TRY (新トルコリラ) は歴史的にインフレに苦しめられている超高金利の通貨

トルコ共和国の詳細データ
正式名称 トルコ共和国
人口 7493万人
面積 783,562km2(世界第37位)
首都 アンカラ
宗教 イスラム教
主要産業 工業、小麦、とうもろこし、大豆、金融保険不動産業、サービス業
名目GDP 1兆4,435億USD(2013年)
一人当たりのGDP 18,874USD(2013年)

TRY (新トルコリラ) の特徴

【TRYとはトルコで使われる通貨である】
TRYとは新トルコリラといってトルコ共和国にて使用される通貨のことです。なぜ ”新” がつくかというと、後述しますがトルコは2005年ま同じ名前のトルコリラを使っていましたが、あいつぐインフレ打開のために新しいトルコリラを発行したのです。そのため現在使われているのが新トルコリラ、2005年まで使われていたのが旧トルコリラとなっているのです。トルコの英語表記が TuRkey であり、リラの表記が Lira となることから本来はTRLと表記されるのですが、TRLは旧トルコリラで使われてしまったのでTRYと表記されるのです。

トルコ共和国の国旗          トルコ共和国の地理

【世界でも類をみない高金利】
TRY(新トルコリラ)の最大の特徴といえば世界でも類をみない政策金利の高さです。なんと金利は15%以上という日本のサラ金並の水準を誇り、日本のスワップ金利目当ての投資家からは絶大な人気を持っています。なぜこんなにも金利が高いかといえば、インフレがとても高いことの裏返しでもあるからです。トルコ共和国は歴史的にインフレに悩まされており、ドイツのように強い警戒感をもっています。そのためインフレ抑制のためとインフレに対するトルコ人の恐怖感のためにトルコの金利は高い状態を保っているのです。

【潜在的な能力を秘めているVISTAの一角】
ポストBRICsといわれる新興国の成長株を称したVISTAの "T" がトルコを指しているように、トルコは将来を嘱望されている新興国の1つです。トルコはアナトリア半島の99%を占めるかなりの国土を誇っており、その面積に比例するように人口も8,000万人とかなりの人数を有しています。そしてその人口は若年層が非常に多いのです。少子化に悩む日本とは対称的であり、労働力不足に悩まされることもなく今後も安定した成長が見込めるということです。

【21世紀になったようやく日の目を見た】
トルコは20世紀の間は、経済が安定せずに延々と悪性のインフレに悩まされてきました。年間6000%のハイパーインフレになったり、インフレかと思えば一旦デフレに陥ったりしました。インフレが激しくなり何度もデノミを行ったりして国民の資産は何度も紙くず同然まで減らされてしまったのです。2001年には金融危機を起こしてIMFの管理下に入るなど不遇の歴史を送ってきました。そうして2005年頃からようやく経済が安定してきたのです。一度地獄を味わってきたトルコはとても強く、潜在的な能力を如何なく発揮して、相当の経済成長を遂げているのです。

【世界一の親日国トルコ】
トルコは地理的に日本から非常に離れているのですが、世界一ともいってもいいほど日本に好意的な国です。それは長らくトルコを苦しめてきた ”共通の大敵:帝国ロシア” を日本が日露戦争で破ってくれたことによる親近感が強く影響しています。当時の日本総司令官にあやかってトウゴーという名前をつけるトルコ人も多くいます。また、それだけではなく100年以上前のエルトゥールル号遭難事件は長く日土友好関係の起点として両国の関係者に記憶されています。トルコ人が公的な場で日本人に対して日土友好の歴史について語るとき、必ずといっていいほど第一に持ち出されるのがエルトゥールル号遭難事件を語ってくれます。その親日関係は 「イラン・イラク戦争時のトルコ政府の救出」 にも現れています。

参考 : 日本とトルコの関係(FLASH)
参考 : エルトゥールル号遭難事件
参考 : イラン・イラク戦争時のトルコ政府の救出

TRY (新トルコリラ) のリスク要因

【歴史的にインフレが激しい】
TRY(新トルコリラ)を導入したことによって今では安定しつつありますが、トルコ共和国は悪性のインフレに苦しめられてきました。トルコは年間6000%のハイパーインフレになったこともあり、この30年間は、まともな経済活動ができなかった時期のほうが長かったのです。そのため経済・政策などのノウハウが不足しており、いつまたハイパーインフレに戻らないとも限らないのです。金利が15%と高い状態なのは、それだけのリスク要因があるからです。説明するまでもないですが、インフレになると相対的に通貨の価値は下がるのですから、TRY(新トルコリラ)に投資していれば大損します。

【極めて流動性が悪い = エキゾチック通貨】
世界的にもTRY(新トルコリラ)の流動性は極めて低いものがあります。その流動性の悪さから、マイナー通貨ではなくエキゾチック通貨に分類されているのです。エキゾチックとは、マイナー通貨よりもさらにリスクが高く流動性が悪い通貨のことをさしています。そのためTRY(新トルコリラ)のレートはSAXOシステムを要しても表示されないこともありスリップページなどかなりあります。それゆえ、一旦下落すると商いが薄いことで一気に暴落します。サブプライムローン時にTRYJPY相場は実に8%も暴落したのです。

【調達コストが高くて証拠金率が高い】
世界的にもTRYの流動性は低いものがあり、各FX業者もTRYには高いレバレッジをかけることができません。これはTRYの調達が難しいということと、ハイリスクな通貨をハイレバレッジで投資させてはいけないという投資家保護の観点によるものです。そのためTRYは証拠金率が高く、取引に4%~20%近く証拠金が必要となっています。また、2008年の金融危機のような異常事態が起きたときに、証拠金率がさらに高くなることがあります。事実、2008年には、kakakuFXなどのSAXO業者でTRY(新トルコリラ)の証拠金率を4%から8%ほどに引き上げたことがあります。そのためハイレバレッジの取引はできません。現在でもセントラル短資FXなどトルコリラが取引できるFX業者でレバレッジは10倍と低く設定されています。

【デノミネーションの過去】
トルコは2005年に旧トルコリラ:TRLを廃止し、新トルコリラ:TRYを発行しました。その際のレートは100万旧トルコリラ=1新トルコリラになります。このような通貨の単位を切り下げることをデノミネーションといいます。インフレで金額表示が大きくなると、表示するのが面倒なので通貨単位を切り下げたのです。たとえば旧トルコリラのままでレート表示をすると TRYJPY = 85,000,000 となってしまいますから見にくいですね。通常デノミを行うことで通貨価値は暴落しますので国内の負債などを返すときにも使われます。大量の負債を抱えている日本もいつデノミが起こってもおかしくないですね。


FXダイレクトプラス
>> トルコリラを取引するなら 「セントラル短資FX」 <<
他のFX会社と比較しても高いスワップポイント!
金融業界のインフラとして重要な短資会社のグループの安心感!
中長期投資家に絶大な人気を誇っている人気のFX会社です。


TRY (新トルコリラ) の政策金利

トルコ共和国の政策金利動向

トルコ共和国の政策金利はここ数年は8%前後で安定しています。これは国内のインフレが安定してきているということです。2001年のIMFの介入によってトルコのインフレは安定するようになりましたが、それまでは悪性のインフレが延々30年も続いていました。2001年の金利が100%近いことからもわかるように20世紀のトルコは金利が6000%にもなるなど経済が崩壊しかかっていたのです。この戒めを受けてトルコ政府もインフレには強い警戒感をもっているのでインフレ抑制とトルコ人の恐怖感からもトルコの金利は高い状態を続けています。しかし2008年の金融危機では、南アフリカランドとほぼ同水準まで下げたこともありました。流動性やリスクの面からも南アフリカランドに投資するよりリスクが高いといってもいいでしょう。

またリーマンショック以降、景気刺激のためやインフレの落ち着きから利下げが断続的に行われ、金利は大きく低下しました。さらに2010年代になっての中東混乱によるシリア内戦、過激派組織ISISが隣国のイラク・シリアで台頭、さらに国内で領土的・民族的問題をかかえているクルド人がISISと衝突し、欧米諸国からの空爆、それら戦争から逃れるためにトルコに流入してくる難民問題など、中東が混乱すればするほどトルコにも火の粉が降りかかってくるため投資環境は決して良いとはいえません。さらにこれら問題に対処すべきエルドアン大統領にも問題が多くなるなど、金利の面からもリスク要因からも投資価値は低くなったと言わざるを得ません。

TRY (新トルコリラ) の投資情報

【トルコの情報はマネースクウェアジャパン】
トルコリラの情報はFX会社が提供しています。マネースクウェアジャパンでは専用のトルコ情報配信サービス【週刊2分でわかるトルコ】を提供しています。週刊の配信ですが、トルコ現地の通貨安の状況や大統領の政治情勢、近隣の中東情勢におけるトルコの現状など、普段のニュースではわからない現地の情報や解説などが受けられます。他にも【注目!高金利通貨】という動画配信サービスを行っています。マネースクウェアジャパンのアナリスト・八代和也が、豪ドル、NZドル、トルコリラの展望をわかりやすく解説。旬なトピック、押さえておきたい指標やイベント、今後の見通しなどを伝えています。

>> マネースクウェア・ジャパンの口座開設はコチラ <<

【トルコリラの相場情報】
高金利通貨というのはその性質上、低金利の通貨を借りて高金利通貨を買うというキャリー・トレードがされやすい傾向があります。それは投資資金が順調に入ってくる反面、リスクが明確化すると一気に資金が引き上げられて暴落しやすい性質に帰結します。トルコリラもその例に外れることなく下落しやすい傾向があります。下図はTRYJPYの2000年からの15年間の相場チャートを示しています。3年区切りではおおよその高低差が10~20円となっていますが、リーマン・ショック時においては99.67から52.65まで実に50円近く下落し、通貨価値は円に対しておよそ半分になってしまいました。しかしこの下落、驚くべきことトルコより点金利の南アフリカランドよりは小さかったのです。どちらもエマージング通貨でハイリスクですが、南アフリカランドよりも高金利で暴落がやや小さいことは投資価値を見いだせる情報でしょう。ただし、トルコは歴史的に慢性インフレを抱えており、何度もデノミや通貨価値の下落を繰り返しています。その証拠にリーマン・ショック後、円安が続いているのですがTRYJPYは上がるどころか下がっています。これはトルコリラが円以上に通貨価値を下げていることにほかなりません。トルコはインフレに加えて、領土的・民族的問題、大統領の政治的問題、中東の地政学的問題などたくさんの問題を抱えています。リスクが高いことは言うまでもありません。

マネースクウェア・ジャパン ポケトラアプリ用
>> マネースクウェア・ジャパンの口座開設はコチラ <<

TRY (新トルコリラ) の祝祭日
1月1日 元旦
4月23日 国民主権と子供の日
5月19日 アタテュルク記念と 青少年とスポーツの日
8月30日 戦勝記念日
10月29日 共和国記念日
イスラム暦 ラマダーン祭 初日の13時から3日半
犠牲祭 初日の13時から4日半

