MT4の121証券(旧121FX&ミスター証券)の情報や評判をもとに徹底評価

121証券(旧121FX&ミスター証券)とはどのような業者か?

【FX会社同士の合併
121証券は以前の121FXとミスター証券の合併会社になります。正確にはミスター証券が121FXのFX事業を買い取った形になるので旧ミスター証券になりますね。この合併によって両社の利点をそれぞれ生かしたサービスを行ってきましたが、日本で最初にMT4:メタトレーダーを導入したことで一気に有名になりました。121証券は日本のFX業者で初めてMT4を導入したFX業者なのです。まぁ諸事情があるので、同じMT4を利用するならForex.com(フォレックスドットコム)のほうがいいです。

【MT4:メタトレーダー導入】
121証券の最も魅力的なサービスがこのMT4の利用です。MT4とは ロシアのMetaQueotesSoftware社が開発したMetatrader4という取引ツールの略称であり、世界でも最も普及しているFXの取引システムといってもいいぐらい有名なツールです。このMetatrader4の最大の特徴は、自分でプログラムを形成してそのプログラムでの自動売買が出来る点にあります。そのためプログラムを組める世界中のシステムトレーダーに利用されています。

【MT4は日本時間表示】
121証券のMT4:メタトレーダーは日本仕様にしようと努力したのか、通常のロンドン時間ではなく東京時間に設定されています。GMTとの時差を自分で計算できる人なら別に必要ありませんが、日本時間のほうがはるかに見やすいのは確かです。ですが、MT4には様々なインディケーターが用意されており、それを利用すれば日本時間表示にすることもできます。例えば 「JPN_Time_Sub.mq4」 というインディケーターを導入すれば日本時間にすることもできるので、それほど重要視するほとのことでもありません。

【ロボットトレード】
121証券が一躍有名になったのが、MT4:メタトレーダーによる自動売買口座です。ロボットトレードとはシステム取引に対応した取引コースであり人間が何にもしなくてもコンピュータが勝手に相場を分析して取引してくれる自動売買ツールです。システムトレードは指定されたプログラムの通りに取引をして、指定されないことは絶対に行いません。そのため感情的なブレがある人間よりも安定した取引ができるのです。お金がからむと人間には欲望とか、恐怖とか、パニックとかいろんな感情がからんでくるので冷静な判断ができなくなりますね。しかしロボットには感情はありませんのでいつも通りに取引をすることができるのです。

MT4によるロボットトレード

・・・ 121証券はレクセム証券に社名変更して、結局廃業 ・・・
ふざけたことばっかりした業者が淘汰されるのは必然のこと!

>> MT4口座なら、AlpariJapan(アルパリジャパン)がお薦め <<

121証券(旧121FX&ミスター証券)のシステム・サーバー

【一部に迷惑な顧客がいる】
121証券は日本業者で唯一のMT4導入業者のため、かなりの顧客が集まっています。その中には短時間に頻繁に売買を行う顧客がいるのです。このため一部の顧客の取引量が急激に多くなることによってシステムに大きな負担が生じます。するとシステムに大きな負荷がかかり、すぐに約定できなかったり、スリップページが起こるなど、他の顧客にも迷惑な状況になってしまうことがあるのです。そのため121証券はサーバーの過負荷を避けるためにスキャル規制を行っているようです。

【総合的にサーバーは強くない】
上述の通り121証券は一部の顧客が短期間に頻繁に売買を行いサーバーに過負荷をかける人がいます。当然121証券のほうも短期間の頻繁な売買を規制(スキャル規制)するなど対策を行っているのですが、その影響で総合的にサーバーが強い水準にはないといえます。特に定期的なメンテナンスのほかに臨時メンテナンスが結構多いみたいです。

・・・ 121証券はレクセム証券に社名変更して、結局廃業 ・・・ ふざけたことばっかりした業者が淘汰されるのは必然のこと!

>> MT4口座なら、AlpariJapan(アルパリジャパン)がお薦め <<

121証券(旧121FX&ミスター証券)の欠点

【スリップページが多い】
121証券のロボットトレードはそれほど約定力が強いものではありません。そのためスキャルをする人にはスリップページがよくあるのです。その原因は121証券が短期間に頻繁に売買を行いサーバーに過剰な負荷をかけるスキャルトレードをあまり好ましく思っていないために取引に規制をかけているようなのです。過剰な取引はひかえましょう。

【ロボットトレードの難点】
システムトレードで一番大切なのはいかに勝率の高いプログラムを用意することができるかという点に尽きます。もちろんどんなプログラムを使っても、このロボットトレードはもちろん121証券の保障は何もありません。当然ですけどね。システムトレードで勝つには、いかに勝率の高いプログラムを作る、利用するかが一番の問題です。

【スワップの差が広い】
ロボットトレードは長期投資をするためではなく短期売買向けの口座です。そのためスワップを重視する人はあまりいないので、そこを狙ってかスワップスプレッド:プラスとマイナスのスワップの差がかなりあります。おそらくこのスワップの差が121証券の重要な利益の1つとなっているのかもしれません。

【出金に時間がかかる】
121証券の出金には時間がかかってしまいます。SAXOシステムが出金依頼を受けてから4営業日以降までかかってしまうのと同じように、ロボットトレードも出金依頼をしてから4営業日以降になってしまうようです。さらに、後述しますが、一部の顧客に対しては何の告知もなく口座を凍結し、新たに入金しないと残りの資金が出金できないという脅迫まがいのことを行いました。

【信託保全は一部だけ】
121証券に預けた顧客の資産は信託保全されています。しかしここで注意したいのが信託保全されているのは一部だけであって全額は信託保全されていないということです。ホームページでは、日証金信託銀行で信託保全を行っていますがその金額は一部だけであることが小さく書いてあります。もしも121証券が破綻した場合は信託保全されている部分は戻ってきますが、分別管理されている部分は戻ってこない可能性があるのです。幸いRobotFXの資産は全額保全されているようですが、この資産管理方法には不安が残ります。

【通知もなしの口座が凍結される!?】
121証券にはミスター証券時代からある 「121FX」 と 「LADYFX」 というサービスがありました。しかしなんとこの2つのサービスが顧客になんの告知がされることもなく統合されたのです。しかも両方の口座を持っている人は、何の告知もなくポジションを強制決済してしまうというトンデモない行為を行ったのです。しかも強制決済した後で口座を凍結、新たに入金しないと凍結解除しないという脅迫まで行う始末です。こうやって入金を催促するような行為は、あのジェイ・エヌ・エス(JNS)と同様であり、資金繰りが悪化しているかもしれない可能性があるのです。この事件を知れば、とても121証券を信用することなどできません。同じMT4を利用するならForex.com(フォレックスドットコム)のほうがいいでしょう。

・・・ 121証券はレクセム証券に社名変更して、結局廃業 ・・・ ふざけたことばっかりした業者が淘汰されるのは必然のこと!

>> MT4口座なら、AlpariJapan(アルパリジャパン)がお薦め <<

121証券(旧121FX&ミスター証券)の安全性・信頼性

【FX業者の安全性を図るポイント】
FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るものです。主なポイントは以下の点です。121証券の安全性・信頼性を見てみましょう。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 関東財務局長(金商)第23号に登録済
2. 行政処分の前科 ・・・ 処分自体はありませんが、黒い噂がチラホラ・・・
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 200%台の安全圏
4. 信託保全の状況 ・・・ 日証金信託銀行で一部だけ信託保全
5. 業者の株主・出資者 ・・・ 不明
6. 人気・評判 ・・・ MT4業者としての知名度が高いが、悪評が多い

このように上記6つのポイントを見てみると、121証券は行政処分のような致命的問題はまだありませんが、とても信用できる業者とはいえません。自己資本規制比率はまだいいとしても、信託保全が一部だけであるのはかなり問題です。2009年4月には全額信託保全が義務化されても、全然改善されません。まるで破綻を計画して、保全されてない資産を持ち逃げしようとしているみたいです。株主が不透明なのも不安であり、実際に121証券に株主が誰か尋ねたところ、答えてもらえませんでした。さらに告知すらせずにポジションの強制決済を行い、口座凍結して入金を要求する脅迫まがいの行為です。こんなことやる業者なんて、どうやったって信用するほうが難しいです。よって121証券の安全性は、評価とかいう以前の評価無し、5段階評価で測定不能の0としてもいいぐらいです。

・・・ 121証券はレクセム証券に社名変更して、結局廃業 ・・・ ふざけたことばっかりした業者が淘汰されるのは必然のこと!

