セントラル短資FX、グループ100年の歴史

セントラル短資FXは100年の歴史をもつセントラル短資グループ

FX会社:セントラル短資FXは100年の歴史をもつセントラル短資グループの会社です。セントラル短資はインターバンク市場で仲介業務を営む金融グループです。資金 決済取引、国債、社債、外国為替、金融デリバティブなど、国内外の多様な金融取引をセントラル短資グループ各社が仲介し、日々の経済活動に欠かせない金融 市場の安定性と流動性の確保に貢献しています。

※ なぜ短資会社だと安心なのか?

短資会社とは短期金融市場で金融機関同士の取引が常時円滑に行われるように市場の仲介業務を担う会社です。つまり短資会社は市場が円滑に取引されるためには、なくてはならない非常に重要な存在なのです。そのため短資会社がなくなることは金融業界にとって死活問題であり倒産することはまず考えられません。

そう、短資会社とは郵便局のように事実上倒産が考えられない会社なのです。

特にセントラル短資グループは前身の山根短資以来100年以上の歴史をもつ由緒ある伝統と格式が備わった企業グループです。決して表には出てこず知名度もありませんが、その歴史が高い信頼性を証明してくれます。


セントラル短資の歴史

セントラル短資は、2001年4月に名古屋短資、日本短資、山根短資の3社が合併して誕生しました。

前身となったその中の一社・山根短資は、明治42年 (1909) に「山根ビルブローカー」として、当時世界の金融市場の中心・ロンドン金融市場のビルブローカーを模して営業を開始しました。

日本短資の前進である「日本 割引短資」は昭和31年 (1956) 、名古屋短資は昭和38年 (1963) に 創業し、その後、変化の激しい日本の金融市場に対応するため、3社が合併、現在、日本のリーディングブローカーとしてインターバンク市場で大きな役割をは たしております。

関連記事