FX(外国為替証拠金取引)サイトマップ

<入門編>祝入門♪FXのことをよく知ろう
FXとはなんぞや? 外国為替証拠金取引とはなんぞや?
FXで世界へ投資できるの? 日本の政治家に頼るのは無意味
FXって1万円からできるって言うけど? 高金利をもらえるってどういうこと?
FXって危険な取引じゃないの? FXってどうして円高でも儲かるの?
FXってライブドア株のように取引停止にならない?  
FX初心者のFX始め方手順
1 .初心者はセントラル短資FXに口座を開こう 口座開設キャンペーンで投資資金を作ろう 
2. 勝ち組になるため複数の口座を使い分けよう FXの本もキャンペーンでもらうことができる
3. 方法が確立するまで誰かのマネをすべし FX会社が現在やっているキャンペーンの詳細
4. 初心者がやっちゃいけないことを熟知せよ  
5. 投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
<初心者編>基礎を制するものがFXを制する!
円安と円高を理解していますか? レバレッジとは何か
毎日給料日になるスワップ金利とは ハイリターン・ローリスクにしてくれるロスカットとは
FXは24時間できてサラリーマンも問題なし FXはとても公平な取引である
FXのスプレッドとは何か 売買利益・スワップ金利でFXは2度おいしい
安全な管理方法:信託保全とは 危険な管理方法:分別管理とは
税制優遇:東証のくりっく365とは 税制優遇:大証の大証FXとは
FXの注文方法
成行(成り行き) 指値(リミット)
逆指値(ストップ) IFD注文
OCO注文 IFO注文
トレール注文 自動売買(システムトレード)
リピート・イフダン注文 トラップ・リピート・イフダン注文
絶対にすべらないギャランティーストップ注文  
<中級者編>FXで稼ぐために必要な知識
リスクを熟知する者がFXの勝ち組
リスクの意味を正しく理解する 為替変動リスク
ロスカットリスク 金利変動リスク
レバレッジリスク 流動性リスク
システムリスク カントリーリスク
FX会社の信用リスク FXにはリスク分散が欠かせない
FXのファンダメンタル分析関連
ファンダメンタル分析とは どんな経済指標に注意すべきか
経済指標:非農業部門雇用者数(雇用統計) 経済指標:政策金利発表
経済指標:失業率(雇用統計) 経済指標:GDP
経済指標:貿易収支 経済指標:消費者物価指数(CPI)
経済指標:小売売上高 経済指標:ISM製造業景況指数
経済指標:住宅着工件数 経済指標:新規失業保険申請件数
注目発言:要人の発言 中央銀行:日銀の介入
FXのテクニカル分析関連
テクニカル分析とは テクニカル指標:基本のローソク足
テクニカル指標:トレンドライン テクニカル指標:サポートとレジスタンス
テクニカル指標:レンジ相場とチャンネル テクニカル指標:移動平均線(MA)
テクニカル指標:RSI テクニカル指標:ストキャスティクス
テクニカル指標:フィボナッチ テクニカル指標:ボリンジャーバンド
テクニカル指標:パラボリック テクニカル指標:MACD
テクニカル指標:一目均衡表(雲) テクニカル指標:ピボット
重要パターン:ダブルトップ/ダブルボトム 重要パターン:三尊(ヘッドアンドショルダー)
重要パターン:三角持ち合い(トライアングル) 重要パターン:ギャップ(窓)
<上級者編>知る人ぞ知る勝つための情報
基本であるトレンドラインでの反発を狙う サポート・レジスタンスのブレイクを狙おう
ブレイクされたサポートラインは逆のレジスタンスになる 窓を開けた時の窓埋めを狙った取引
相関係数でリスクヘッジをしてリスクを減らす FXオプション取引でハイリターン・ローリスクにする
為替変動が少ないUSDHKDを長期投資 ドルペッグ切り上げ前に中東通貨を買うべき?
欧州の固定相場EURDKKを長期投資 逆指値のOCO注文で重要指標の急変を狙う
スイス中銀の介入で膠着するEURCHF取引 バルスの呪い?奇妙な 「ジブリの法則」
スイス中銀の手のひら返しによるEURCHFの決壊  
FX業者が搭載するシステムについて
FX業者が使っているシステムには同じものがある
海外 : SAXO 海外 : GFT
海外 : IFX(ActForex) 海外 : CMS
海外 : FXCM 海外 : MetaTrader
海外 : GAIN 海外 : IGグループ(PureDeal)
国内 : スリーエイ・システム 国内 : FXプラットフォーム
国内 : フラクタルシステム 国内 : SimplexTechnology
国内 : 外為どっとコム 国内 : セントラル短資FX
国内 : FXプライム byGMO 国内 : I&AS(外為オンライン)
国内 : GMOクリック証券 国内 : EMCOM(旧FONOX)
FX会社分析 (淘汰の時代を生き残った勝ち組はどこか?)

FX会社一覧(淘汰によりガンガン減少中)
(この表とそっくりな図を掲載しているサイトがあります。パクリは嫌ですね)
★ = 評価点:5段階評価
自動売買FX業者 (システムトレードができるところ)
★×5 インヴァスト証券(シストレ)  
★×4 マネースクウェアジャパン(トラリピ) マネースクウェアジャパンのトラリピ紹介ページ
  トラリピはあのトランプショックでも成功していた
★×4 セントラル短資FX(ミラートレーダー)  
★×3 アイネット証券(ループイフダン)  
★×1 ひまわり証券(エコトレFX)  
長期投資FX業者 (安全性が高く、スワップ金利が高い)
★×5 セントラル短資FX 短資会社の信頼、人民元やトルコ取引
★×5 ライブスター証券 業界最高水準のスワップ
★×2 上田ハーローFX  
老舗FX業者 (歴史あるが新サービスに乏しい)
★×4 FXプライム byGMO  
★×3 外為どっとコム  
短期売買向けFX業者 (低コストで使いやすい)
人気のデイトレード向き業者
★×5 ヒロセ通商
2013年、2014年、2015年の
オリコン顧客満足度FX部門第1位
★×5 外為オンライン
大島優子PR、2008年取引高No.1
外為オンラインの口座開設手順とその心構え
外為オンラインの情報収集方法
外為オンラインなら初心者でも安心のサポート体制
外為オンラインのトレード方法「デモトレード」
外為オンラインのサービスを紹介
外為オンラインのiサイクルの魅力
★×5 GMOクリック証券 2015年年間取引高世界No.1
★×4 DMMFX 国内人気No.1業者!50万口座突破
★×4 マネーパートナーズ 8年連続約定力No.1業者
低スプレッドで取引に有利
★×5 SBIFXトレード 1通貨から取引できるSBI資本
★×4 FXブロードネット 低スプレッド、自動売買ツールあり
★×4 YJFX! CNEXの大量トレード、
バイナリーオプションもできる業者
★×5 FXTF:バイトレ ★×5 IG証券
★×4 GMOクリック証券:外為オプション ★×4 YJFX!:オプトレ
キャンペーンで食料もらえます
★×5 ヒロセ通商 2014年のオリコン顧客満足度FX部門第1位はヒロセ通商
★×3 JFX  
スイス銀行グループ
★×4 デューカスコピージャパン  
デンマークSAXOBANKシステム導入
★×3 サクソバンク証券(SAXOBANK)  
大人気チャートソフトMT4を使える
★×5 FXTF:FXトレード・フィナンシャル  
★×5 フォレックスドットコム(Forex.com)  
他の業者とは違う独自サービスを行う業者
>> バイナリーオプション専門カテゴリへ
★×5 IG証券 IG証券だけの商品:バイナリーオプション
※ バイナリーオプションの戦略について IG証券だけの商品:6,500以上のCFD銘柄
証券会社のFXサービスで使える所
★×3 楽天証券(楽天FX)  
世界各国の通貨をよく知るべし
通貨記号一覧 (世界は広い・・・)
USD:アメリカドル(米ドル) USD(アメリカドル)は世界の基軸通貨 EUR:ユーロ EUR(ユーロ)はEU:欧州連合単一通貨
GBP:イギリスポンド GBP(イギリスポンド)は上級者専用通貨 AUD:豪ドル、オーストラリアドル AUD(豪ドル)は優秀な高金利通貨
NZD:ニュージーランドドル、キウイドル NZD(キウイドル)は流動性悪い高金利通貨 CAD:カナダドル、加ドル CAD(カナダドル)は安定優等生通貨
CHF:スイスフラン CHF(スイスフラン)は世界一の信用通貨 JPY:日本円 JPY(日本円)は魅力なきわが国の通貨
ZAR:高金利通貨の南アフリカランド ZAR(南アフリカランド)は高金利通貨 TRY:高金利通貨の新トルコリラ TRY(トルコリラ)は超高金利通貨
ISK だけじゃない!NOK、SEK、DKK などの北欧通貨
NOK:ノルウェークローネ NOK(ノルウェークローネ) SEK:スウェーデンクローナ SEK(スウェーデンクローナ)
DKK:デンマーククローネ DKK(デンマーククローネ) ISK:アイスランドクローナ ISK(アイスランドクローナ)15%の高金利
CZK、PLN、HUF、RUB、バルカン半島、バルト三国 などの東欧通貨
CZK:チェココルナ CZK(チェココルナ) PLN:高金利通貨のポーランドズロチ PLN(ポーランドズロチ)
HUF:高金利のハンガリーフォリント HUF(ハンガリーフォリント) RUB:ロシアルーブル RUB(ロシアルーブル)
エストニア ラトビア リトアニア バルト三国(EEK、LVL、LTL) ルーマニア ブルガリア ルーマニアとブルガリア(RON、BGN)
KRW、HKD、CNY、SGD、THB などのアジア諸国の通貨
韓国:ウォン KRW(韓国ウォン) 香港:香港ドル HKD(香港ドル)
CNY:中華人民共和国の人民元 CNY(人民元) SGD:シンガポールドル SGD(シンガポールドル)
THB:タイ王国のバーツ THB(タイバーツ)  
FXのQ&A
FX業者選びに関する質問
初心者なのでどこを選べばいいかわかりません 未成年はFXをやることできますか?
貧乏なので一番少ない金額でできるところは? サーバーが強いFX業者ってどこ?
悪い評判がない人気のいい業者ってどこなの? トラブルが多い危ない業者ってどこ?
安心してお金を預けられる信頼できる業者は? 結局どんな業者をもっていれば万全なの?
一番コストのかからない業者ってどこ?  
FXの取引に関する質問
外貨預金とFXってどっちがお得? プロと個人投資家どっちが強い?
GBPのほうがNZDよりスワップ高くない? NZとトルコに分けたからリスク分散は万全?
外貨預金や外貨MMFとFXってどれがお得なの? キャンペーンって儲かるの?
いくつもFX口座を持つと大変じゃない? FXに使えるお金が無い人はモニターで稼いでみよう
FX業者の審査に落ちてしまうともうダメ? ドル円の歴史とその相場の推移
ぼったくりFX業者 (言語道断のサギ会社)
(論外) 大手証券がやっているFXがダメな理由 (論外) 横領・夜逃げ・犯罪をした悪質FX業者
(論外) 行政処分されたことがある危険なFX業者 (論外) 競争から脱落した負け組のFX業者
(論外) トレイダーズ証券の悪行サービス くりっく365の異常レートに対する傲慢な対応
(論外) 内藤証券の悪行サービス
撤退したFX会社
(撤退) FXZERO (FXゼロ) (論外) トレイダーズFX (TRADERS FX)
(撤退) EMCOMTRADE (吸収) フォレックストレード
(撤退) NTTスマートトレード (撤退) アトランティックトレード
(吸収) 外為ジャパン(旧MJ) (撤退) MF Global FXA 証券
(撤退) DMM.com証券 (撤退) kakakuFX
(撤退) FXCMジャパン証券(旧ODLJapan) (撤退) 121証券 (危険)
(撤退) トレイダース証券(NFXプロ)
(吸収) Alparijapan(デューカスに買収)
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!