一部の勝ち組に富が集中し、貯蓄ゼロの人が増えて貯蓄格差が起こっている

日本人は貯蓄好きの民族

日本人は世界的に貯蓄好きの民族と言われています。決定的な理由はわかっていませんが、おそらく農耕民族を祖先に持つために、災害や飢饉の対策のための備蓄を備えることが遺伝子に組み込まれているからとも言われています。何かを貯めることがとても好きなので、コレクターが多かったり貯金好きな人が多いのかも、そういった理由からかもしれませんね。勝ち組からすれば、資産運用やお金の知識に疎いために貯金しか知らないからだとも言われています。

しかし、格差社会が拡大している現代においては、貯蓄がゼロである世帯が急激に増えているのです。これは貯蓄をしなくなったのではなく、単純に生活苦で貯蓄ができなくなったことは容易に想像できるでしょう。つまり貯金したくてしたくてたまらないはずなのに、お金がなくて貯金できない人がどんどん増えているのです。

貯蓄ゼロ世帯は4つに1つにまで広がった

貯蓄ゼロの世帯は4つに1つまで広がった左の図は貯蓄ゼロ世帯の推移や就学援助、生活保護世帯の数の推移を表したものです。この図を見れば一目瞭然ですが、貯蓄ゼロの世帯は2005年には25%に匹敵する勢いまで上昇しました。今では30%まで到達している情報もあります。

貯蓄ゼロ世帯数だけでなく、就学援助世帯の増加、生活保護世帯の増加も如実に表れています。特に高いのは貯蓄ゼロ世帯の25%です。これは100人に25人近く(最近では30人)が貯蓄ゼロというわけですから、全世帯の4つに1つは貯蓄がゼロになっているということです。

貯蓄ゼロになった理由はいろいろあるという専門家もいます。貯蓄から投資にお金が回ってきたので、貯蓄は減ったが、その分のお金を投資に回しているだけなので全体的なお金の量は変わっていないという説明です。確かに21世紀になって株やFXなどの投資をする人が多くなりました。しかしそんなに多いでしょうか?そんなに大金を投資に回しているのでしょうか?試しにあなたの周りの人に聞いてみてください 「貯蓄を崩して投資にまわしている?」 と。 おそらくほとんどの人がNOと答えるでしょう。そしてこう付け加えるはずです。 「貯蓄は生活費に崩しているだけ、投資する余裕なんてないよ」 と。そう、ほとんどの世帯で生活は苦しくなっているのです。彼らは投資するために貯蓄を崩したわけではなく、生活費が足りなくなったから貯蓄を取り崩しただけなのです。ではどれだけ生活費に困っているでしょうか。

貯蓄ゼロの理由は支出の増加

支出は増加し、賃金は上がらない・・・これでは貯蓄を崩すしかなく、貯蓄する余裕すらない

上の図は家庭の貯蓄に回せるお金の分(貯蓄率)と、賃金、支出をグラフ化したものです。ご覧のように家庭の貯蓄率は目に見えて低下していくことがわかります。その原因は、21世紀になってから賃金が減少し、支出が増加したからです。

【賃金の減少】
21世紀になって大企業はリストラによる人件費削減をスムーズに行うことができました。なぜなら大企業の利益を守ろうする政府が後押しをしてくれたからです。また労働者にも、リストラなどの突然の解雇に対する知識や経験がないことも災いしてほとんどの人が会社に言われるままにリストラされました。そのため比較的問題も起こらずにリストラをすることができ、残った社員の給料を削減したり、非正規社員への転換も簡単に行えました。このことにより、ほとんどの世帯では賃金は上昇どころか、減少しました。

【支出が増加したら貯蓄を崩すしかなくなる】
しかし世界的なインフレの影響を受けて、家庭の支出はどんどん増加していきます。賃金が減少し、支出が増加すれば当然家計が赤字になるでしょう。そうしたらもう、貯蓄を切り崩すしかありません。こうして生活が苦しくなっていくので貯蓄を切り崩すしか無くなり、貯蓄ゼロの世帯がどんどん増加しているのです。下の図は文部科学省が行った貯蓄率低下における主たる原因をアンケートした調査結果です。ご覧のように 「収入が減ったから貯蓄を崩した」 という生々しい本音がブッチギリのトップになっています。

貯蓄残高が減った一番乗り湯は収入が減って、生活のために貯蓄を崩すしかなかったため

それなのになぜ平均貯蓄額が1,600万円なのか?

現在は4世帯に1世帯、もしかしたら3世帯に1世帯が貯蓄ゼロになり、ギリギリの生活をしていることになります。しかし別の統計では日本人世帯の平均貯蓄額は1,400万円とも1,600万円とも言われています。あなたの家庭にはこれと同じくらいの貯蓄があるでしょうか・・・もちろんある人もいるでしょうが、無い人が多数のはずです。これはなぜでしょうか・・・それは平均という算出方法の盲点が原因です。

平均貯蓄額が1500万円にも及ぶ理由、それは一部の勝ち組がとんでもない金額を保有しているから

上の図は各貯蓄額における世帯数のグラフです(拡大してみてください)。これによると貯蓄ゼロの世帯は1000世帯以上あるのですが、同時に貯蓄額が7000万円以上もある世帯もかなりいるのです。ここに平均の落とし穴があります。

平均の算出法は簡単ですね。すべての数字を合計した数を合算した数で割ればいいのです。では仮に1億円もっている人が1人いて、残りの9人が貯蓄ゼロの場合、平均はいくらになるでしょうか?

(1億円+0+0+・・・+0)/10人 = 1,000万円 となります

なんと貯蓄ゼロの人が9人もいるのに平均は1,000万円にもなってしまうのです。これが平均の落とし穴なのです。かなりの世帯が貯蓄ゼロでも、1人だけとんでもない額の貯蓄をもっていれば平均が底上げされてしまうのです。このように今の日本では一部の勝ち組が何億、何十億円もの資産を保有しているので、例え貯蓄ゼロ世帯が増えようとも平均は1000万円を超えている結果になってしまいます。ハッキリ言って平均という数値ほどあてにならないものはありません。

スポンサードリンク

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved