行政処分されたが、サーバー以外で外為どっとコムの安全性・信頼性は問題なし

各コンテンツのショートカット

外為どっとコムの安全性・信頼性

外為どっとコムの安全性・信頼性

【FX業者の安全性を図るポイント】
FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るものです。主なポイントは以下の点です。外為どっとコムを見てみましょう。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 関東財務局長(金商)第262号に登録済
2. 行政処分の前科 ・・・ システムトラブルで業務停止命令 → 外為どっとコムの処分(関東財務局)
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 600%超えと相当なレベルの安全圏
4. 信託保全の状況 ・・・ 野村信託銀行で全額信託保全
5. 業者の株主・出資者 ・・・ メイタン・トラディションとオリエント貿易
6. 人気・評判 ・・・ 口座数・預かり残高TOP、FX業界の象徴

外為どっとコムは2010年に行政処分を受けるまでは、金融庁への登録、自己資本規制比率、信託保全、信頼性、評判などにおいて非の打ち所がないほどのオールパーフェクトでした。ただ行政処分を受けたことでその評価がちょっと落ちました。行政処分の内容は為替レートの誤検出やロスカットの誤作動を引き起こしたシステムトラブルです。もちろん異常レートには対処し、その取引自体を無効する対処をしています。しかし一時のことはいえ、異常レートやロスカットの作動はちょっといただけないものであり、かなり顧客の信頼を損ねました。ただその処分は金融庁の ”見せしめ” によって誇張されている点も多く、判断が難しいものでした。

しかし外為どっとコムはその他の点において非常に高い安全性・信頼性を誇っています。FX業界シェアぶっちぎりNo.1を誇り、顧客・業界からの信頼も厚いとあって金融界の著名人が何人もセミナーをしたり講演をしたりしています。あの外為オンラインも一度行政処分をうけましたが改善し、今では人気業者の大手です。この行政処分を許せるか否かが焦点でしょう。許せるのでしたら他に不安な点はありません。もともと外為どっとコムは、セミナーやサービスを受けるためにサブ口座として使っている方が多く、積極的な取引をしない方針なら問題はありません。行政処分の点を考慮し、外為どっとコムの安全性は5段階評価の4になります。

ちなみに総口座数数十万を誇る外為どっとコムが業務停止命令を受けた時の騒動はかなり大きいものでした。その際は外為どっとコムからどこの業者へ移転するかという話題が多くなりましたが、この業者はもともと積極的に短期取引をするメイン口座には向いておらずレポートやセミナーなどサービスを受けるだけの使い方がよいです。情報目的だけならそのままで問題はありません。もしメイン口座として使っているならメイン口座だけを新たに作り、外為どっとコムは情報目的だけにするという使い方がお勧めです。メイン口座の替りには、やはり取引高がNo.1で人気絶頂であるDMMFXが一番でしょう。スプレッドが一番狭く、穴場のアイディーオー証券もいいです。ただどちらも情報・サービスは皆無ですので、そちらを期待するなら外為どっとコムのを利用しましょう。

<Yahoo!知恵袋>
・ここの会社は情報量が多いのを理由に口座を持っていた
・外為どっとコムは情報が充実してるだけで特に使いたい業者ではないです

>> 外為どっとコムの口座開設はコチラから <<

FX会社の徹底比較 ~FX会社の勝ち組と負け組~

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved