マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

サポートとレジスタンスが相場を支えたり押さえ込む

サポートとレジスタンスとは

FXで勝ち続けるためには勝つための分析というのが絶対に不可欠です。勉強しない奴が勝てるわけがありません。そこで重要なのがテクニカル分析です。テクニカル分析ではチャートをみて、その傾向:トレンドを把握することで将来を予測する分析です。そしてそのトレンドを示すようなトレンドラインを書くことができましたね。今度はそのトレンドラインと似たサポートラインレジスタンスラインについて説明しましょう。

サポートとはその名の通り "support" で支えるという意味ですね。支えるということで ”支持線” とも呼ばれます。そしてレジスタンスとは ”resistance” となり抵抗という意味を示すものです。 ”抵抗線” とも呼ばれます。ここまで言えばなんとなくイメージがつく人もいるでしょう。サポートラインとは相場の下落を支える線、そしてレジスタンスラインとは相場の上昇の抵抗となる線のことなのです。トレンドラインと同じように、人間は前の高値や安値をどうしても意識してしまうのです。そのため同じようなところで停滞してはねかえされたりすることが多くなります。だからこのような線によって支えられたり、阻まれるように見えるのです。

サポートは下落の支え。レジスタンスは上昇の抵抗

トレンドラインも支えや抵抗になる

このサポートライン、レジスタンスラインは別に直線でなければいけないという理由などありません。上の図でも多少ローソク足がズレているように多少のズレなど誤差の範囲内ですし、トレンドラインのような斜めの線もサポートラインやレジスタンスラインになるのです。下の図はトレンドラインで説明をしたチャートの図ですが、このチャートでもトレンドラインが上昇局面ではサポートラインとして機能しており、下落局面ではレジスタンスラインとして機能していますね。

トレンドラインもサポートやレジスタンスになる

サポート・レジスタンスをブレイクすると

しかし相場というのは、いつもサポートで支えられたり、レジスタンスで反発してくれるわけではありません。もちろん意識するでしょうが、時にはラインを割ってしまうこともあるのです。するとどうなるか?これもトレンドラインと同じように、いままで強気の理由になっていたものが無くなった投資家たちは、それこそパニックになって反対売買をするのです。これをトレンドラインと同じように、サポートがブレイクされた、レジスタンスがブレイクされたといいます。今まで支えになってきたサポート・レジスタンスが壊れて通用しなくなったので、ブレイクというのです。こういう場合は反対の方向へ大きく相場が動くことがあります。支えが無くなって投資家の恐怖心理が働くからですね。

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved