格差社会を感じる一番身近な現象 : 所得格差・年収格差はどんどん広がる

弱肉強食の時代が到来し、会社員にも格差が出始めた

以前の日本は高度経済成長によって国民全体が豊かになっていたために、一億総中流社会と呼ばれてました。会社に就職しさえすれば、終身雇用と年功序列型の賃金体系によって死ぬまで豊かな生活を会社が守ってくれていたのです。そのためいい会社に就職することが人生の成功方法と教えられた人も多いでしょう。ところが、皆さんご存知のとおり、バブル崩壊後の「失われた10年」 が到来し、この体系は大きく変わります。

1990年代に入り、高度経済成長は終焉してその反動ともいうべき長い不況が到来します。 多くの企業は業績が急激に悪化し、人件費を抑制するために新卒を絞り正社員をリストラし、使い捨てができる非正規社員へ移行し始めました。残った正社員に対しても、全員に等しく給料を払うようなことは無くなり、成果主義制度を導入します。この制度によって高いパフォーマンスを示す社員は高給で優遇し、ダメな人間はリストラされるというようになる弱肉強食の時代になっていったのです。このため、現在の会社では会社員同士の激しい競争が行われています。いい会社に就職することが人生の成功方法と教えられてきた若者の多くは会社へ就職できなくなり、非正規社員として働かざるを得なくなる状況になりました。しかしその一方では、この時流にうまくのることで若くしても大金を稼ぎ出す人が出始めました。俗に言う 「勝ち組」「負け組」 の出現です。

この弱肉強食の時代の到来で、格差社会を生き残る術を知っているものは大金を稼ぎ 「勝ち組」 へとなりました。しかし格差社会を生き残る術を知らない無知な人の多くは、会社や政府に搾取され 「負け組」 へと転落していきます。弱肉強食の時代の到来では、格差社会を生き残る術を知っているか知らないかで大きな収入格差が生まれてきているのです。

年収格差・所得格差が広がり300万円稼げない人が増えている

年収300万円以下の割合はどんどん増加している

上の図は最近の年収300万円以下サラリーマンの割合の推移を表示したものです。ご覧のとおり、年度を経るごとにその割合はどんどん増加しています。2002年には年収300万円以下の割合は34%ほどでしたが、最近では40%を超えるところまで増加しています。約4割弱近くの人口が年収300万円以下となっているのです!

その最も大きな理由は、こういった下流の人たちには格差社会を生き残る知恵というものが無いために、その無知を利用した会社や政府に搾取され、どんどん搾取されていることです。庶民にわからない増税や、偽装請負などがそのいい例でしょう。

一方で1,000万円以上の人は増えている

各収入別において、どれぐらいの人口があるか

上の図は年収を階層別に表示したものです。ご覧の通り、サラリーマンの平均給与といわれる300~500万に集中していることがわかります。しかしこの図で特徴的なのが1000万以上のところが不自然に多くなっているところです。実は、ここにいる人たちこそ、格差社会を生き残る術を知っている人たちです。彼らは格差社会において、企業や政府の建前と本音を見抜く眼力を持ち、投資によって大金を稼ぎ 「勝ち組」 となった人たちなのです。このように格差社会を生き残る術を知っている人と知らない人の2極化が年収の2極化をも生んでいるのです。

30代における同年代の年収格差・所得格差

30代における同年代の年収格差

上の図は 「失われた10年」 の影響をモロに受けてネットカフェ難民やワーキングプアが問題となっている30代の同年代における年収格差を表示したものです。30代では会社での出世などの影響は少ないかと思いきや、なんと同年代において1,000万円もの年収格差が生じているのです。ネットカフェ難民やワーキングプアの年収が100万程度なのに対して、稼いでいる人は1,000万円を超えて、年収格差は実に10倍にもなっています。

年収200~250万のところはが非常に少ないのに、年収200万円以下のところが不自然に急激に増加しているのも、ここには格差社会の犠牲者ともいうべきネットカフェ難民ワーキングプアの人たちがかなりいるからです。これに対して30代にも関わらず年収が1,000万円を突破している層もかなりいます。ネットカフェ難民やワーキングプアが問題になっている30代の方ですが、その中にも格差社会を生き残る術を知り、大金を稼いで 「勝ち組」 へとなっている人たちがいるのです。

ちなみにこういった勝ち組の方々にはエリートサラリーマンや実業家、資格保持者がかなりを占めています。司法書士や行政書士、簿記、社会福祉士、社会保険労務士など ”金になる資格” を取ってスペシャリストになる以外に道はありません。そのため最近のZ会のような実力のある資格講座や通信教育には30代の方の応募者が殺到しているのです。

スポンサードリンク

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved