マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

SAXOBANK(サクソバンク証券)は業界最強のシステム・約定力・通貨ペア・安全性

各コンテンツのショートカット

SAXOBANKの特徴                  ▼SAXOBANKのサーバー

SAXOBANKの欠点                  ▼SAXOBANKの安全性

SAXOBANKの評判                  ▼SAXOBANKに向いている人

SAXOBANKの携帯                  ▼SAXOBANKの総合評価

SAXOBANKの詳細データ

SAXOBANK(サクソバンク証券)とはどのような業者か?

デンマークデンマーク政府のお墨付き!SAXOBANK】
サクソバンク証券という業者はその名のとおり、外国にあるSAXOBANK直結のFX会社です。このSAXOBANKはなんと世界の外国為替銀行上位25行に入る巨大企業なのです。日本のFX業者には無論こんなところありません。SAXOBANKは1992年の設立以降すさまじい勢いで世界のFX市場に進出、今では1300人の従業員を抱えて180カ国以上の国々に進出しているまさしく世界レベルのグローバル企業です。しかもなにより驚きなのがデンマーク政府が設立した補償協会に入っていることです。この補償協会は会員となる金融機関に預けられた預金や証拠金はデンマーク政府によって保護されるというもの。つまりSAXOBANKは政府がその安全を保証してくれるという国家のお墨付きまでもらっている企業なのです。日本のFX業者でこんなところありますか?

デンマーク政府のお墨付き!SAXOBANK

【FX業界最多の160以上の通貨ペア&CFD取り扱いも最多】
サクソバンク証券のわかりやすい最大の特徴は、その取引できる通貨ペアの数。その数はなんと160種類以上となり、20~30程度の日本の業者とはまさしく桁が違う数になります。その内容は南アフリカランドや メキシコペソ、トルコリラといった高金利通貨、ハンガリーフォレントやポーランドズロチ、ロシアルーブルといった東欧通貨、さらにはサウジアラビアなどの中東通貨など他の業者ではお目にかかれない多彩な通貨を取引することができます。しかも驚きなことに普通ならメジャー通貨&マイナー通貨といった組み合わせだけでなく、PLNHUFやTRYZARなどマイナー通貨同士の通貨ペアまで揃いもそろっています。さらにFXに限らずCFDの取り扱い数もすさまじいです。株価指数CFDは300以上、債券や商品やETFも200以上、個別株CFDにいたっては10,000の大台というケタ違いの取り扱い数なのです。正直ありすぎて選べません・・・。

【上級トレーダー御用達!サクソ系システム】
FXの話題を聞いているとたまに 「サクソ系」 という言葉を聞いたことがありませんか?これはSAXOBANKが提供している世界最高ともいわれるSAXOTRADERというシステムツールのことです。SAXOTRADERは世界120カ国で使われているMT4並に普及したFXツールです。MT4が個人に人気なのに対してサクソはプロの機関に使われています。その理由は世界トップクラスの通貨取り扱い数に加えて、非常に安定したシステム、スリップしない強力な約定力、強固なセキュリティー、そして自分の使いやすいようにカスタマイズできる利便性と世界で通用する素晴らしいシステムです。日本ではながらく英語版しか用意されていませんでしたが、サクソバンク証券によって日本語バージョンがリリースされて、より一層使いやすくなりました。

SAXOTRADER

【金融危機でもダウンしない、FX業界で最強のシステム】
SAXOBANKのシステムは世界的にも非常に強固なものとして知られています。おそらく日本のFX業者の中でもサーバーの強さは最強といっておもいいでしょう。おそまつな日本業者でシステムダウンが連発した2007年のサブプライムローンショックや2008年のリーマンショック、2010年の誤発注&ギリシャショックのときでも全くシステムダウンしませんでした。それもそのはず、SAXOBANK本社ではサーバーを複数に設置してのリスク分散、さらにシステムダウンにおけるマニュアルを非常に性格に備えており、24時間体制でスタッフが監視しています。どんな問題が起ころうとも30分以内に解決できるようマニュアルを組んでいます。また、トラブルに対して人的対応を極力減らして、オートメーション化し、トラブル復旧時間の短縮を図っています。そういった体制が世界に認められるシステムの強固な信頼性を築いていったのです。

