マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

相場の支えになっていたサポート・レジスタンスがブレイクされたところを狙う

トレンドライン上での反発は基本

ここではFXで勝つための戦略や考え方を紹介します。為替の動きには理由が存在します。それを分析すれば100%とはいかないまでもかなりの確率で動きを予測できるのです。為替はギャンブルだ、FXで勝つ可能性は五分五分だ、という方もいますが、そういった方のほとんどはテクニカルやファンダメンタルといった基礎的なものを疎かにして、根拠のない取引をして負けています。勉強しない奴がFXで勝てるわけがありません。きちんと必要な知識をもって、チャートを分析し戦略を立てれば十分勝ち残っていけます。

もっとも基本的な戦略がトレンドライン上で反発したところを狙う取引です。相場はトレンドライン上くるとトレンドラインにはねかえされたように動きます。だから相場がトレンドラインの近くまで来た時にラインで反発されると予想して取引をすればいいのです。上昇トレンドライン上にきたら買い、下落トレンド上にきたら売りです。これがもっともポピュラーで、基本的な戦略です。

トレンドラインでの反発を狙って取引

トレンドラインのブレイクを狙った戦略

しかし相場というのはいつもトレンドラインで反発してくれるわけではありません。時にはトレンドラインを割ってしまうこともあるのです。そういったときは今まで相場を支えてきたものが無くなり逆の方向へ大きく動きます。トレンドが変わることも多いです。これを 「トレンドラインを抜けた」、「ブレイクした」 といいます。そうなったときはトレンドラインで反発しなかったわけですから、反発を予想したポジションは損ギリしなくてはいけません。しかし逆に捉えれば、今までと逆の取引をすれば大きな動きを取ることが出来ます。トレンドラインを抜けた方向へポジションを取るのです。上げ基調だったら売り、下げ基調だったら買いです。トレンドラインがブレイクされたところに逆指値注文などを置いておけば、ラインを抜けたときに出遅れることなくポジションをもつことができます。トレンドラインは反発だけがチャンスではなく、ブレイクされたときにもチャンスがあるのです。もちろんトレンドラインはナナメである必要はなく、真横に引けたサポートラインやレジスタンスレインをブレイクしたときも同じように追随すればいいのです。

トレンドラインの抜けたところに逆指値を置いておく

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved