貧乏人ほど宝くじを多く買うが、当たっても破産する

宝くじは最もワリに合わない方法

金持ちになるにはどんな方法がありますか?

このような質問をすると、貧乏人・負け組のかたにするとほとんどの方は ”宝くじ” と回答します。しかし同じ質問を勝ち組・金持ちの方にすると、誰1人として ”宝くじ” を挙げる人はいません。理由は単純です。宝くじは数ある金儲けの方法の中でも、テラ銭・控除率・還元率といった胴元の取り分が一番高いものだからです。

宝くじは買った時に半分負けている

その割合はなんと50%を超えるものであり、買った時点で半分負けているようなものです。

各ギャンブルの控除率・テラ銭

実際多くの人、いえほぼすべての人がマイナスで終わっています

ちなみにギャンブル要素が高いといわれているパチンコの還元率は85%、ギャンブルの代表格ともいえる競馬・競艇・競輪でも75%ほどにしかすぎません。ちなみにラスベガスのカジノとかでは、95%・・・胴元の取り分は5%にすぎません。何かとギャンブルのマイナスイメージに使われがちなパチンコや競馬ですが、実は宝くじよりよっぽど良心的な方法といえるのです。

「夢を買う」って言うけど、夢ってお金で買えるの?安い夢ですね。

にもかかわらず、多くの人(特に貧乏人)が毎年、宝くじを買うために長蛇の列を作って買い求めています。なかには東京の○○売り場は当たりやすいとかの情報を仕入れて、わざわざ地方から上京してくる人もいるぐらいです。

しかし宝くじは当たるかどうかなんて全くわからない完全なギャンブルです。

このようなことを言うと貧乏人の方から、『いや、ギャンブルではない』 といった反応がかえってきて中には 『宝くじは夢を買う行為だ』 とのたまう人もいます。ちょっと知識や教養がある方なら呆れてしまうでしょう。最も還元率が低く、最も当選確率が低く、最もワリに合わない方法にお金を投資することなど愚の骨頂です。そもそも夢ってお金で買えるもんなんですか?ずいぶんチープな夢ですね。

高額当選ばかり考えて現実を直視していない

結局のところ、宝くじというのは最も胴元が儲かり、最もワリに合わないお金儲けの方法です。にもかかわらず多くの貧乏人がそれを求めるのは 『1億円』 とか 『3億円』 といった巨額の当選金額に目がくらんでいるからです。

そのため大切な当選確率や控除率などといった分析を完全に放棄してしまっているのです。そう、多くの人が ”当たったこと” ばかりを考えて、他のことを全く考慮していません。

これはロバートキヨサキ氏の名言にもある 「金持ちは最悪の事態まで想定している。貧乏人は最高の事態しか想定しない」 にピッタリ一致していますね。自分で頑張ろうとせず、最も当選確率の低いギャンブルにお金を入れ込み、当たったことばかり考えて目の前にある現実を直視していない。こういった人間を貧乏人というのです。

貧乏人ほど宝くじをたくさん買う傾向にある

そして、この事実を裏付けるような調査結果があります。アメリカの調査によれば貧乏人(所得が低い人)ほど宝くじを多く買う傾向があるというのです。

アメリカの年収13000ドル(114万円)以下の家庭では、平均すると一年に645ドル(約5.6万円)を宝くじに費やしているというのです。年収100万程度の人が数万円も使っているんです。これはなんと年収の1割ですよ。給料の10分の1を毎月宝くじに費やしているというのです。

だから宝くじは愚者の税金

これはアメリカでの話だろ?日本には当てはまらない!という人もいますが、人間の欲望はどこの国どこの時代にいっても大して変わりません。日本だって宝くじの話をしたり、実際に買いに来てる人は貧乏人ばっかりです。貧乏人ほど生活に占める出費率が高いのでそれだけ節制しなければいけないはずなのに、完全なギャンブルである宝くじにお金をつぎ込む始末・・・これでは金持ちになるどころか、平均レベルの生活だって無理です。

貧乏人が貧乏人足る理由がわかります。

国や地方自治体はそんな貧乏人のあさましい欲望に目をつけて宝くじを独占販売しているのです。儲かりますから。こういった事実からあるから、宝くじは欲望をコントロールできない浅ましい愚か者から徴収できる税金 ・・・ 『愚者の税金である』 と言われるのです。

当選すれば人生変わる?結局破産する運命

上記のように宝くじで儲けようとするのは最も確率が低く、かつ完全なギャンブルです。

しかしいくら確率が低いとはいっても、毎年当選する人が出るのは確かです。こういった話をすると、また宝くじを買いたくなってしまうかもしれませんが、ちょっと待ってください。実は宝くじで当選した人の何割かは、なんと破産や破産一歩手前の状況まで追い詰められているのです。

『え!?大金が手に入ったのになんで?』

お金をコントロールできないとすぐに無くなる

その理由はお金をうまくコントロールできないことにあります。

高額当選といってもお金は有限です。家だ、車だ、ブランド物だ、パーティだと浪費しまくっていればすぐに無くなりますし、お金目当てで詐欺師や強盗や恋愛詐欺を行う輩などに絡まれる確率も高くなります。すでに資産を有している人であればある程度こういったことに対策ができていますが、貧乏な人や資産がない人では完全な無防備状態です。高額当選して浮かれている状態であれば詐欺師にとっては格好のターゲットとなるでしょう。

高額当選したけど破滅したケース

以前宝くじに当選してから没落した方の話です。

イギリス北部カンブリアのホワイトへイヴン在住のカリー・ロジャーズさんは16歳のときに190万ポンド(当時の為替レートで3億6,000万円)の高額当選を果たしました。彼女は当選した後は、家を4軒、豪華なホリデー、高級車や贈り物、ブランド物の服、パーティー、豊胸手術になどに使いまくりました。しかし前科者と結婚し子どもを作った頃からお金がつき始め、お金を盗まれたり、ドロドロの不倫騒動にまきこまれたり、薬物密売などにも巻き込まれて逮捕されてしまい破産寸前の状況になってしまったのです。

金銭感覚が失われただけでなく飲酒やドラッグにもハマるようになり、うつ病により2度の自殺未遂まで起こしてしまっています。2人の子と一緒に家賃400ポンド(約56,000円)の家に住んでいるという。

「賭け事は18歳未満は禁じられているのに、宝くじは16歳から参加できるのはおかしいと思います。若くして宝くじに当選することは、精神的に悪影響を及ぼします。16歳で大金を得ても使い道がわからないのではないでしょうか。私の場合も、何軒か家を購入しましたが責任感などまるでありませんでした。水道光熱費を自分で払ったこともなかったので、どうやって支払いをするのかもわからなかったし、地方税がなんなのかさえも知りませんでしたから。当選したお金のほとんどを若気の至りで浪費してしまいましたが、幸運にも祖父母が信託としていくらかを土地を所有してくれているので、全額使い果たしたわけではありません。それに今は一生懸命働いて子供たちを養っているし、お金はあまりないけどお金持ちだった当時よりずっと幸せです。信じてもらえないかもしれないけど、もともと私はお金に興味はなかったんです。それに全てを失ったわけではないので、私は負け犬ではありません。」

高額当選したけど孤独死したケース

この方はさらに悲劇的です。

Stuartさんは宝くじに当たる前までは薬学部を志しながら薬局のバイトで週60ポンド(約9000円)を稼ぎ、公営の団地で暮らすマジメな青年でした。しかし1997年に宝くじで2500万ポンド(約37億円)の高額当選を果たしました。同じくじの当選者は12人いたため、約3億円が分配されることになりました。

Stuartさんはくじに当選すると薬学の道を捨て、友達とタイに行って好きなサッカーチームの試合を高額の席で見たりしていたそうです。また、離婚した母のために9万ポンド(約1300万円)の家を購入したり、小児麻痺の父親を世話するために別荘も購入。遺伝子障害の治療中の弟がいた病院には、1万5000ポンド(約200万円)の寄付もしました。

当選した時にコーラで祝杯を挙げるStuartさん。この後の不幸など知る由もない・・・

しかし2年後に父親と死別したStuartさんは精神を病み、別荘で世間と断絶するような生活を送り、母親からの電話にもほとんど出ず、睡眠、テレビ、音楽鑑賞、インターネットなど基本的に家から出なくてもできることで過ごすようになってしまいました。当然、浪費に浪費を重ねていたために当選金はどんどん少なくなっていき、人間不信とお金がどんどん減っていく恐怖に耐えられなくなり、ついにStuartさんは29歳の若さで孤独死してしまいました。彼の人生は、宝くじによって完全に壊されて命まで奪われてしまったのです。

高額当選したけど孤独死したケース

この方は人生がめちゃくちゃになり「もう金持ちにはなりたくない」とまで追い込まれています。

以前のNEWS記事引用
21歳で巨額のロトくじに当選した男性が、8年で全額使い果たし、今ではみすぼらしい生活を送っていることが判明した。この男性は970万ポンド(約13億円)ものお金を手にしたものの、豪邸を買ったり高級車を買ったり、果てはドラッグに手を出して、見るも無残に転落してしまった。しかし彼は「もう金持ちになりたいと思わない」と語っている。

英ノーフォーク州に住むマイケル・キャロルさん(29歳)は、21歳の時に巨額のロトくじに当選し、世界一幸運な男として世の中に知れ渡った。当時は若く端正な顔立ちをしていたためテレビなどにも出演し、いきなりスターダムにのし上がった。

彼は有頂天になってお金をバンバン使いまくった。豪邸を購入したり、高級車を買い付けたりして、お金を使う楽しみに溺れていった。毎晩違う女性と家に招き、パーティを開いてパーティ三昧。挙句の果てにはドラッグに手を出した。

幸運な男として祭り上げられたマイケルさんだったが、お金で買える豊かさは彼の心までは満たすことが出来なかった。「当時は、お金はあったけど、何の感情も感じられなくなるほど麻痺してしまっていた。人生は不幸だと考えていたんだ」と振り返る。その心の隙間を埋めるように、さらにドラッグにのめり込んで行った。最終的にコカイン所持疑惑で警察に逮捕され、5ヶ月間の監獄生活まで味わい、彼は人生のどん底に到達したのだ。そして、8年間でお金も完全に底をついた。

現在彼は、ガールフレンドのジェムマさんと子供2人でひっそりと暮らしているという。清掃職員として週給200ポンド(約27,000円)で働いている。「貧乏になったことは全然恥ずかしいと思わない。むしろ、酒と女に溺れていた日々の方が、ずっと恥ずかしいことだ」と反省の言葉を口にし「もう金持ちになりたいと願うことはないね。お金への未練もないよ。貧乏でも一生懸命生きる方が、はるかに幸せだ」と満足そうに語った。マイケルさんはお金では得られないものを手に入れたのかも知れない

ODDEE.com紹介:高額当選者たち10人のその後の人生

ODDEE.comでは、高額当選者たち10人のその後の人生を紹介しています。人の不幸は蜜の味…とは言ったものでバラ色とは程遠い人選となっている。

  1.キャリー・ロジャース(Callie Rogers)
16歳で190万ポンド(約2億3,000万円)が当選。服を買いまくり、パーティ三昧、豊胸手術などに浪費。2度の自殺未遂を起こし、22歳になった現在は2児の母。メイドをしながら浪費した分の借金返済に追われている。

  2.ジャネット・リー(Janite Lee)
韓国からの移民であるジャネットは1993年、52歳で1,800万ドル(約14億円)が当選。大学施設や韓国教会の牧師の家族、また民主党に約30万ドルの寄付をし当時の大統領ビル・クリントンや副大統領アル・ゴア、韓国キム・デジュン大統領らと食事を楽しんだ。さらに韓国系アメリカ人団体に家を寄付、ギャンブルにも手を出し2001年、破産法第7章に基づき破産申告をした。

  3.“ジャック”・ウィテカーJr.(“Jack” Whittaker Jr)
2002年当時、ジャックポットでの最高当選額となる3億1,500万ドル(約250億円)を獲得。それまで建設会社の社長として穏やかな人生を送っていたが、その後、飲酒運転や脅迫で2度逮捕。ストリップクラブで遊んでいる間に車上荒らしに遭い現金54万5,000ドル(約4,200万円)を盗まれた。その後も盗難や訴訟が続き、妻とは離婚。2003年に孫娘の恋人の自宅で遺体が発見された。孫娘は小遣いとして週2,100ドル(約16万円)をもらっており、ジャックの遺体発見から1ヵ月後に、薬物の過剰摂取で死亡した。

  4.ケン・プロクスマイア(Ken Proxmire)
機械工のケンは100万ドル(約7,800万円)が当選。兄弟で自動車ビジネスをスタートさせたが、4年で倒産した。儲けを度外視していたのか、息子いわく「父は貧乏性で、すべての人の面倒を見ようとした」のだそう。今は元の機械工として働いている。

  5.イヴリン・アダムス(Evelyn Adams)
イヴリンは1985年、翌年86年と立て続けに当選。合計540万ドル(約4億2,000万円)を手にした。しかしギャンブル好きが高じて全財産を失くし、20年以上を経た今は家もなくトレーラー暮らしの日々を過ごしている。

  6.ジェフリー・ダンピエール(Jeffrey Dampier)
こちらは本人には何の罪もない例。1986年、2,000万ドル(約16億円)が当選したジェフリー。家族や友人に車や家など贈り物を大盤振る舞いしたが、義妹とその恋人はジェフリーを誘拐、銃殺した。2人は終身刑となっている。

  7.スザンヌ・マランズ(Suzanne Mullins)
1993年、420万ドル(約3億3,000万円)が当選したスザンヌは、一括払いではなく20年分割での支払いを選んだが、自分の配当金を担保に借金。その後、分割を解除し一括で当選金を受け取ったものの、無保険の義理の息子の病気を理由に借金の返済は行われず、金融会社から訴えられた。金融会社は勝訴したが、結局支払能力がないため借金は返済されていない。

  8.ビリー・ボブ・ハレルJr.(Billy Bob Harrell Jr.)
1997年、3,100万ドル(約24億円)を手にしたビリー。「No」と言えない性格だったというビリーは周りに言われるがまま家や新車などを買い続けた結果、妻とは離婚。自ら命を絶った。

  9.マイケル・キャロル(Michael Carroll)
2002年、970万ポンド(約12億円)を獲得したマイケル。家族や友人に贈りものをしたのもつかの間、すぐにパーティ三昧、車や売春婦を買いまくり、コカインにも手を出した。さらにドッグレースや競馬、サッカーに金をつぎ込み、今は週42ポンド(約5,000円)の失業手当で生活している。

  10.ヴィヴィアン・ニコルソン(Vivian Nicholson)
1961年、15万2,300ポンド(約2,000万円)、現在でいうと300万ポンド(約3億7,000万円)に相当する額を手にしたヴィヴィアンは「使って、使って、使いまくる(spend, spend, spend)!」と公言し、有言実行したことで有名となった。浪費、5度の結婚、アルコール依存、自殺未遂の後は精神療養所に入所。彼女の半生はドラマ化もされている。現在は週87ポンド(約1万円)の年金で生活を送ってる

NAVERまとめも参照

まとめ記事に宝くじで当選しても悲惨な結果になった方々が紹介されています。あまりに悲惨すぎるので見るときは覚悟しておきましょう。

宝くじを買わず、少しずつ金持ちの知識と力量を育てていこう

結局のところ貧乏人に大金が手に入っても、手に余ってあっという間になくなってしまうのです。

ただでさえ当選確率が低い宝くじですが、たとえ当選したとしてもお金を上手くコントロールできなければ、お金をもてあましてしまってロクなことになりません。肝心なのは、お金を手に入れることではなく、お金持ちにふさわしい力量をもつことなのです。

お金持ちにふさわしい知識や力量をもてば、自然とお金は集まってきます。楽して手に入れた金は手に残りません。宝くじをどこで買うかなんて調べてる暇があったら、本を開き、ビジネスをし、立派な人と交流を深めて、自分が金持ちにふさわしい知識と力量をもてるように努力しましょう。

初心者でもできる資産運用
✓なぜ初心者でも大丈夫なのか

AI(人工知能)による自動運用
個人のスキルや知識は影響しにくい

投資先の分散と長期的運用を行う
大損のリスクはほとんどない

行動する人は、行動しない人より、
圧倒的によい成績を残せる!

関連記事