2012年のFX業界:業界の正常化と停滞、バイナリーオプション規制

路線が確立してサービス特化になっていく2012年

規制も終わり、犯罪業者や弱小業者も淘汰された2012年のFX業界では大きな変化も終了したと言っていいでしょう。いくつかの弱小業者の廃業や事業譲渡が小粒に起こりましたが、FX業界を騒がせるような悪質業者などはめっきり聞かれなくなり、業界の正常化という喜ばしいことが先人投資家の犠牲によって完成しました。

税率も20%に統一されたことで差別もなくなり、より公平になりました。しかし同時に規制が増えた2012年はよりサービス重視が鮮明となり、各FX業者とも自社と他社の差別化を図る行動を取って行きます。

つまりサービス重視からサービス特化へとなっていくのです。「このサービスは我社でしかできません」 といった独自サービスを前面に押し出してきます。マネースクエアが特許を取ったトラップリピートイフダンなどはその一例になるでしょう。特許を取り、他社が真似できないサービスとしてオンリーワンの会社を目指していくのです。他にはスプレッドをサービスとして重視するGMOクリック証券とDMM.com証券によって激しいスプレッド競争も加速し、クロス円であれば0コンマのコストで取引できるようになっていきました。しかしスプレッド競争はパイの奪い合いに終始し、各社とも利益を削るだけになりました。

「バイナリーオプション」 が台頭

そしてなんといってもGMOクリック証券を筆頭に新しいサービス 「バイナリーオプション」 が台頭していきます。上がるか・下がるか、シンプル二択のそのトレードは単純明快であるがゆえにFXよりも早いスピードで急速に広まっていきました。しかし早過ぎるが故に業者間の度が過ぎる競争と不正ツール利用者、悪質な情報商材などが新たな問題となりました。

他には ”ハイレバレッジという独自性” を前面に押し出した海外FX業者や海外のバイナリーオプション業者も台頭してきます。このように2012年において一通りの規制が終了した日本の店頭FX業界は一種の成熟を迎えます。そのためFX関連では大きな動きが出にくくなり、新しいサービスであるバイナリーオプションや海外のFX業者などの動きが活発になっていきます。一連のスプレッド競争によって各社ともFX取引での利益を出しにくくなってしまい、新しいサービスや新しい商品を業界も投資家も求めていくのです。

2012年はサービス重視から特化型になり、
バイナリーオプション台頭の年

2012年の金融事件

1月25日 米連邦準備理事会(FRB)が2%のインフレターゲット導入と2014年末までゼロ金利政策の維持を発表。
2月14日 日本銀行が「中長期的な物価安定の目途」を設立(バレンタイン緩和)。  

2012年に熾烈な競争から脱落したFX業者

2012年2月:コスモ証券FX終了→強制決済

2012年4月: MF Grobal FXA証券がFX事業撤退

2012年7月:サンキャピタルMFX終了→強制決済

2012年8月:外為ジャパンがDMMグループ傘下に。

2012年8月:イニシア・スター証券、フォレックスクラウンにFX事業譲渡

2012年9月:スター為替証券、インヴァスト証券にFX事業譲渡

2012年9月レクセム証券、FXサービス終了

2012年10月:楽天証券、CFDサービス終了→強制決済

2012年10月:CMCMarketsJapan撤退→強制決済

2012年11月:kakakufx、サクソバンク証券FXにFX事業譲渡

2012年12月:三田証券、インヴァスト証券にFX事業譲渡

2012年12月:フェニックス証券、ヒロセ通商にFX事業譲渡

2012年12月:GFTが全世界でFX事業終了、GFT東京支店廃業

2012年12月:YJFX!、ヤフーにFX事業譲渡

2012年のFX業界事件一覧
日付概要内容
2012/01/20事業譲渡豊証券が「ゆたかFX」をフィリップ証券へ事業譲渡(大証FXに関しては引き続き継続)
2012/02/22FX事業撤退ヴォイスコム
2012/04/05FX事業撤退MF Global FXA証券
2012/04/25FX新規参入王子証券
2012/05/01合併岩井証券とコスモ証券が合併して、岩井コスモ証券へ
2012/05/30FX新規参入SBI FXトレード
2012/07/06FX事業撤退サン・キャピタル・マネジメント
2012/08/01株式譲渡ソニー銀行がマネックスグループへ株式譲渡
2012/08/01株式譲渡FXプライムがGMOクリックホールディングスへ株式譲渡
2012/09/01事業譲渡外為ジャパンがFX事業をDMM.com証券へ事業譲渡
2012/09/01社名変更外為ジャパンがPLANEX TRADE.COMへ
2012/09/14FX事業撤退今村証券
2012/10/01事業譲渡外為ジャパンがCFD事業をDMM.com証券へ事業譲渡
2012/10/01商号変更エース交易がエース交易ホールディングスへ事業承継
2012/10/20FX事業撤退レクセム証券
2012/11/01FX新規参入プレミア証券
2012/11/30FX事業撤退CMC Markets Japan
2012/12/02事業譲渡三田証券がFX事業をインヴァスト証券へ事業譲渡
2012/12/02事業譲渡スター為替証券がFX事業(くりっく365および店頭FXともに)インヴァスト証券へ事業譲渡
2012/12/05登録取消イニシア・スター証券
2012/12/14FX事業撤退ひろぎんウツミ屋証券
2012/12/14事業譲渡フェニックス証券がヒロセ通商へ事業譲渡
2012/12/22事業譲渡GFT東京支店(顧客はPLANEX TRADE.COMへ譲渡<efx.com経由の顧客も含む>)
2013/01/19事業譲渡カカクコム・フィナンシャルがサクソバンク証券へ事業譲渡
2013/01/31株式譲渡YJFX!がヤフーへ株式譲渡
2013/03/16FX事業撤退安藤証券
選抜したFX会社

初心者向け

中級者以上向け

個人的に使いたくない

初心者でもできる資産運用
✓なぜ初心者でも大丈夫なのか

AI(人工知能)による自動運用
個人のスキルや知識は影響しにくい

投資先の分散と長期的運用を行う
大損のリスクはほとんどない

行動する人は、行動しない人より、
圧倒的によい成績を残せる!

関連記事