【スリップありえない!FX業界最強の約定力】
欧米有力大手銀行とパートナーシップが可能にする世界レベルの約定力SAXOBANKのシステム・サーバーの約定力は非常に強いものであり、まずスリップなどしません。すべる・すべりまくり・と言われる日本のFX業者とは比較にならない安定度で、日本のなかでは約定力は最強です。それはデンマークのSAXOBANK本社がその信用力と経営力から多数の欧米有力大手銀行とパートナーシップを組んで、そういった大手機関から流動性を確保しているから可能なのです。その流動性は数億ロットという巨大な注文すら即座に処理してしまうほどの巨大なものです。これは世界的な信用力と経営力から成るグローバルネットワークを構築しているサクソバンクだからこそ可能なことです。日本のFX業者ではこうはいきません。まさしく次元が違うところにいるのです。

【初心者に優しい1,000通貨から、プロ御用達の上級口座まで】
SAXOBANKはまさしく世界最高レベルの金融機関です。本来なら欧米有力金融機関のディーラーといったプロでしか取引ができないほどの格の高いところです。実際、数年前まではプロしか扱えないような取引条件でした。しかし日本で本格的にFX事業を始めるに当たってサクソバンク証券では、初心者からプロまで幅広い顧客に合ったコースを用意するようになりました。通貨ペアが少ない代わりに1,000通貨単位で手数料無料になるミニコース、標準のスタンダートコース、などタイプ別に多彩なコースがあります。特にミニコースによって資金が少ない初心者の方にも入りやすい環境になってくれたのは非常に嬉しいですね。

【厳重なセキュリティー体制:認証キー、信託保全も完備】
SAXOBANKは100カ国以上で愛用されている理由にはシステムのセキュリティーもあります。本社SAXOBANKのシステム体制ももちろんですが、SAXOTRADERには 「認証キー」 というライセンスのようなものがあります。サクソバンク証券に口座を作るときはID・パスワードの他に認証キーというものを設定しないと利用することができません。この認証キーは利用者1人1人のPCに設定するカギのようなものであり、これを設定すれば別のPCではログインすることができなくなります。つまりIDやパスワードが流出しても利用者のPC以外では使うことができないので安全なのです。これは企業秘密流出に神経を尖らせてる大手金融機関にはなくてはならないものですね。ちなみに海外業者ということで資産保全が心配な人も多いですが、サクソバンク証券は日証金信託銀行でしっかりと信託保全されています。

【月曜朝3:00から取引可能!窓埋めトレード】
為替相場では週末の相場が閉まる土曜早朝と市場が開ける月曜早朝のレートが乖離することがあります。これが窓あけと呼ばれる現象です。窓明けというのは相場の行き過ぎのため、相場はその窓を空ける前の水準まで戻る ”窓埋め” が起こる事が多いのです。その修正する動きを狙った ”窓埋めトレード” が有効です。しかし月曜の朝3時から各FX業者のレートを見てもらえればわかりますが業者によってトレードできる時間が違うのです。多くのFX業者は6~7時からしか取引できません。その点サクソバンク証券なら朝4時からトレードできるので対応の遅い日本業者とは違って窓埋めトレードが有効活用できます。むしろ窓埋めトレードをするならサクソバンク証券しかありえないとしか言えないですね。kakakufxがSAXOサービスを辞めてしまったのでココだけしかできなくなってしまっています。

SAXOBANKでは月曜朝4時から取引ができる。日本の業者とはちがうのだよ!
>> サクソバンク証券の口座開設はコチラから <<

SAXOBANK(サクソバンク証券)のシステム・サーバー

【金融危機でもダウンしない、FX業界で最強のシステム】
SAXOBANKのシステムはサクソ系のものとして有名であり、世界的にも非常に強固なものとして知られています。おそらく日本のFX業者の中でもサーバーの強さは最強といっておもいいでしょう。2007年サブプライムローンショック、2008年リーマンショック、2010年ギリシャショックのときでも全くシステムダウンしませんでした。その信頼性から2004年、2005年、2006年、2007年、2008年のユーロマネー誌の外国為替ランキングやProfit and Loss誌のDigital FX Awardなどこれまで多くの賞を受賞しています。サーバーを複数に設置してのリスク分散、24時間体制でスタッフが監視、どんな問題も30分以内に解決できるようマニュアルを組んでいます。

サーバー複数設置、24時間監視、トラブルは30分解決

【スリップありえない!FX業界最強の約定力】
欧米有力大手銀行とパートナーシップが可能にする世界レベルの約定力SAXOBANKのシステム・サーバーの約定力は非常に強いものであり、まずスリップなどしません。すべる・すべりまくり・と言われる日本のFX業者とは比較にならない安定度で、日本のなかでは約定力は最強です。それはデンマークのSAXOBANK本社がその信用力と経営力から多数の欧米有力大手銀行とパートナーシップを組んで、そういった大手機関から流動性を確保しているから可能なのです。その流動性は数億ロットという巨大な注文すら即座に処理してしまうほどの巨大なものです。これは世界的な信用力と経営力から成るグローバルネットワークを構築しているサクソバンクだからこそ可能なことです。日本のFX業者ではこうはいきません。まさしく次元が違うところにいるのです。


>> サクソバンク証券の口座開設はコチラから <<

SAXOBANK(サクソバンク証券)の欠点

【スプレッドがやや広い】
サクソバンク証券は海外業者の例にもれずスプレッドがやや広い傾向になります。どちらかというと日本のFX業者がスプレッド狭すぎるという感じなのですが、比較対象が日本の業者だとするとスプレッドがやや広いです。特に1,000通貨単位でできるミニコースのスプレッドはあまり狭くありません。ドル円は以前まで3pipsありましたし、ユーロ円も3pips近く、ポンド円やNZ円などは5pipsあります。

スプレッドがやや広い

【システムが重い、ツールの相性を選ぶ】
サクソバンク証券のツールはWEB版もツールも正直言って重いです。WEB版は例によってIE:インターネットエクスプローラーでは正直キツイので、OperaやFirefoxの利用がお勧めです。または高性能のPCを使うことです。低スペックのPCでIEを使って取引するのはおすすめできません。またSAXOTRADERは重いというほどではありませんが、認証キーなどの設定が面倒なためPCの知識が多少ないと面倒になるかもしれません。海外製のツールのため日本のツールとの相性が悪く、ソースネクストのウイルスセキュリティゼロなどとは相性最悪です。自分で設定ファイルを変更したり削除したりすることになるかもしれませんので、PC初心者レベルの方には敷居が高いです。まぁその場合は無理せずWEBツール使えばいいんですけどね。

【少額取引にはミニマムチャージがかかる】
以前サクソ系ツールを使ったことが有る方ならおわかりでしょうが、サクソバンク証券もミニマムチャージが存在します。ミニマムチャージとは標準以下の少額取引をした場合に発生する一種の手数料のようなものです。3つのコースのうち、スタンダートコースに発生します。発生単位はクロス円やドルストレートで5万通貨単位未満のものが対象です。ミニマムチャージコストは少々高く10ドル設定になっています。つまり5万通貨の取引は手数料無料なのに、4万通貨単位になると10ドル:800円相当のコストがかかってしまうことになるのです。そのため標準で5万通貨が多すぎると思う人はミニコースを使うようになっているのです。

少額取引にはミニマムチャージ

【キー認証がめんどい】
キー認証サクソバンク証券にはセキュリティー性を高めるためにキー認証を取り入れています。一度認証設定すればそのPC以外でログインすることはできません。そのため外部にIDやパスワードが漏れても安全なのですが、正直この機能は法人ならともかく個人ではそれほど必要性がありません。個人を狙い撃ちにしたサイバー攻撃なんてありませんし、狙うなら重要情報満載の法人でしょう。どちらかと言えばキー認証した後でPC買い換えたり、OS再インストールしたり、ネットカフェや会社から利用することができない分不便です。一応対策もあり、キーというのはファイル形式にして持ち運べるので外部のPCにもそのキーファイルを認証させれば利用できます。セキュリティーを非常に気にする人なら願ったりですが、そこまで深刻に考えないなら不要のものですね。

【口座が分割してそれぞれにID・パスワードが必要】
2010年のFXのレバレッジ規制、そしてCFD規制。非常にうざったくて面倒で個人投資家保護に全然貢献してない、どうしようもない規制ですが、この規制のせいで元々1つの口座で利用できていたFXと各種CFDが分割口座になってしまいました。しかもその数がなんと5種類・・・FX口座、証券CFD口座、株価指数CFD口座、バラエティCFD口座、商品CFD口座に分けられてしまったのです。しかもそれぞれの口座すべてにIDとパスワードが必要になり、全部の口座を持っていると5つのID・パスワードを管理しなければいけないのです。それぞれ口座IDが違うので統一されていません。非常に面倒ですね。ちなみに認証キーはツールに設定するものなので、認証キーが5つ必要になるということではありません。

>> サクソバンク証券の口座開設はコチラから <<

SAXOBANK(サクソバンク証券)の安全性・信頼性

【FX業者の安全性を図るポイント】
FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るものです。主なポイントは以下の点です。SAXOBANK子会社でもう安全とは思えるでしょうが、しっかりとサクソバンク証券の安全性を見てみましょう。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 関東財務局長(金商)第239号に登録済
2. 行政処分の前科 ・・・ 全くありません。健全です。
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 500%超えと相当なレベルの安全圏
4. 信託保全の状況 ・・・ 日証金信託銀行で全額信託保全
5. 業者の株主・出資者 ・・・ SAXO BANK A/S(デンマーク)100%
6. 人気・評判 ・・・ サクソ業者人気ではkakakuFXより劣る、海外業者と思われてる?

このように上記6つのポイントを見てみると、SAXOBANK(サクソバンク証券)には不安なところが全くありません。設立は浅いですが、もともとサクソ業者であったアストマックスFXを買収して完全SAXOBANKにしたことでFX業界にもスムーズに入ってきました。海外業者ぽく感じますが、きちんと金融先物取引業者に登録されています。行政処分もありません。自己資本規制比率はずっと安全圏を維持して安定しています。海外系ということで資産保全が心配になるかもしれませんが、きちんと日証金信託銀行で全額信託保全されています。そして世界の外国為替銀行上位25行に入り、デンマーク政府がその安全性を保証しているデンマークのSAXOBANK本社が親会社ということで安全性・信頼性もバッチリです。全く悪い評判を聞きません。しいて言えば海外業者と思われているためか利用者が少ないことですか。よってサクソバンク証券の安全性は5段階評価の最高評価となるでしょう。

>> サクソバンク証券の口座開設はコチラから <<

SAXOBANK(サクソバンク証券)の評判・口コミ

Yahoo!知恵袋:saxobank系の業者は月曜日の開始時間が3時とか4時です。saxobank本体とかkakakuFXとか
Yahoo!知恵袋:saxobankでBRLを扱ってますけど、USD/BRLだけです
Yahoo!知恵袋:月曜早朝ウェリントンタイムに取引開始できるFX 業者教えてください月曜の午前3時から取引開始できれば理想ですSAXOBANK系のシステムの会社はオセアニア時間で取引できますが
Yahoo!知恵袋:本来のオプションができるのはSAXOBANK系です。
Yahoo!知恵袋:窓埋めするならサクソバンクFXだろ
Yahoo!知恵袋:米国のサマータイムが始まりましたので月曜の早朝4時からになりますが、サクソバンク証券で取引できます。
Yahoo!知恵袋:サクソバンクって自転車レースのスポンサーなんだよね
Yahoo!知恵袋:サクソバンクFXのデモ一切無料ですよ。但しデモ口座の有効期間は20日間です。
Yahoo!知恵袋:kakakuFXとサクソバンクFXの大まかな違い
Yahoo!知恵袋:サクソバンクFXで出来ますよ。FXオプションは、多彩な戦略が使えて非常に有効な金融商品です。複雑で高度な商品ですが、使い方をマスターしたらFXスポット取引よりもはるかに儲かりますよ
Yahoo!知恵袋:カカクコムのFXとかサクソバンク系のFX会社は朝の3時くらいから取引可能だと聞いています。
Yahoo!知恵袋:SAXOBANKってデンマークが保証してくれるの?最強じゃん
Yahoo!知恵袋:メキシコペソ/円の通貨ペアを取り扱っている証券業者をサクソバンク証券
Yahoo!知恵袋:米国のサマータイムが始まりましたので月曜の早朝4時からになりますが、サクソバンク証券で取引できます
Yahoo!知恵袋:サクソバンクとFXONLINEでも法人口座を開設
Yahoo!知恵袋:つーかサクソバンクってCFD1万種類もあるのかよ。選べねえよ
教えて!goo:SAXO BANKのFXをやっている方、口座を開いた方おしえてください
教えて!goo:株式CFDが取引できる業者ひまわりの他にFXオンライン、CMCMarket、SAXOBANK
教えて!goo:FXは世界が相手ですので日本在住の投資家だから日本市場限定で取引しているわけではないです
教えて!goo
:日本にもSAXOBANK子会社のサクソバンク証券がありますよ
教えて!goo:CFD業者(CMCやSAXOBANKなど)
教えて!goo:私はSAXO業者の通貨を表示したいのです
教えて!goo:アメリカの代表的なFX業者としては、OANDA、GFT、Saxobankなどがあります
教えて!goo
:サクソバンクFXなら150種類もの通貨ペアがあって高金利通貨よりどりみどりです
教えて!goo:SAXOBANKやAmeritrade、HSBC香港などの日本人の少額投資家になじみの深かった海外金融機関
教えて!goo:FX口座のカカクFXとサクソバンクFXを開きました
教えて!goo:CFDをあつかッているところはサクソバンク CFD
教えて!goo
:SAXOTRAERはマジ最強。絶対システムダウンしないし、スリッページもありえないよ
教えて!goo:ヨーロッパFX会社でSAXO系の会社か完全信託保全の会社はどこでしょうかそれならズバリサクソバンクFXはどうでしょうか?100%信託保全 です

【サクソバンク証券の評判のまとめ】
全体的にみてもサクソバンク証券の評判は比較的少ないです。やはり本社SAXOBANKは海外の業者と思われており、日本でサクソFX証券がやっているのを知らない方も多いようです。しかし利用している方にとっては満足度が高いようでほとんど悪評を聞きません。好評の意見として多いのがやはり取引開始時間が3~4時からできるために、月曜早朝における窓埋めトレードに最適な業者であるという評判が多いです。実際にオセアニア時間で取引できるのはサクソバンク証券だけですからね。その他には海外系の会社でありながら完全信託保全されているという点も評価が高い意見があります。口コミや評判からもサクソバンク証券の安全性・信頼性と、窓埋めトレード最適業者として非常に高い評価を得ていることがよくわかります。

>> サクソバンク証券の口座開設はコチラから <<

SAXOBANK(サクソバンク証券)に向いている人

・ マイナー通貨への投資がしたい方
サクソバンク証券はFX業界でも最多の150種類の通貨ペアを取り扱っています。その中にはマイナー通貨である南アフリカ南アフリカランドやメキシコメキシコペソ、トルコトルコリラといった高金利通貨、ハンガリーハンガリーフォレントやポーランドポーランドズロチ、ロシアロシアルーブルといった東欧通貨、さらにはサウジアラビアサウジアラビアなどの中東通貨なども取り揃えています。しかもメジャー通貨とマイナー通貨の組み合わせだけでなくマイナー通貨同士の組み合わせもあるのです。東欧で通貨危機が起こったり、高金利通貨がさらに利上げをした時などに迅速に取引できるのはココだけですね。

・ 安定したシステムを使いたい人(システムダウンが嫌な人)
サクソバンク証券が導入しているシステムは最強です。2007年のサブプライムローンショックや2008年のリーマンショック、2010年の誤発注&ギリシャショックのときでも全くシステムダウンしませんでした。SAXOBANKではサーバー分散、24時間体制監視、30分以内の解決マニュアルなど万全の環境が揃っています。また、トラブルに対して人的対応を極力減らして、オートメーション化し、トラブル復旧時間の短縮を図っています。そういった体制が世界に認められる強固なシステムを築いていったのです。安定したところでシステムダウンを気にせず取引したい人にはピッタリです。

・ スリップが絶対いやな人
SAXOBANKの約定力は非常に強いものであり、まずスリップなどしません。日本のなかでは約定力は最強です。それはデンマークのSAXOBANK本社がその信用力と経営力から多数の欧米有力大手銀行とパートナーシップを組んで、そういった大手機関から流動性を確保しているから可能です。その流動性は数億ロットという巨大な注文すら即座に処理してしまうほどの巨大なものです。これは世界的な信用力と経営力から成るグローバルネットワークを構築しているサクソバンクだからこそ可能なことです。日本の業者でスリップが嫌になった人ならサクソバンク証券の安定性に驚くでしょう。

・ 信頼できる業者を選びたい人
サクソバンク証券はあの有名なSAXO BANK A/S の子会社です。このSAXOBANKは世界の外国為替銀行上位25行に入るトップクラスの銀行である上に、デンマーク政府によって預かり資産は保証されるという国家レベルの安全性を誇っています。サクソ業者としてだけでなく純粋に日本のFX業者の中でも極めて安全性・信頼性が高いFX業者です。短資会社の安全性があるセントラル短資FXとはまた違った別次元の信頼性をもつFX業者です。

・ 窓埋めトレードをしたい方
為替相場では週明けに窓明けという乖離現象が起こります。これは相場の行き過ぎのため、相場はその窓を空ける前の水準まで戻る ”窓埋め” が起こる事が多いのです。その修正する動きを狙った ”窓埋めトレード” が有効です。しかし月曜の朝3時から各FX業者のレートを見てもらえればわかりますが業者によってトレードできる時間が違うのです。多くのFX業者は6~7時からしか取引できません。その点サクソバンク証券なら朝4時からトレードできるので対応の遅い日本業者とは違って窓埋めトレードが有効活用できます。むしろココでしか早朝の窓埋めトレードはできませんね。

>> サクソバンク証券の口座開設はコチラから <<

SAXOBANK(サクソバンク証券)の携帯・モバイル対応

【サクソバンク証券のモバイルサイト】
モバイルサイトはありません

【サクソバンク証券のFX専用アプリ】
ガラパゴスケータイへのアプリはありません

【サクソバンク証券のiPhoneアプリ】
サクソバンク証券はスマートフォンからのアクセスが可能です。

>> サクソバンク証券の口座開設はコチラから <<



サクソバンクFX
>> サクソバンク証券の口座開設はこちら <<
 




SAXOBANK(サクソバンク証券)の詳細データ
会社名 サクソバンク証券株式会社(Saxo Bank Securities K.K)
URL http://www.saxobank.co.jp
上場 なし
資本金 3億円
株主・出資者 SAXO BANK A/S(デンマーク)100%
自己資本規制比率 552.4%
口座数 企業秘密
預かり残高 企業秘密
デモ取引
使用システム SAXOBANK系
システムの内容 WEB版、インストール版(SAXOTRADER)
システムの重さ そこそこ重い
資産管理方法 信託保全
保全先 日証金信託銀行
ロスカット 証拠金100%
携帯対応
サービス名 ミニコース スタンダートコース
最低取引通貨単位 5,000 5,000
手数料 無料 無料
スプレッド(USDJPY) 0.8 0.8
通貨ペア 21 150
ZAR
TRY
ISK ○ ※現在は一時停止
レバレッジ 50→25
初回入金 設定なし
オンライン入出金 クイック入金対応
両建て ☓ (条件次第で可能)
スワップ金利の扱い 日々実現益
通知メール
情報サービス ダウジョーンズ
備考 スタンダートコースはミニマムチャージあり
セミナー
キャンペーン スプレッド縮小キャンペーン
>> サクソバンク証券の口座開設はコチラから <<

最強のSAXOBANKシステム導入業者

サクソバンクFX証券のみ

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved