発会直後にチャート表示に関して問題が発生しやすいが発注に関しては問題ない
Yahoo!知恵袋:日本国内で日本語でのサポートが受けられるのはライブスター証券くらいしかしらない
Yahoo!知恵袋:ひまわり証券。225ならライブスター証券。
Yahoo!知恵袋:スターフューチャーズ証券,ライブスター証券です
Yahoo!知恵袋:ライブスター証券はスプレッドが狭くてコスト安いですね。取引するだけならいいのでは
Yahoo!知恵袋:今のところ予定ではコスモ証券、ライブスター証券、インヴァスト証券、ひまわり証券
Yahoo!知恵袋:今ならライブスター証券でしょうかね
Yahoo!知恵袋:ライブスター証券設立昭和23年って、なんかやたら歴史だけはあるんだな
Yahoo!知恵袋:システムはFXTSと同じで外為オンラインと同じグループ。信頼出来る
Yahoo!知恵袋:ライブスター証券での株取引は信頼できて使いやすいでしょうか
Yahoo!知恵袋:ライブスター証券というところで口座開設しました
Yahoo!知恵袋:ライブスター証券の日経225先物の口座開設を申込みました
Yahoo!知恵袋:いまライブスター証券つかってますがトレール幅というのがある

教えて!goo:チャートはの見やすさはライブスター証券
教えて!goo:ライブスター証券(逆指値にクセがあって圧倒的な発注速度と発注のしやすさがあります)
教えて!goo:ライブスター証券を使っていますが、1.2クリックで注文ができます
教えて!goo:取引だけならライブスター証券使えばいいんじゃないかな

【ライブスター証券評判のまとめ】
ライブスター証券の評判・口コミを見ると、やはりFXサービスに関する評判・口コミが全然ありません。やはりライブスター証券のFXサービスは知名度が低いですね。スプレッドの狭さから取引口座としては使える水準なのでちょっと残念です。その他に多かったのは、FXではなく株式や日経先物の手数料の安さを賞賛する声です。ライブスター証券のコストの安さはかなり有名なようです。そのためFXのスプレッドも狭いのですね。少数意見としてはチャート機能が貧弱という意見もありました。ライブスター証券はFXTSと全く同じシステムなので、FXTSと同じような意見が出ていますね。そのため評価もFXTSと同じようにスワップ狙いやセミナーなどには期待せず取引をするだけの口座としての利用がいいでしょう。

>> ライブスター証券の口座開設はコチラから <<

ライブスター証券に向いている人

・ 短期売買(デイトレ)派
ライブスター証券は手数料無料かつ業界でも最高水準のスプレッドであるコスト面です。0.5pipsというのは為替のプロのディーラーと同じ取引環境なのです。個人投資家がプロの機関投資家と同じような環境で取引できるのは他の業者にはマネできません。メジャー通貨ペアはFXTSとさほど変わりませんが、マイナー通貨ペアのスプレッドも非常に狭くコスト面を意識する人にとっては最高でしょう。YouTubeにアップされているように、ここは米雇用統計の時もスプレッドを維持していますので短期売買するならここを外す理由はありません

・スワップ金利を貯める人
ライブスター証券はスワップ金利も非常に高くなっています。例えばトラリピで有名なマネースクエアやスワップ金利は低いですが、そのマネースクエアと比較すると30円ほどの差があります。例えばマネースクエアの豪円スワップ金利が60円のとき、ライブスター証券は90円近いのです。なので倍率にしておよそ1.5倍の差がつきます。長期ホールドすると相当な差がつきます!

・ マイナー通貨ペアの取引
ライブスター証券は情報のサービスなどはほとんどなく、環境の面ではあまり期待できません。しかし余計なコストをかけていないためか取引のコストが非常に安くなっています。特にメジャー通貨ペアだけでなく、マイナーな通貨ペアのスプレッドも非常に狭くなっているのが魅力です。例えばメジャー通貨同士でありながらスプレッドがどこも広いEURGBPや、スイス中銀の介入で注目されるEURCHF、欧州通貨とオセアニア通貨の組み合わせであるEURAUD、などのスプレッドはどこのFX業者よりも安いでしょう。こういった通貨ペアを取引する人にとってはここは最高の環境です。ここ以外にマイナー通貨ペアのスプレッドが狭いところなどないのですから。

・ 取引メインの口座
ライブスター証券は、ひまわり証券やFXプライム byGMOのような情報を取得する業者とは違い、取引環境に重点をおいたFX業者です。そのためコストは安いのですが、情報サービスやセミナーに不満が残ります。サービスやセミナーはひまわり証券やFXプライム byGMOで受けるとして、ライブスター証券は取引するだけと割り切った使い方をすることがオススメです。

・ デイトレのメイン口座
デイトレなどの短期売買をする際にはレートの誤差やサーバーダウンなどのリスクをできるだけ避けるためにも2社以上に口座を持っておくことが賢明です。そしてこのライブスター証券は短期売買のFX会社なので、ここをメインの口座として他の業者でサブ口座を1~2つ持っていることが望ましいです。サブ口座の候補となる他の短期売買業者としては外為オンラインやMJなどの業者が候補になるでしょう。

>> ライブスター証券の口座開設はコチラから <<

ライブスター証券の携帯・モバイル対応

【ライブスター証券のFXアプリ】

ライブスター証券にはFX専用アプリがあります。iアプリです。ワンクリック注文や、チャートからの注文に対応しています。

【ライブスター証券のスマフォアプリ】
ライブスター証券にはスマフォアプリが用意されています。スマートフォンではiPhoneやAndroidアプリがあります。またタブレットにも対応しており、タブレットではAndroidとiPadのアプリが用意されています。リアルタイムで為替レート更新や、ワンクリック注文、スリッページの設定や取引数量を通貨ペアごとに自由にカスタマイズできます。「ロウソク足」・「平均足」、「Bid」」・「Ask」、「1分足」・「5分足」・「10分足」・「15分足」・「20分足」・「30分足」・「1時間足」・「2時間足」・「4時間足」・「8時間足」・「日足」・「週足」・「月足」、自由に選択できる上に、11種類のテクニカル指標…移動平均線(SMA)、指数平滑移動平均線(EMA)、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、RSI、DMI、RCI、ストキャスティクス、スローストキャスティクス、乖離率が用意されています。




>> ライブスター証券の口座開設はコチラから <<

総合評価 評価の理由 5段階評価
短期売買
デイトレ派
ライブスター証券は手数料無料でかつスプレッドが非常に安くなっています。特にGBPUSD、EURGBP、EURCHFなどのクロス円以外の通貨ペアのスプレッドは非常に狭いです。クロス円の取引はもちろんクロス円意外の取引も行う人にとっては最高の環境となります。 ★★★★★
長期投資
スワップ派
システムは外為オンラインやFXTSと同じI&ASであり、マイナススワップが多くその分プラスのスワップ金利も高いという仕様は同じです。スワップ金利の絶対値は非常に高いNo.1水準です。ただしランド円はスプレッドが広いので、豪やNZ関連のスワップ投資のほうが向いています。短資会社より会社が小さいところがセントラル短資FXに劣るとこです。 ★★★★★
コスト面
スプレッド+手数料
南アフリカランド(ZAR)のスプレッドは15pipsと非常に広いですが、それ以外のペアは業界一狭く、もちろん手数料無料なのでコストは業界でも最安です。特にクロス円以外の通貨ペアのスプレッドは他の業者よりも圧倒的に狭く、株、先物と続いてFXのコストも最安です。 ★★★★
安全性
資産管理+信頼性
知名度こそありませんが設立が昭和23年と非常に歴史があり、行政処分などの前科もありません。信託保全先も日証金信託銀行と三井住友銀行の2箇所に分散されており安心です。ISホールディングスと同じグループということで外為オンラインやアイネット証券と同じくらい、それ以上の信頼性と言えるでしょう。 ★★★★
サーバー 外為オンラインのシステムより優秀であり、かなり動作が軽い良質のシステム。ツール自体もWindows、Macなどのパソコンの環境を選ばないので万人向け。YouTubeの動画では米雇用統計時もスプレッドが広がっていませんでした。しかし、さすがに値は飛んでいます。 ★★★★
情報サービス 情報サービスはほとんどなし。セミナーも単発ものでサービスには期待できません。一応公式のブログを作ったり、YouTubeに動画をアップしたり、メールマガジンなどを発行していますが、正直個人レベルとあまり変わらない水準です。情報には期待できません。 ★★
評判・人気 株式取引や先物では手数料の安さが有名であり、かなり人気もあります。しかしFXサービスに関しては知名度が非常に低い業者です。ですが、じわじわ顧客も増えています。 ★★★
携帯・モバイル 外為オンラインやFXTSと同じI&AS系のシステムで、モバイルツールも大分充実しています。スマートフォンではiPhoneやAndroidアプリがあります。またタブレットにも対応しており、タブレットではAndroidとiPadのアプリが用意されています。リアルタイムで為替レート更新や、ワンクリック注文、スリッページの設定や取引数量を通貨ペアごとに自由にカスタマイズできます。 ★★★★
総合判断 最安水準であるスプレッドと手数料無料から短期売買に非常に適しています。またスワップ金利も高いため短期売買、長期にもどちらにも使える高いスペックです。ただし情報サービスに全く期待できないため取引だけをする口座としての利用が最適でしょう。これだけ取引環境が良くてコストが安いのにあまり人気がないのは意外です。おそらくDMMFXのように宣伝を大きくしてないからでしょう。 ★★★★★


>> ライブスター証券の口座開設はコチラから <<
★FXで大儲けして勝ち組になれる人は ”今すぐに” 行動ができる人です★


当サイトはライブスター証券さまタイアップを実施しており
当サイトより口座開設していただけると
"ゾーン~相場心理学入門" をプレゼントさせて頂きます


アイディーオー証券株式会社


ライブスター証券の最大の魅力は
株式や日経先物の評判と同じく業界最安の手数料、コストです
特にマイナー通貨ペアのスプレッドは非常に安く
GBPUSD、EURGBP、EURCHF、EURAUDなどを取引する人にとっては最高の環境です!
ライブスター証券のURL : http://www.ido-sec.co.jp




ライブスター証券の詳細データ
会社名 ライブスター証券
URL http://www.ido-sec.co.jp
上場 なし
資本金 21億円
株主・出資者 ISホールディングス
デモ取引 あり
使用システム I&AS(外為オンライン系)
システムの内容 ブラウザ上でログイン
システムの重さ 全く気にならない
資産管理方法 全額信託保全
保全先 日証金信託銀行、三井住友銀行
ロスカット 80%
携帯(モバイルサイト)
携帯(FX専用アプリ)
携帯(iPhone)
サービス名 ライブスターFX2
最低取引通貨単位 10,000通貨
手数料 無料
スプレッド(USDJPY) 0.6pips、EURGBPが0.5pips、GBPUSDが1.2pips
通貨ペア 24
ZAR
TRY ×
ISK ×
レバレッジ 200 → 50 → 25
初回入金 5万円
オンライン入出金
両建て
スワップ金利の扱い 含み益
通知メール
情報サービス FXWAVE
MarketWin24
備考 マイナー通貨ペアのスプレッドが一番狭い
セミナー Youtubeへ解説動画をアップしている
キャンペーン なし
>> ライブスター証券の口座開設はコチラから <<

デイトレード向け

 

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved