異常レートを出しておきながらマトモに対応しなかった傲慢なくりっく365

2009年10月末に事件は起こった

さる2009年10月30日の取引終了間際にその事件は起きました。くりっく365でZARJPY:南アフリカランド円の通貨ペアが、なんと3円以上もの超大下落を引き起こしたのです。当時、ZARJPYの値は11~12円でしたので、3円という下落幅はなんと30%異常もの大暴落ということです。例えばドル円でいえば、90円台から一気に60円台に暴落するという超異常現象です。南アフリカでなにか事件が起こったのでしょうか?国家破産、国家規模のテロ、クーデター?いや、どれも違います。なんとこの3円もの暴落は ”くりっく365” のみに起こったことだったのです。

事件当日のくりっく365のチャート300pipsの歴史的なスプレッド

上記の図は、暴落が起こった10月末及び次の週のくりっく365のレートを表示したものです。左下のレートに注目してください。買いのレートは11.535とインターバンク市場に沿ったものになっていますが、売りのレートが8.415というトンデモない数値を示しています!くりっく365の3円暴落というのは売りのレート(BID)だけであり、図のようにスプレッドが312pipsという過去に類を見ないすさまじい異常レートを出していたのです。過去にライブドア証券がGBPJPYのスプレッド200pispというワースト記録を作っていましたが、それを100pipsも超える超ワースト記録を作ったのです。

この異常レートによってZARJPYの取引をしていた人
約500人がロスカットによって大量の損失を出してしまいます

参考ニュース : 世界を震撼させた-南アフリカ・ランド事件(MSN)
参考ニュース : FX「くりっく365」のランド円が謎の暴落(時事通信)

暴落はくりっく365のみで起こった

南アフリカは新興国です。そのため通貨ZARも流動性が高いとはいえないマイナー通貨の分類に入ります。そのため流動性が悪く取引が成立せずに、一瞬で大きく値が跳ぶことがあるのは事実です。しかしそれは10、20pipsといった比較的微々たるものであり、300pipsを超えるほど値が飛ぶことなどありえません。ではこのチャートは何なのか?それはくりっく365のシステムエラーだったのです。

【世界中でくりっく365だけが8.415を提示】
くりっく365で暴落が起きた時、確かにインターバンク市場ではZARJPYは大きな下落を見せていました。しかしインターバンク市場のその時点での最安値は10円を切っていませんでした。それは他の店頭FX業者のチャートを見てみてもわかります。下記の外為どっとコムや外為オンラインのチャートを見てみましょう。どちらも10月31日のチャートには長いヒゲがあり、大きく下落していることがわかります。しかしその下落は10円半ばまでであり、8円台に下落したFX業者など世界のどこにもありませんでした。くりっく365を除いては・・・

他のFX業者は正常

8円台を出しているのは世界でくりっく365のみ
つまりこの数値はインターバンク市場から
すさまじく乖離した異常レートであることは明確でした
ロスカットされたのはくりっく365を利用した人だけです

異常レートを訂正しない傲慢な対応

為替を扱うインターバンク市場では、市場レートと著しく乖離した異常レートでの取引は取り消すのが業界の常識として知れ渡っています。プロのディーラーが言っているのですから間違いありません。もちろん国際的な条約などないので取り消しに応じないのはその人の自由ですが、そんなことをしたら ”異常レートを取り消さなかった人” という悪名をつけられて誰からも相手にされなくなります。相手にされなければあらゆる取引ができなくなり、相場から追い出されることになります。異常レートでの取引は取り消すのが世界の常識なのです。しかしくりっく365はどんな対応をしたと思いますか?

くりっく365が最初に出した対応

なんと!くりっく365は市場から3円も乖離していた異常レートを ”正式な市場レート” だと主張し、異常レートで損失を出した人へは何にも対応しないという呆れるほどふざけた対応を示したのです。しかも顧客にメールを送ることすらせず、ホームページに上記の図のようなたった2行ほどの文章で事を済まそうとしたのです。これにはくりっく365を利用している人はもとより、FX投資家、専門家、果ては海外の機関から大批判を浴びました。Yahoo!掲示板では ”くりっく365から逃げろ” といったトピックがいくつも作られ、口コミにより悪行が広まり、大勢のくりっく365利用者が残金を引き出し始めました。そしてなんと3日ほどでくりっく365の預かり資産が半分になってしまうほどの資金流出を引き起こしたのです。

批判があってから対処する後手後手の対応

あらゆる機関や投資家から大批判を浴びた上、ロスカットをした人から責任追及、苦情申請が行われ、報道機関にも数多く取り上げられ、預かり資産が大流出したことでくりっく365はようやく事の重大性に気づき、ロスカット被害者に対する救済案を出しました。10月30日の記録した8.415のレートを異常と認め、その価格でロスカットされた投資家の取引を取り消すことを発表したのです。

しかしこれは当然の行為です。市場に参加するものならすぐに対応しなければならないのに、事件がおきてから実に1週間もかかった遅すぎる対応です。しかも投資家や機関から指摘されてたにも関わらず対応せず、投資家が資金を大量に引き上げてからようやく行った超後手後手の対応です。過ちを何度も指摘されて、痛い目をみてようやく動き出すなんて、小学生以下の対応力です。あらゆる投資家、機関から呆れの声が消えることはしばらくありませんでした。

11月6日に出された救済案

しかもこの対応もずさんなものでした。この救済案で取り消しを受けられるのは10月30日にロスカットされた人のみになっています。実際には次の週の11月2日にも異常レートが記録され、ロスカットされた人の大半は11月2日の異常レートで損失を出したのです。それを救済することが全く書かれておらず対応もしないということで、またしてもずさんすぎる対応が明らかになりました。さらに言えば、10月30日~11月2日にもらえるスワップポイントも戻されておらず、穴だらけの対応であることが明確にわかります。バカ丸出しです。

この事件により明らかになったこと

この事件のさらに詳しい考察は、有志の方がこの事件のまとめサイトを作っており情報が更新されているのでそちらをご覧になったほうがいいかもしれません。まぁ大切な部分はほとんど記述しました。このまとめサイトから、被害者の方が集まって集団提訴を起こすことになっていますので、もし被害にあわれた方がいれば是非参加してください。さて、今回の呆れた事件で明らかになったこと・学んだことを記述してみます。

・ 所詮くりっく365はただの天下り先で運営者はまともに仕事すらできない
・ 公設というところにあぐらをかいて、傲慢な対応しかできない
・ 異常レートを正常と認めるほど知識がない
・ 取引所預託だから安全?とんでもない!危険だらけ
・ 自分たちのした事に気づくまで1週間もかかるバカだらけ
・ くりっく365のシステムはすさまじく脆弱なまま、異常レートの感知すらできない
・ くりっく365に世界の市場の常識は通じない陸の孤島
・ くりっく365は守るべき投資家のことを全く守らず、むしろ突き落としている
・ スプレッド300pipsというFX業界ワースト記録を更新した
・ 今回の事件及びその対応で、完全に信用は地に堕ちた

おおよそ上記のようなことが挙げられます。こんなことをしながらくりっく365が運営できていけるのも、税金を湯水のように使った公設取引所だからですね。店頭FX業者がこんなことをしたら誰も利用せずに絶対につぶれています。そもそもくりっく365のような公設取引所は本当は存在自体がおかしなものです。海外には公設取引所なんて存在せず、同じ取引で税率が違うこともおかしいことだという認識が通常です。市場にお上が参入すること自体がおかしなことなのです。くりっく365はつぶれるべきといってもいいでしょう。

もし、実際にこのZARJPY暴落で損害を被った方がいたら、すみやかに下記のところに相談をしてください。特に被害弁護団の方には絶対に連絡をとりましょう。この事件で損害を出した方が集まって集団提訴を行っています。是非参加してお金を取り戻しましょう。世界の常識から外れた今回の事件では、おそらく資金を取り戻すことはできるはずです。泣き寝入りしたら奴らの思う壺です。諦めないでください!またまとめサイトには被害者の方が情報交換できるフォームがあるので、絶対利用しましょう。

国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/
金融サービス利用者相談室
http://www.fsa.go.jp/receipt/soudansitu/index.html
法テラス
http://www.houterasu.or.jp/
あおい法律事務所
http://www.aoi-law.com/syudan.html
くりっく365南アフリカランド異常レート事件の被害弁護団ホームページ
http://www.click365-higaibengodan.com

同ジャンルのリンク

 

FX(外国為替証拠金取引)サイトマップ

<入門編>祝入門♪FXのことをよく知ろう
FXとはなんぞや? 外国為替証拠金取引とはなんぞや?
FXで世界へ投資できるの? 日本の政治家に頼るのは無意味
FXって1万円からできるって言うけど? 高金利をもらえるってどういうこと?
FXって危険な取引じゃないの? FXってどうして円高でも儲かるの?
FXってライブドア株のように取引停止にならない?  
FX初心者のFX始め方手順
1 .初心者はセントラル短資FXに口座を開こう 口座開設キャンペーンで投資資金を作ろう 
2. 勝ち組になるため複数の口座を使い分けよう FXの本もキャンペーンでもらうことができる
3. 方法が確立するまで誰かのマネをすべし FX会社が現在やっているキャンペーンの詳細
4. 初心者がやっちゃいけないことを熟知せよ  
5. 投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
<初心者編>基礎を制するものがFXを制する!
円安と円高を理解していますか? レバレッジとは何か
毎日給料日になるスワップ金利とは ハイリターン・ローリスクにしてくれるロスカットとは
FXは24時間できてサラリーマンも問題なし FXはとても公平な取引である
FXのスプレッドとは何か 売買利益・スワップ金利でFXは2度おいしい
安全な管理方法:信託保全とは 危険な管理方法:分別管理とは
税制優遇:東証のくりっく365とは 税制優遇:大証の大証FXとは
FXの注文方法
成行(成り行き) 指値(リミット)
逆指値(ストップ) IFD注文
OCO注文 IFO注文
トレール注文 自動売買(システムトレード)
リピート・イフダン注文 トラップ・リピート・イフダン注文
絶対にすべらないギャランティーストップ注文  
<中級者編>FXで稼ぐために必要な知識
リスクを熟知する者がFXの勝ち組
リスクの意味を正しく理解する 為替変動リスク
ロスカットリスク 金利変動リスク
レバレッジリスク 流動性リスク
システムリスク カントリーリスク
FX会社の信用リスク FXにはリスク分散が欠かせない
FXのファンダメンタル分析関連
ファンダメンタル分析とは どんな経済指標に注意すべきか
経済指標:非農業部門雇用者数(雇用統計) 経済指標:政策金利発表
経済指標:失業率(雇用統計) 経済指標:GDP
経済指標:貿易収支 経済指標:消費者物価指数(CPI)
経済指標:小売売上高 経済指標:ISM製造業景況指数
経済指標:住宅着工件数 経済指標:新規失業保険申請件数
注目発言:要人の発言 中央銀行:日銀の介入
FXのテクニカル分析関連
テクニカル分析とは テクニカル指標:基本のローソク足
テクニカル指標:トレンドライン テクニカル指標:サポートとレジスタンス
テクニカル指標:レンジ相場とチャンネル テクニカル指標:移動平均線(MA)
テクニカル指標:RSI テクニカル指標:ストキャスティクス
テクニカル指標:フィボナッチ テクニカル指標:ボリンジャーバンド
テクニカル指標:パラボリック テクニカル指標:MACD
テクニカル指標:一目均衡表(雲) テクニカル指標:ピボット
重要パターン:ダブルトップ/ダブルボトム 重要パターン:三尊(ヘッドアンドショルダー)
重要パターン:三角持ち合い(トライアングル) 重要パターン:ギャップ(窓)
<上級者編>知る人ぞ知る勝つための情報
基本であるトレンドラインでの反発を狙う サポート・レジスタンスのブレイクを狙おう
ブレイクされたサポートラインは逆のレジスタンスになる 窓を開けた時の窓埋めを狙った取引
相関係数でリスクヘッジをしてリスクを減らす FXオプション取引でハイリターン・ローリスクにする
為替変動が少ないUSDHKDを長期投資 ドルペッグ切り上げ前に中東通貨を買うべき?
欧州の固定相場EURDKKを長期投資 逆指値のOCO注文で重要指標の急変を狙う
スイス中銀の介入で膠着するEURCHF取引 バルスの呪い?奇妙な 「ジブリの法則」
スイス中銀の手のひら返しによるEURCHFの決壊  
FX業者が搭載するシステムについて
FX業者が使っているシステムには同じものがある
海外 : SAXO 海外 : GFT
海外 : IFX(ActForex) 海外 : CMS
海外 : FXCM 海外 : MetaTrader
海外 : GAIN 海外 : IGグループ(PureDeal)
国内 : スリーエイ・システム 国内 : FXプラットフォーム
国内 : フラクタルシステム 国内 : SimplexTechnology
国内 : 外為どっとコム 国内 : セントラル短資FX
国内 : FXプライム byGMO 国内 : I&AS(外為オンライン)
国内 : GMOクリック証券 国内 : EMCOM(旧FONOX)
FX会社分析 (淘汰の時代を生き残った勝ち組はどこか?)

FX会社一覧(淘汰によりガンガン減少中)
(この表とそっくりな図を掲載しているサイトがあります。パクリは嫌ですね)
★ = 評価点:5段階評価
自動売買FX業者 (システムトレードができるところ)
★×5 インヴァスト証券(シストレ)  
★×4 マネースクウェアジャパン(トラリピ) マネースクウェアジャパンのトラリピ紹介ページ
  トラリピはあのトランプショックでも成功していた
★×4 セントラル短資FX(ミラートレーダー)  
★×3 アイネット証券(ループイフダン)  
★×1 ひまわり証券(エコトレFX)  
長期投資FX業者 (安全性が高く、スワップ金利が高い)
★×5 セントラル短資FX 短資会社の信頼、人民元やトルコ取引
★×5 ライブスター証券 業界最高水準のスワップ
★×2 上田ハーローFX  
老舗FX業者 (歴史あるが新サービスに乏しい)
★×4 FXプライム byGMO  
★×3 外為どっとコム  
短期売買向けFX業者 (低コストで使いやすい)
人気のデイトレード向き業者
★×5 ヒロセ通商
2013年、2014年、2015年の
オリコン顧客満足度FX部門第1位
★×5 外為オンライン
大島優子PR、2008年取引高No.1
外為オンラインの口座開設手順とその心構え
★×5 GMOクリック証券 2015年年間取引高世界No.1
★×4 DMMFX 国内人気No.1業者!50万口座突破
★×4 マネーパートナーズ 8年連続約定力No.1業者
低スプレッドで取引に有利
★×5 SBIFXトレード 1通貨から取引できるSBI資本
★×4 FXブロードネット 低スプレッド、自動売買ツールあり
★×4 YJFX! CNEXの大量トレード、
バイナリーオプションもできる業者
★×5 FXTF:バイトレ ★×5 IG証券
★×4 GMOクリック証券:外為オプション ★×4 YJFX!:オプトレ
キャンペーンで食料もらえます
★×5 ヒロセ通商 2014年のオリコン顧客満足度FX部門第1位はヒロセ通商
★×3 JFX  
スイス銀行グループ
★×4 デューカスコピージャパン  
デンマークSAXOBANKシステム導入
★×3 サクソバンク証券(SAXOBANK)  
大人気チャートソフトMT4を使える
★×5 FXTF:FXトレード・フィナンシャル  
★×5 フォレックスドットコム(Forex.com)  
他の業者とは違う独自サービスを行う業者
>> バイナリーオプション専門カテゴリへ
★×5 IG証券 IG証券だけの商品:バイナリーオプション
※ バイナリーオプションの戦略について IG証券だけの商品:6,500以上のCFD銘柄
証券会社のFXサービスで使える所
★×3 楽天証券(楽天FX)  
世界各国の通貨をよく知るべし
通貨記号一覧 (世界は広い・・・)
USD:アメリカドル(米ドル) USD(アメリカドル)は世界の基軸通貨 EUR:ユーロ EUR(ユーロ)はEU:欧州連合単一通貨
GBP:イギリスポンド GBP(イギリスポンド)は上級者専用通貨 AUD:豪ドル、オーストラリアドル AUD(豪ドル)は優秀な高金利通貨
NZD:ニュージーランドドル、キウイドル NZD(キウイドル)は流動性悪い高金利通貨 CAD:カナダドル、加ドル CAD(カナダドル)は安定優等生通貨
CHF:スイスフラン CHF(スイスフラン)は世界一の信用通貨 JPY:日本円 JPY(日本円)は魅力なきわが国の通貨
ZAR:高金利通貨の南アフリカランド ZAR(南アフリカランド)は高金利通貨 TRY:高金利通貨の新トルコリラ TRY(トルコリラ)は超高金利通貨
ISK だけじゃない!NOK、SEK、DKK などの北欧通貨
NOK:ノルウェークローネ NOK(ノルウェークローネ) SEK:スウェーデンクローナ SEK(スウェーデンクローナ)
DKK:デンマーククローネ DKK(デンマーククローネ) ISK:アイスランドクローナ ISK(アイスランドクローナ)15%の高金利
CZK、PLN、HUF、RUB、バルカン半島、バルト三国 などの東欧通貨
CZK:チェココルナ CZK(チェココルナ) PLN:高金利通貨のポーランドズロチ PLN(ポーランドズロチ)
HUF:高金利のハンガリーフォリント HUF(ハンガリーフォリント) RUB:ロシアルーブル RUB(ロシアルーブル)
エストニア ラトビア リトアニア バルト三国(EEK、LVL、LTL) ルーマニア ブルガリア ルーマニアとブルガリア(RON、BGN)
KRW、HKD、CNY、SGD、THB などのアジア諸国の通貨
韓国:ウォン KRW(韓国ウォン) 香港:香港ドル HKD(香港ドル)
CNY:中華人民共和国の人民元 CNY(人民元) SGD:シンガポールドル SGD(シンガポールドル)
THB:タイ王国のバーツ THB(タイバーツ)  
FXのQ&A
FX業者選びに関する質問
初心者なのでどこを選べばいいかわかりません 未成年はFXをやることできますか?
貧乏なので一番少ない金額でできるところは? サーバーが強いFX業者ってどこ?
悪い評判がない人気のいい業者ってどこなの? トラブルが多い危ない業者ってどこ?
安心してお金を預けられる信頼できる業者は? 結局どんな業者をもっていれば万全なの?
一番コストのかからない業者ってどこ?  
FXの取引に関する質問
外貨預金とFXってどっちがお得? プロと個人投資家どっちが強い?
GBPのほうがNZDよりスワップ高くない? NZとトルコに分けたからリスク分散は万全?
外貨預金や外貨MMFとFXってどれがお得なの? キャンペーンって儲かるの?
いくつもFX口座を持つと大変じゃない? FXに使えるお金が無い人はモニターで稼いでみよう
FX業者の審査に落ちてしまうともうダメ? ドル円の歴史とその相場の推移
ぼったくりFX業者 (言語道断のサギ会社)
(論外) 大手証券がやっているFXがダメな理由 (論外) 横領・夜逃げ・犯罪をした悪質FX業者
(論外) 行政処分されたことがある危険なFX業者 (論外) 競争から脱落した負け組のFX業者
(論外) トレイダーズ証券の悪行サービス くりっく365の異常レートに対する傲慢な対応
(論外) 内藤証券の悪行サービス
撤退したFX会社
(撤退) FXZERO (FXゼロ) (論外) トレイダーズFX (TRADERS FX)
(撤退) EMCOMTRADE (吸収) フォレックストレード
(撤退) NTTスマートトレード (撤退) アトランティックトレード
(吸収) 外為ジャパン(旧MJ) (撤退) MF Global FXA 証券
(撤退) DMM.com証券 (撤退) kakakuFX
(撤退) FXCMジャパン証券(旧ODLJapan) (撤退) 121証券 (危険)
(撤退) トレイダース証券(NFXプロ)
(吸収) Alparijapan(デューカスに買収)
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!