FXでは介入で強制的に円安にする日本銀行の動きに注意

日銀の介入とは

FXには様々な経済指標や各国政府・中央銀行の要人の発言が為替相場に影響を及ぼします。これらの情報は、FX業者が提供している情報サービスを見ていれば、ほとんどが手に入れられる情報でした。しかし、中にはこれらに属さないものがあるのです。それが日銀の介入です。正確には中央銀行の為替介入といいます。

ご存知の通り、わが国:日本は輸出大国です。天然資源をもたない日本は、自国の優秀な技術力を駆使した製品を作り、それを外国に売ってお金を稼いでいるのですね。しかし、そこにはどうしても違う通貨での取引が行われるために円相場の影響を強く受けます。早い話が円安なら儲けが増えて、円高だと儲けが減るってことです。数字で表せば、あの世界のトヨタなどはUSDJPY相場が1円円高になるだけで、400億円も儲けが減ってしまうのです。2008年・2009年は急激な円高で自動車産業は大打撃を受けましたね。そう、日本は他の国とは違って自国通貨高を好まないのです。そのため過度な円高になると輸出産業が困るために、日本銀行が通貨の介入を行って強制的に円安にしようとするのです。これが日銀の介入と言われるものです。日銀が大量に円売りをするので、円相場が円安になりやすくなるのですね。

どうやって日銀の介入を知るのか

さて円相場に影響を与える日銀の介入ですが、正直なところいつ介入が行われるかは投資家にはわかりません。日銀の介入は財務大臣の命令のもとに為替相場に大量の円売りを行うと日本銀行のページには書いてあります。したがって財務大臣に直接聴いてみるしかありませんね。答えてくれるわけありませんが。

しかしこの中央銀行の為替介入というのは、世界的にもあまり評判はよくなく2004年以降は最近も全く行われていません。またどの水準で介入が行われるかも、非常にあいまいで一説には、公式に名言していないだけで水面下では介入行為をやっているとのうわさも聞かれます。ともかく、日銀の介入というのはいつ行われるかはわかりません。ただし介入が行われるような円高水準になれば自然と介入のうわさが流れてきますので、日々のニュースやアナウンスに注意するしかないと言わざるを得ません。

またこの為替介入を行うのは何も日本銀行に限った話ではありません。2009年にはリスク回避で買われすぎて通貨高を起こしていたスイスフランを安くしようと スイス中銀がスイスイフラン売り介入を行ったことがあるのです。このときは異常なほどのスイスフラン安をひきおこしてしまい、為替相場は大混乱を起こしかけました。

2010年9月15日の為替介入チャート

2010年9月15日の日銀介入チャート

2010年9月15日、AM10:35、日本銀行は2004年から実に6年半ぶりとなる為替介入を行ないました。その当時の状況は、前日の9月14日に政権をとっていた民主党の代表選挙があり、事実上総理決定戦を行っていました。菅直人と小沢一郎の対決により政局は完全に不在の状況であり、投機筋はそのスキをついた円高構成を行っており、円は15年ぶりの高値をつける超円高がつづいていました。そして為替介入に消極的な菅直人が勝利したことで、投機筋の円買いはさらに勢いを増します。このような状況下で6年ぶりの為替介入は実施されることとなったのです。

15日の10:35に最初の介入が行われたからドル円相場は、まるで竜があがったかのように一本調子で上がり続けました。1週間以上上値を抑えていた84円台を突破するとますます上昇します。このとき日銀はなんと1兆円もの巨額の介入を行っていたのです。下の介入履歴を見ても、たった数時間で兆の単位を超える介入は史上初であることがわかります。さらに欧州時間に入っても日銀は断続的に介入を続けて、ドル円は+300pipsの85円の後半まで上昇したのです。それまでドル円の平均ボラティリティは1円~1.5円だったことからも、その介入は史上に大きなインパクトを与えるものとなりました。たった1日で2兆円もの介入を行ったチャートが上の図です。

2004年までの日銀の介入履歴

日銀の介入履歴
日時ドル円相場介入金額
2010年9月15日82 – 83約2兆円
2004年3月17日以後介入なし
日時ドル円相場介入金額
3月16日108 – 109678億円
3月15日109 – 1104075億円
3月11日1103629億円
3月10日110 – 111693億円
3月9日110 – 1117236億円
3月8日111 – 1128090億円
3月5日111 – 1121兆2446億円
3月4日1101974億円
3月3日110799億円
3月2日109 – 1104219億円
3月1日108 – 1091493億円
2月27日108 – 1091695億円
2月25日108947億円
2月24日1081211億円
2月23日108 – 1091181億円
2月20日107 – 108107億円
2月19日106 – 1071000億円
2月18日105 – 1062410億円
2月17日1051584億円
2月16日105842億円
2月13日1053863億円
2月12日1051336億円
2月11日1054021億円
2月10日1051160億円
2月9日10530億円
2月6日105 – 1061090億円
2月4日105884億円
2月3日1058893億円
2月2日1052512億円
1月30日105283億円
1月28日105 – 1062264億円
1月27日105 – 1061881億円
1月26日105 – 10621億円
1月23日105 – 1061575億円
1月22日105 – 106243億円
1月16日105 – 1064386億円
1月15日1061623億円
1月14日1062071億円
1月13日1061882億円
1月12日106571億円
1月9日106 – 1071兆6664億円
1月8日1067922億円
1月7日1065822億円
1月6日1068185億円
1月5日1068951億円
1月2日1063804億円
2003年12月31日1061581億円
12月30日106371億円
12月29日1061725億円
12月26日1061917億円
12月12日1072925億円
12月11日1071049億円
12月10日1061兆2838億円
12月9日1062914億円
12月8日107876億円
11月21日1081億円
11月20日1081040億円
11月19日1079487億円
11月18日107216億円
11月14日10738億円
11月11日1081425億円
11月10日1073665億円
10月30日107124億円
10月29日1071585億円
10月28日108108億円
10月14日108310億円
10月13日1081404億円
10月10日108549億円
10月9日1083446億円
10月7日1102831億円
10月2日1103332億円
10月1日1102998億円
9月16日1161087億円
9月15日117271億円
9月12日1161兆0178億円
9月11日1164872億円
9月10日1165436億円
9月9日1162633億円
9月8日1162231億円
9月5日1163953億円
9月4日1167055億円
9月2日1162733億円
8月29日1164124億円
7月16日1171726億円
7月15日1166466億円
7月14日1173681億円
7月11日117412億円
7月10日1171744億円
7月9日117236億円
7月8日1172221億円
7月7日1172340億円
7月3日1171508億円
6月25日1172081億円
6月23日117 – 118177億円
6月16日1171464億円
6月13日117869億円
6月12日11770億円
6月6日1171502億円
6月5日117126億円
5月27日116 – 1171086億円
5月21日116 – 1172882億円
5月20日116 – 1172283億円
5月19日115 – 1161兆401億円
5月16日115 – 116698億円
5月15日115 – 1162257億円
5月14日115 – 1163971億円
5月13日1163037億円
5月12日1163302億円
5月9日1172166億円
5月8日116 – 1176914億円
3月116 – 1171兆1769億円
2月1174191億円
1月中1177000億円
2002年6月28日118 – 1195046億円
6月26日1205687億円
6月24日1214290億円
6月4日123 – 1243727億円
5月31日123 – 1241兆312億円
5月23日1244991億円
5月22日123 – 1255871億円
2001年9月28日118 – 1192866億円(24億㌦)
9月27日117 – 1184871億円(41億㌦)
9月26日117943億円(8億㌦)
9月24日116 – 1171172億円(10億㌦)
9月21日116 – 1171兆2874億円(111億㌦)
9月19日1173774億円(32億㌦)
9月17日116 – 1174955億円(43億㌦)
9月12日115 – 1171兆2874億円
2000年4月3日102 – 1051兆3854億円(134億㌦)
3月15日104 – 1058468億円(80億㌦)
3月8日1071501億円(14億㌦)
1月4日106 – 1075753億円(54億㌦)
1999年12月24日1023704億円(36億㌦)
11月30日101 – 1034104億円(40億㌦)
11月29日102 – 1037244億円(70億㌦)
9月14日106 – 1073794億円(35億㌦)
9月10日107 – 1086401億円(60億㌦)
7月21日118 – 1194052億円(34億㌦)
7月20日118 – 1191792億円(15億㌦)
7月5日121 – 1227837億円(64億㌦)
6月21日120 – 1229272億円(76億㌦)
6月14日117 – 1201兆4059億円(118億㌦)
6月10日117 – 1191665億円(14億㌦)
1月12日108 – 1116563億円(60億㌦)
1998年6月17日141 – 1452312億円(▲16億㌦)
4月10日129 – 1312兆6201億円(▲201億㌦)
4月9日131 – 1321957億円(▲15億㌦)
1997年12月17日~12月19日127 – 12810591億円(83億㌦)
マネーパートナーズより引用
選抜したFX会社

初心者向け

中級者以上向け

個人的に使いたくない

初心者でもできる資産運用
✓なぜ初心者でも大丈夫なのか

AI(人工知能)による自動運用
個人のスキルや知識は影響しにくい

投資先の分散と長期的運用を行う
大損のリスクはほとんどない

行動する人は、行動しない人より、
圧倒的によい成績を残せる!

関連記事