>> MT4口座なら、AlpariJapan(アルパリジャパン)がお薦め <<

121証券(旧121FX&ミスター証券)の評判・口コミ

Yahoo!知恵袋:ODLと121証券は日本法人があるので普通に日本で口座を開けます
Yahoo!知恵袋:121証券の方が使い勝手が良いような気がします
Yahoo!知恵袋:MY4は国内じゃODL証券、121証券、フォーチュンキャピタルが採用してましたね
Yahoo!知恵袋:121証券のヒストリーデータのデータ量が少なくて十分な検証が出来ない
Yahoo!知恵袋:121証券に本登録してMT4だけ使いたいのです
Yahoo!知恵袋:リアルな口座を121証券で開設しようと思っているのです
>Yahoo!知恵袋:MT4等をインポートして使える証券会社・・・ODLか121証券ですかね
Yahoo!知恵袋:FXDD,121証券,ODLなどのMT4などはどうでしょうか?インジケータは検索すれば無数にでてきます。
Yahoo!知恵袋:MT4はODL・121証券・ゲインキャピタルジャパンの3社しか、国内ではないんじゃなかったかな
Yahoo!知恵袋:メタトレーダーはFXDDや121証券、ODL証券から無料ダウンロードできます
Yahoo!知恵袋:ODLと121証券のMt4はクロス円のペアは下3ケタ表示は出来ませんよ
Yahoo!知恵袋:121証券さんのMT4は日本時間ですよ
Yahoo!知恵袋:国内ではMT4に対応してる業者は121証券、ODLジャパン、ゲインキャピタル、フォレックスドットコムジャパン、ゲインキャピタルくらいじゃないでしょうかねぇ
Yahoo!知恵袋:メタトレーダーを使える業者は、国内なら、121証券、ODLジャパン、フォーチュンキャピタル、7FXですが海外なら、大抵どこでも使えます。世界標準ソフトです。
Yahoo!知恵袋:審査基準を20歳から18歳に引き下げてる業者もあります。アトランティックトレードと121証券です。
Yahoo!知恵袋:121証券のRobotFX(metatrader4)を使用したいと考えています。しかしながら、ネットで検索すると約定遅延や不正な操作等々・・・悪い評判ばかりが目立ちます。「スキャルピングしていると約定規制が入る」、「利益が出ていると約定遅延などが発生して、気がつくと利益を失っている」、「損切り注文が約定せず、損益が増大してしまった」などです。
Yahoo!知恵袋:121証券なら東京時間で表示されたはず。ただしスプレッド大幅変動約定拒否のクソ会社(121証券)のメタトレーダーはチャート確認だけがいいですよ。
Yahoo!知恵袋:MT4とは、MetaTrader4 という、ロシアのソフト会社が製作した、FX用のソフトの名前です。無償で一般に配布されており、日本のFX業者さんでは、ODL、121証券、フォーチュン・キャピタルが取り扱っています。それぞれのHPからダウンロードでき、無期延期可能なデモトレードもできます。

