投資信託にはオープン型・クローズ型という募集が期間限定のものがある!

2つの募集方法

投資信託は全ての商品がいつでも買えるわけではありません。いくつかの投資信託は ”募集方法” に違いがあります。その募集方法は2つあります。「オープン型」 と 「クローズ型」 というものです。オープンとは「開く」という意味ですね。つまりいつでも投資の扉は開かれてる ”年中募集中タイプ” です。株式や債券など比較的運用しやすく換金性に優れているものにはこのタイプが多いですね。対してクローズとは「閉まる」の意味です。つまり開く期間が決まってる ”期間限定タイプ” です。これは運用するプロ(ファンドマネージャー)の都合によっては調達資金の上限が決まっていたり、金持ち限定のヘッジファンドに多いタイプです。 また、投資信託によってはオープン型を追加型といったり、クローズ型を単位型ともいいます。

募集方法 どのような募集か 違う言い方 追加購入
オープン型 年中募集中 追加型投資信託 いつでも可
クローズ型 期間限定 単位型投資信託 ×



オープン型(追加型)

オープン型、追加型の投資信託は募集に制限がないものです。オープンとは「開く」という意味ですね。つまりいつでも投資の扉は開かれてる ”年中募集中タイプ” です。ほとんどの投資信託はこのタイプになるために、投資信託はいつでも買えると勘違いしてしまうことがありますが、いくつかの投資信託はクローズ型になるものもあります。

オープン型、追加型の投資信託というのは、いつでも募集しているので自分の好きなタイミングで買うことができます。株式や債券など比較的運用しやすく換金性に優れているものにはこのタイプが多いです。また追加で購入する ”買い増し” がいつでもできるので利便性がよいといえます。また、運用期間を設定していないものが多く、ファンドの都合で解約されることが少ないため長期運用に適しているといえます。しかしいつでも買い増しができるということで資金が集まりすぎて運用をしにくくなるデメリットもあります。例えば株式を買うときに、大きく買ってしまうと自らの買いで、株式の値段が大きく上がってしまうといったことがおきてしまいます。仕手筋のようになってしまうのでやりにくくなってしまうのです。

【メリット】
・ 好きなタイミングで買える
・ 好きなタイミングで ”買い増し” ができる
・ 長期運用に適している

【デメリット】
・ 運用資金が大きくなりすぎて困ることがある


クローズ型(単位型)

クローズ型、単位型の投資信託は募集にいくつかの制限があります。多くの条件が 「募集金額の上限」 と 「募集期間の限定」 になります。この条件を設定している理由はオープン型のデメリットであった資金の集まりすぎを防止するものです。期間限定のため、募集資金が大きくなりすぎないようにしているので運用に支障が起きることがないのです。

逆にオープン型のメリットの正反対がデメリットとなりえます。募集期間が限定されるため、こちらのタイミングで買い付けや買い増しを行うことが難しくなります。そして運用期間も設定されているので、満期になると解約されてしまうこともあります。長期運用にはあまり向いていないでしょう。

【メリット】
・ 運用資金が大きくならない
・ 計画通りの運用ができる

【デメリット】
・ 好きなタイミングで買えない
・ ”買い増し” ができない
・ 満期で解約される
・ 長期運用に適してしていない

どちらがいいか?

オープン型とクローズ型の2つの募集方法がある投資信託ですが、
基本的にはこちらのタイミングで買い付けや買い増しができる
オープン型のほうが適しているといえます

しかし、募集方法はこちらで選択できるものではなく、運用会社の都合によって決められていることが多いです。そのため、自分が投資したい対象によっては都合が悪いクローズ型の投資信託を選ばざるをえない状況になることもあります。長期運用を考えていたり、後で買い増しを考えているのなら、なるべく融通が利かないクローズ型の投資信託は避けましょう。

>> 投資信託を買うなら品数が一番充実してる楽天証券へ <<

投資信託サイトマップ

祝♪投資信託入門
勝ち組への頼もしいパートナー 定期預金から投資信託へ(貯蓄から投資の時代)
投資のプロが代わりに資産運用します プロがやってくれるのでとっても楽!
プロへ頼むことで世界へ投資できる! たった一万円からできる!
いろんなところへ分散投資してリスク分散! 儲けは2つあるのでダブルでお得!
例:運用に自信がない主婦 例:自分年金を作りたい年金生活者
例:国民年金より投資信託を選ぶ若者 例:忙しく時間のとれないサラリーマン
初心者の投資信託始め方手順♪
1. 投資信託が買える所を知ろう 初心者がやっちゃいけないこと
2 .初心者はまずココに口座を開くべし 郵便局で買うのはオススメできない
3 .自分の年代に合う投資信託を買うべし  
投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
投資資金が無い人はFXのキャンペーンで稼ごう  
初心者にもおすすめな自動運用サービス
マネックス・セゾン・バンガードの 「MSV LIFE」
・ マネックス・セゾン・バンガードの 「MSV LIFE」 とはどんなサービスか?
・ 他のラップ口座サービスとの手数料比較
・ 「MSV LIFE」 でシュミレーションしてみた
・ 「MSV LIFE」 の感想と注意点
<経験者向き>ウェルスナビ「Wealth Navi ロボアドバイザー」
・ ノーベル賞アルゴリズムを使った世界分散投資
・ 業界初の自動積立リバランス、自動節税DeTAX
・ 30~50代の将来に不安のある世代におすすめ
<番外編>完全委託サービス
富裕層向け:ラップ口座 中流層向け:ミニラップ口座
<初心者編>覚えよう投資信託について
投資信託の種類と分類 まとめ!
投資信託を売っている4つの場所 3つの機関がある投資信託のしくみ
投資するのは日本にする?海外にする? アクティブ運用とインデックス運用
分配金をもらうか、再投資するか? 募集方法は2つある
投資信託のコスト(手数料) 投資信託のリスクとは
初心者向け:株式投資信託 初心者向け:債券投資信託
初心者向け:バランス型投資信託 初心者向け:公社債投資信託
初心者向け:MRF 初心者向け:MMF
初心者向け:ETF  
<中級者編>いろいろな種類があるよ
中級者向け:海外ETF 中級者向け:外貨MMF
中級者向け:REIT (不動産) 中級者向け:コモディティファンド
中級者向け:ファンドオブファンズ  
<上級者編>きわどい種類
上級者向け:新人アイドルファンド 上級者向け:音楽ファンド
上級者向け:ゲームファンド 上級者向け:オルタナティブファンド
上級者向け:ヘッジファンド 注目! 上級者向け:ワインファンド
上級者向け:ホテルファンド 上級者向け:BST(ボンドセレクトトラスト)
上級者向け:SRIファンド 上級者向け:グリーンファンド
投資信託会社徹底分析(会社選びで差がついてしまう!)
投資信託販売会社一覧
<万能型>楽天証券 <万能型>SBI証券
<銀行型>楽天銀行(イーバンク銀行) <数量型>投信スーパーセンター
<積立型>カブドットコム証券 <積立型>マネックス証券
<ぼったくり型>ゆうちょ銀行  
投資信託の直販会社
セゾン投資、ひふみ投信、コモンズ投信、どれを選べばいいか?ざっくり判別!
海外投資して日本リスク軽減、為替差益リターン → セゾン投信
やっぱり日本株、低コスト、積極的で新興市場リターン → ひふみ投信
少ない日本企業でなが~く低リスクで行きたい → コモンズ投信
<海外型>セゾン投信 Global!
セゾン資産形成の達人ファンドがR&Iファンド大賞  
<優秀型>ひふみ投信 Hot! <長期型>コモンズ投信 New!
ひふみ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
ひふみ投信とはどんな会社か
『ひふみ投信』 の投資信託の分析・解説
ひふみ投信の 『くるみ口座』 とはどんなサービスか
ひふみ投信の注意点とは
ひふみ投信にオススメの人
ひふみ投信の総合評価
コモンズ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
コモンズ投信とはどんな会社か
コモンズ投信の 『コモンズ30』 とはどんな投資信託か
コモンズ投信の 『こどもトラスト』 とはどんなサービスか
コモンズ投信の注意点とは
コモンズ投信にオススメの人
コモンズ投信の総合評価
【特集】 セゾン投信様との対談取材を行いました!
セゾン投信対談その1 : 日本の将来は悲観的 セゾン投信対談その4 : ファンドに対する疑問について
セゾン投信対談その2 : 投資必要性とリスク セゾン投信対談その5 : どんな世代がいくら投資してる?
セゾン投信対談その3 : セゾン投信の魅力  
選ぶのに迷ったらこんな選択をオススメします
投資信託を選ぶときの鉄則
低資金からの自分年金作り
月1万円からの自分年金 月3万円からの自分年金
世代別からの自分年金作り
<未成年>10代からの自分年金プラン <若者層>20~30代からの自分年金プラン
<中高年>40~50代からの自分年金プラン <シニア>60代以降からの自分年金プラン
ここがヘンだよぼったくり投資信託!
ゆうちょ銀行は宝の持ち腐れ 定期預金と投資信託のセット
同じ投資信託でも手数料が違う理由 ファンドオブファンドオブファンズ(FOFOF)
超ぼったくりの外貨預金 店頭証券は貧乏人からぼったくるのがお仕事
世界にはこんな有望国がある!
BRICs (21世紀の超大国)
ブラジル Brazil : ブラジルへの投資方法 ロシア Russia : ロシアへの投資方法
インド India : インドへの投資方法 中国 China : 中国への投資方法
VISTA (成長著しい)
ベトナム Vietnam : ベトナムへの投資方法 インドネシア Indonesia : インドネシアへの投資方法
南アフリカ SouthAfrica : 南アフリカへの投資方法 トルコ Turkey : トルコへの投資方法
アルゼンチン Argentina : アルゼンチンへの投資方法  
MENA、MEDUSA(オイルマネーで潤う)
マレーシア Malaysia : マレーシアへの投資方法 エジプト Egypt : エジプトへの投資方法
UAEのドバイ首長国 DUbai : ドバイ(UAE)への投資方法 サウジアラビア SAudiarabia : サウジアラビアへの投資方法
NEXT11 (ちょっと微妙・・)
投資信託のQ&A
個人向け国債、日本国債ファンドどれがお得? ETF と ファンド はどっちがお得?
外貨預金、外貨MMF、BST、FX、結局どれがいいの? 72のプリンシプル(72の法則)って何? 
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!