空売り、先物・オプションなど様々な手法を駆使するオルタナティブファンド

オルタナティブファンドとは

オルタナティブ(alternative investment)とは、従来の株式や債券だけに投資した伝統的な方法ではなく、空売り、先物・オプションなどの様々な投資方法を駆使して絶対的リターンを得ようとする運用手法のことです。つまり具体的にはオルタナティブファンドとはヘッジファンド、ファンド・オブ・ファンズ、IPO、マネージド・フューチャーズ、マネージド・カレンシー、不動産、ベンチャーキャピタル等、幅広い投資をするファンドのことです。ヘッジファンドがオルタナティブファンドの一つの種類なので、ヘッジファンド=オルタナティブファンドというわけではありません。なお、オルタナティブを「代替」として訳することもあります。

オルタナティブファンドとはヘッジファンド、ファンド・オブ・ファンズ、IPO、マネージド・フューチャーズ、マネージド・カレンシー、不動産、ベンチャーキャピタル等、幅広い投資をするファンド

オルタナティブファンドのメリット・デメリット

オルタナティブファンドは伝統的な株式や債券といったものではなく、ベンチャー企業や、企業再建、ヘッジファンド、不動産に投資を行います。今までこういった特殊な投資は富裕層や機関投資家のような特権階級の人しか投資できませんでした。

そういった一般の投資家が直接投資できない投資先のため、個人では手に入らないチャンスを手に入れることができます。また、オルタナティブファンドのコスト特徴は成功報酬であることです。成功報酬ということは、つまり成功したのみ信託報酬が発生するのです。一般のファンドはたとえ運用がマイナスでも信託報酬をきっちり持っていきます。それに対してこちらはマイナスになればコストがかからないのです。

しかしオルタナティブファンドは、設立からそれほど歴史が無いために、運用方法が確立していなかったり、しくみが複雑で何重にもコストがかかり、手数料が割高になることがあります。また流動性が低いものを投資対象とするファンドは、投資の回収に時間がかかる場合がありますし、投資先が見つからなければ数年間資金を動かさないこともあります。リターンを得て投資家に償還される時期が決まらないということもあります。

【オルタナティブファンドのメリット】

・ ベンチャー企業や、ヘッジファンドなど一般の投資家が直接投資できないものに投資できる
・ 投資金額は1万円からとリーズナブル
・ 成功報酬であることが多く、運用失敗時には余計なコストがかからない
・ 個人では手に入らないチャンスを手に入れることができ
・ 敷居が高いヘッジファンドに投資できる
・ ヘッジファンド専用のローカル市場に間接投資できる

【オルタナティブファンドのデメリット】

・ 運用方法が確立していなかったり、変更になる場合がある
・ しくみが複雑で何重にもコストがかかり、手数料が割高
・ 投資の回収に時間がかかる場合がある
・ 投資先が見つからなければ資金が拘束されたまま

オルタナティブはREITやヘッジファンドなどに
投資する前衛的な投資信託

オルタナティブファンドの例

オルナティブフンドにはいくつかの種類があります。

ベンチャーキャピタルファンド

将来、成長しそうな新興企業に投資を行い、企業の成長をサポートするものです。例えばITバブルの前にライブドアに投資していれば驚異的なリターンを得ることができますね。しかし同時にリスクも大きいです。最悪倒産してしまったら一銭も戻ってこない可能性もあります。(ライブドア・ショックがいい例です・・・って倒産はしていないか)

企業再生ファンド

経営が傾いている企業に資金と人材を送り込み、建て直しを図って企業価値を高めた上で資金を回収するというものです。一般的に企業再生ビジネスと呼ばれるものですね。外国ではそれを専業としているジェイ・ブリッジ、アポロ、プリヴェチューリヒ企業再生グループなどがあります。再生した企業ではダイエーや新生銀行などが有名ですね。

ETF

 → ETFの説明ページ
株式市場の ”指数” に投資する上場しているファンド

REIT

 → REITの説明ページ
不動産やオフィスなどに投資する不動産投資信託

ファンドオブファンズ(FOF)

 → ファンドオブファンズの説明ページ
ヘッジファンドなど、投資信託そのものに投資する投資信託

コモディティファンド

 → コモディティファンドの説明ページ
穀物や原油、金属などの商品市場に投資する投資信託

コンテンツファンド

 → アイドル音楽ゲームファンドの説明ページ
新人アイドルや音楽アーティスト、ゲームやアニメなどのコンテンツに投資する投資信託

 

オルタナティブファンドにはどうやって投資するか?

日本では、オルタナティブという認識自体があまり浸透しておらず、定義が曖昧なのでオルタナティブとして販売されている投資信託はごくわずかになります。

REITやファンドオブファンズなどをすべてオルタナティブファンドとすれば、大半の投資信託がオルタナティブファンドになるのですが、オルタナティブファンドとして販売しているのは現在ではほとんどありません。

 

ヘッジファンドと同じ

どのファンドも従来のものと決定的に違うのは、ヘッジファンドのように株式現物を持ちつつ指数先物を同時にカラ売りしたりオプションを持ったりするリスクヘッジの戦略です。

アービトラジー戦略やマクロ戦略、マルチストラテジー戦略など様々な戦略をとり、できるだけリスクを分散して、カラ売りやオプションでリスクヘッジをしつつ、確実に儲かる投資方法をとっているのです。この点はほとんどヘッジファンドと変わりありません。むしろ、たった1万円からリーズナブルに投資できるオルタナティブファンドのほうが効率がいいと言えますね。どうしてもヘッジファンドのようなリスクヘッジの戦略を取りたい方はこのオルタナティブファンドに投資する価値があるでしょう。