121証券ではメタトレーダー(MT4)によるシステムトレードができる

121証券(旧121FX&ミスター証券)とはどのような業者か?

FX会社同士の合併

121証券は以前の121FXとミスター証券の合併会社になります。正確にはミスター証券が121FXのFX事業を買い取った形になるので旧ミスター証券になりますね。この合併によって両社の利点をそれぞれ生かしたサービスを行ってきましたが、日本で最初にMT4:メタトレーダーを導入したことで一気に有名になりました。121証券は日本のFX業者で初めてMT4を導入したFX業者なのです。まぁ諸事情があるので、同じMT4を利用するならForex.com(フォレックスドットコム)のほうがいいです。

MT4:メタトレーダー導入

121証券の最も魅力的なサービスがこのMT4の利用です。MT4とは ロシアのMetaQueotesSoftware社が開発したMetatrader4という取引ツールの略称であり、世界でも最も普及しているFXの取引システムといってもいいぐらい有名なツールです。このMetatrader4の最大の特徴は、自分でプログラムを形成してそのプログラムでの自動売買が出来る点にあります。そのためプログラムを組める世界中のシステムトレーダーに利用されています。

MT4は日本時間表示

121証券のMT4:メタトレーダーは日本仕様にしようと努力したのか、通常のロンドン時間ではなく東京時間に設定されています。GMTとの時差を自分で計算できる人なら別に必要ありませんが、日本時間のほうがはるかに見やすいのは確かです。ですが、MT4には様々なインディケーターが用意されており、それを利用すれば日本時間表示にすることもできます。例えば 「JPN_Time_Sub.mq4」 というインディケーターを導入すれば日本時間にすることもできるので、それほど重要視するほとのことでもありません。

ロボットトレード

121証券が一躍有名になったのが、MT4:メタトレーダーによる自動売買口座です。ロボットトレードとはシステム取引に対応した取引コースであり人間が何にもしなくてもコンピュータが勝手に相場を分析して取引してくれる自動売買ツールです。システムトレードは指定されたプログラムの通りに取引をして、指定されないことは絶対に行いません。そのため感情的なブレがある人間よりも安定した取引ができるのです。お金がからむと人間には欲望とか、恐怖とか、パニックとかいろんな感情がからんでくるので冷静な判断ができなくなりますね。しかしロボットには感情はありませんのでいつも通りに取引をすることができるのです。

MT4によるロボットトレード

・・・ 121証券はレクセム証券に社名変更して、結局廃業 ・・・

MT4口座なら、AlpariJapan(アルパリジャパン)がお薦め

関連記事