年収3000万の男が求める妻

シンデレラを夢見る女性たち

この晩婚化の時代、 『結婚する人のランクは落とせない!』 と言って毎週のように高いお金を払い、高収入の男性が集まる見合い会場や合コンなどに出席する女性がいます。彼女らは 『年収1000万以下はありえない』 『3高(死語)でなければ結婚できない』 と主張し男に対してかなり厳しい条件を求めています。さて、それでは彼女らの求める理想にふさわしい年収数千万プレイヤーの男性はどんな女性を求めているのでしょうか?

年収数千万の男性が求める女性像

年収数千万を稼ぐ男性の求める女性とは 『自分の生活にとってリスクヘッジになる女性』 です。

リスクヘッジ?どういうことと思うでしょう。ではその理由を見てみましょう。

年収数千万の男性の労働環境はリスキー

年収数千万の職業とは、主に外資系金融機関や上場企業役員クラス、後は開業している医者、弁護士、パイロットなどが挙げられます。これらの職業に共通することは労働環境が普通のサラリーマンとは全くの別次元であることです。一言でいえばすさまじく忙しい環境なのです。例えば、外資系の会社は良くも悪くも厳しいノルマの完全成果主義であり結果が全ての世界です。なのでいくら過去に優秀で稼いでいてカリスマと呼ばれようが一度結果を出せなかったら即、クビ!おまけに失敗の責任として借金を背負わされるケースもあります。上場企業ともなると会社の利益のほかに社会的責任を負わなけらばいけません。経営者と同様に、とても忙しくまた責任重大の立場であり、社員の不祥事や経営の失敗などの責任をTOPであるがゆえに負わなければなりません。自分のしたこと云々より部下の立ち回りで給料を減らされたり、アデランスのように株主によって退陣させられたりもします。医者や弁護士、パイロットにいたっては元々かなりの重労働であることを認識しているでしょう。

 

こういった忙しい立場にあるからこそ、彼らは数少ない休みでたくさんお金を使うのです。いや、逆にそのときでないと使うヒマがないのです。せっかく稼いだのに税金でもっていかれては悔しいですから。

 

年収数千万の男性が避ける女性

『そんなに忙しいなら私が妻になって毎日使ってあげるわ』 なんて考えている人はいませんか?そういったタイプは高収入の男性から最も避けられるタイプです。年収数千万を稼ぐ男性はとても賢く自分の資産環境に逐一目を配っています。しっかりと自分の収入に合った貯蓄、運用を設計をたてているのでそんな浪費癖のある人などお断りなのです。なんでも金に糸目をつけずに買ってくれるという人は人生設計ができておらず遠からずに破産する運命にあります。はぶりいい人ほど後で借金に苦しんで落ちぶれているのですが、そんな都合の悪いところをTVでは見せません。

妻をリスクヘッジにしたい男性

年収数千万の男性は自分の労働環境が非常にリスキーであることを認識しています。なので彼らが望む女性は

「リスキーである自分の労働環境をきちんと理解してくれて、万が一の時には自分を食べされてくれることができる女性」

になります。自分と同じくらいのスキルを持ち、自分にリストラや責任をとらされた万一の事態になったとき自分の代わりに食べさせてくれる保険のような存在を求めているのです。

なんだそれ?女性が求める男性像とほとんど同じじゃないか?と思われるでしょうが男性にも選ぶ権利はあり、女性の理想というものがあります。理想をつきつめていったら男女とも同じような理想像になってしまうのは皮肉な結果になりますね。

自分と同じくらいのスキルをもつ女性を求める傾向が強いのですから、高収入の男性は高収入の女性と結婚することも多いのです。忙しいですから出会いも限られていることもありますが、一番の理由はやはり自分の境遇を理解してくれて、万一の時の保険になってくれるという条件を満たしているからですね。

結論

結論として、年収数千万プレイヤーの妻になりたいのなら自身のレベルを数千万プレイヤーへ上げなければいけないということです。身分相応という言葉のとおりですね。理想の男性を追い求めるのは個人の自由ですが、あなた自身がその理想の男性にふさわしい条件を満たしていることが一番重要なことではないでしょうか?例外として、以前アラブのある国の王族がたまたま日本に来たときに会った日本人女性に一目ぼれしてしまい、そのまま后となったというシンデレラストーリーもあるんです。王族レベルなら一生どころか子孫までお金の面で安泰ですが、これは狙ったわけでもなくただの偶然にすぎません。あくまで例外です。

ちなみに プレジデント誌によると、20歳から49歳までの 「バツなし未婚男」 の中で年収1000万円以上の割合はわずか0.4%となっています。 「バツなし未婚男」 の中で年収1000万円以上の男性をさがすことは、ほとんど宝くじの当たりを見つけるようなものです。1,000万以上を探している30代の女性がお目当ての人を見つけたという話を聞いたことがあるでしょうか?宝くじを求めた女性たちが、永遠になれないシンデレラを夢見て無駄な努力を重ねているのが現状です。

関連記事