教えて!gooODLはトレードするだけなら最高の業者です。121は知りません
教えて!goo:121証券はイマイチの印象です・・・
教えて!goo:スプレッドは121証券のほうが魅力的
教えて!goo:MT4をODLまたは121証券のデモ口座で使用していました
教えて!goo:MetaTrader4を採用しているのは121証券、ODLJapan、あくまで中級者以上向けのツール
教えて!goo:121証券の場合、デモ講座申請は1回だけのようです
教えて!goo:MT4を取り扱っている業者に口座開設しようとは前々から思っているのですが、資金の関係もありなかなか決められません。今、視野にあるのは、FOREX.com、121証券、ODL、FXDDです。
教えて!goo:121証券のデモ口座は利用しました。初日に2回通信不能になりました。121は評価しようがないぐらい酷いです。2ch見ればわかりますよ。121の評判は悪いですね。約定が遅いという話は気になりました
教えて!goo:私は(121証券を)使用していません。理由は121証券のMT4のティック値は他のFX会社とくらべて4ティックほど常に乖離しているからです。FXDDのMT4のティック値とくらべるとすぐわかります。それから121証券のMT4はたぶんロボットFX(自動売買ソフト)のせいだと思うのですが、時々、1,2分の短時間の値動きの中で、他のFX会社のチャートとまったく違う値動きになっている場合がありますので、気をつけてください。

プログラマーなFX:国内ブローカーというだけあって日本時間が表示されていました。
俺流オンライン情報局:121証券は最低5万円の少額でMT4使用できるのはありがたいです。
MetaTrader4で永久に稼ぐ:MT4導入には、相当な高額、自動売買を実現させるためのサーバーの強化、悪意のある自動売買プログラムの対策、など数えられないリスクが存在します。そんなリスクを振り切ってMetaTrader4を採用した121証券は、本当に素晴らしいとしか言いようがありません!

【121証券評判のまとめ】
121証券の評判・口コミを見ると、最大の特徴でもあるMT4(MetaTrader4)を日本業者でありながら導入してくれたことを評価している人が多いです。121証券はODLJapan、7FX、Forex.com(フォレックスドットコム)と共にMT4業者として認知されたようです。ただし、それ以外ではほとんどの評判が悪評で、難轟々でした。スキャル規制や悪質なスリッページ、すぐ広がるスプレッドに約定拒否と、そうとう悪く書かれています。中には ”スプレッド大幅変動約定拒否のクソ会社” とまで言われるほどなのです。したがって121証券の評判は、FX業者の中で最悪といえるかもしれません。そのため、同じのMT4(MetaTrader4)を使えるForex.com(フォレックスドットコム)のほうがいいといわれています。MT4を使うなら、当サイトの評価にも記述しているようにAlpariJapan(アルパリジャパン)のほうがいいみたいです。

・・・ 121証券はレクセム証券に社名変更して、結局廃業 ・・・ ふざけたことばっかりした業者が淘汰されるのは必然のこと!

>> MT4口座なら、AlpariJapan(アルパリジャパン)がお薦め <<

121証券(旧121FX&ミスター証券)に向いている人

・ MT4ツールを使いたい人
121証券が導入しているMT4システムは世界最高峰のツールです。26種類のテクニカル分析ツールが充実している他に、自分で作ったプログラムでシステムトレードを行うことが出来るという非常に拡張性に優れたツールなのです。このMT4は今まではリスクを冒して海外業者で使うしかなかったのですが、121証券が日本業者として初めてMT4を導入したのです。そのため一気に投資家たちがMT4目当てで121証券に口座を開きました。MT4目当てで口座を作ってもいいでしょう。

・ システムトレード派
121証券の主力サービスがこのロボットトレードです。ロボットトレードはコンピュータが相場を読み取り自動的に売買してくれます。人間の最大の弱点である躊躇や混乱などがないため正確な取引ができます。100%儲かることを保証できるわけではありませんが、自分のトレードに自信が無かったり、自分で取引するのが面倒な人にはいいでしょう。ただし、ロボット口座は郵送のみの受付で審査も厳しいみたいです。

※ 121証券の欠点でも説明していますが、この121証券は何の告知もなくポジションを強制決済してしまうというトンデモない行為を行ったのです。しかも強制決済した後で口座を凍結、新たに入金しないと凍結解除しないという脅迫まで行う始末です。スプレッドが異常に広がったり、約定拒否が多いなど評判も最悪であり、とても121証券を信用することなどできません。最終的な判断はご自身にお任せしますが、私としては信用できない業者です。

・・・ 121証券はレクセム証券に社名変更して、結局廃業 ・・・ ふざけたことばっかりした業者が淘汰されるのは必然のこと!

>> MT4口座なら、AlpariJapan(アルパリジャパン)がお薦め <<

総合評価 評価の理由 5段階評価
短期売買
デイトレ派
121FXはコストは安いがサーバーの弱さがかなり問題で短期売買には向かないです。いずれ消えそうなので使わないほうがいいでしょう。事実、ポジションの強制決済が起こりました。またMT4が採用されたロボットトレードですが、サーバーは弱く、スプレッドが広がり、さらに約定拒否まで起こるので ”宝の持ち腐れ” になっています。 ★★
長期投資
スワップ派
SAXOシステムのサービスを止めてしまったので、高金利通貨を長期保有してスワップを貯める方法には適さなくなりました。ロボットトレードは長期投資に向いていません。会社の安全性にも非常に疑問が残るので、長期投資には全く向いていない業者でしょう。
コスト面
(スプレッド+手数料)
他のサービスの手数料はおいといて、ホームページに記載されている表面的な手数料は無料であり、USDJPYのスプレッドが1pipsになるなどコスト的にはまずまずの水準です。 ★★★★★
安全性
資産管理+信頼性
信託保全を導入していますが全額ではありません。もしも破綻した場合は全額の資産がもどってこない可能性があります。自己資本規制比率も200%は超えているものの低い水準が続いていたり、株主が不透明、黒い噂があるなど、お世辞にも安心できる業者ではありません。最近ではポジション強制決済&口座凍結があって、ますます信用ができなくなりました。
サーバー ロボットトレード口座のサーバー・約定力はそれほど強いものではありません。さらに121証券が悪質顧客によるスキャル規制したことによって、けっこう不評もあります。その影響からかどんどんサービスが悪くなり、約定拒否がたくさん出るほどまで悪くなっています。
情報サービス 情報サービスはほとんどありません。皆無といっていいでしょう。
評判・人気 FX業界では老舗にあたるのですが、ミスター証券時代は121FXと合併したことを知っている人がほとんどいないなど認知されていませんでした。最近ロボットトレードを始めたことで、多少なりとも知名度が上昇しましたが、黒い噂や誠意のない行動が多く、評判は最低です。
総合判断 新しく始めたロボットシステムトレードにMT4:メタトレーダーを導入したことで日本業者で最初のMT4業者として知られるようになりました。しかし顧客に告知すらせずにポジションの強制決済を行ったり、口座凍結して入金を催促するなどすさまじい行動が明らかになってきました。とてもオススメできる業者ではありません。MT4を使いたい人は、何がなんでもAlpariJapan(アルパリジャパン)を選んだほうが賢明といえるでしょう。




121証券(旧121FX&ミスター証券)の詳細データ
会社名 121証券
URL http://fx.121sec.com/
上場 未上場
資本金 1億5000万円
株主・出資者 不明
自己資本規制比率 224.4%
口座数 企業秘密
預かり残高 企業秘密
デモ取引 あり
使用システム 専用ツール
システムの内容 MT4系
システムの重さ ツール自体はかなり軽い
資産管理方法 信託保全 (一部
保全先 日証金信託銀行
ロスカット 証拠金50%
携帯対応 ×
サービス名 121FX RobotFX
最低取引通貨単位 10,000 10,000
手数料 無料 無料
スプレッド(USDJPY) 2pips (詳細) 1pips (詳細)
通貨ペア 18 (詳細) 18 (詳細)
ZAR × ×
TRY × ×
ISK × ×
レバレッジ 100倍 証拠金10,000円固定
初回入金 5万円
オンライン入出金 直接振込
両建て
スワップ金利の扱い 日々反映
通知メール × ×
情報サービス 経済カレンダー
金融政策動向
備考 黒い噂が絶えず、悪評が絶えない。最近では顧客のポジションを告知もせずに強制決済したり、口座凍結して入金を催促するなど、行動が犯罪じみてきた
セミナー 今のところ特に無し
キャンペーン 今のところ特に無し
Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved