できるかできないかではない、やるかやらないかだ

誰かが言ったかわからないほど有名な名言

問題なのは 
『できるかできないか』 ではない!
『やるかやらないか』 である!

名言の著者 : 不明

詠み人しらず ・・・ でもそれでいい

問題なのは 『できるかできないか』、ではなく、『やるかやらないか』 である。

この言葉を聞いたことが無い人はほとんどいないでしょう。それほどまでに大衆にも知れ渡っている有名な名言です。あまりにも有名でいろんな人がいろんなところで使っているために、最初にこの名言を記した人はわかっていません。でもそれは問題ではありませんね。”誰かがいった名言” それだけで十分です。

この名言の意味は、もう説明する必要はないでしょう。物事に対して、Can・Cannot にこだわるのではなく、ますはDo:やってみろ!成功するか失敗するかどうか躊躇せずにまず実行することが大切ってことです。失敗を恐れることは誰にでもありますが、まずはやってみること、実行してみることが大切である。何事もまず実行しなければ、何も起こりません。宝くじだって・・・買わなければ絶対にあたりませんね。実行することの重要性、そして失敗を恐れない勇気が大切であることを示した名言です。

貧乏人は行動しない ・・・ だから貧乏人なのだ

この名言は、勝ち組になる・金持ちになるために絶対に必要な言葉です。金持ち・勝ち組になった人は、動機はどうであれ、誰しもが必ず金持ちになる・勝ち組になるために行動を起こしています。Action、Doしているんです。行動を起こさずに金持ち・勝ち組になった人は存在しません。確かに行動した結果、失敗する人もたくさんいます。成功できた人はごくわずかなのも事実です。しかし何事も行動しなければ可能性は0%のままです。行動することで初めて、成功する可能性が0ではなくなるのです。金持ちになった人、勝ち組でいられる人に共通するのは、失敗を恐れずにすぐに行動する行動力にあふれた人が多いのです。

しかし、こうは言っても多くの貧乏人や負け組の人は 『できる・できない』 のほうにこだわります。そう、彼らはやるかやらないかのほうが大切なのに、できるできないのほうにばかりこだわっているのです。確かにその気持ちもわからなくはありません。しかし、結局は多くの貧乏人や負け組は 『失敗するのがイヤだから』、『100%成功する方法ができるまでやらない』 といっていつまでもやりません。実行しません。行動を起こそうとしないのです。

行動を起こさなければ絶対に成功しない

ですが、多くの貧乏人が気にする
成功する可能性なんて誰にもわかりません。
やってみなくちゃわからないのです!

100%失敗する方法はあるかもしれませんが、100%成功する方法など絶対に存在しません。説明しなくともわかるでしょう。そんなものがあれば誰も苦労はしませんし、世の中に格差ができることもありません。成功するかどうか、できるかできないかはやってみなければわからないのです。少年マンガでもよく使われている言葉ですね。こどもだってわかっています。

それをわかっている金持ち・勝ち組予備軍の人は、たとえ失敗の可能性が高くとも実行し、失敗してもめげずに次の行動を起こします。回数をこなすことで少ない可能性が、やがて大きな可能性となり成功をつかむのです。成功するかどうかは、やってみなくちゃわからないのです。逆に言えば、やらなければ絶対に成功しません。なのに多くの貧乏人・負け組はなんだかんだ言い訳をして行動を起こしません。だから負け組なのです。行動を起こさない人間 ・・・ これは多くの負け組に共通することです。