IFO注文とはIFDとOCOの合体した注文方法

IFO注文とはIFO+OCO

さて横文字注文もやっと終わりですね。横文字というだけでロクに調べもせずに勉強しないのは負け組のすることですから、最後まで勉強はしっかりとしましょう。先ほどのOCO注文は利食いと損切りを一括でできる非常に便利な注文方法でしたが、このIFO注文はさらに便利なものなので、マスターできれば非常に重宝することになります。

IFO注文とは英語での 「if done one cancels the order」 の略であり、そのままアイエフオー注文とも呼ばれます。さて、この英文を読んで勘のいい人ならIFO注文がどのようなものかはすぐにわかるでしょう。そう、IFO注文とはIFD注文とOCO注文が合体した注文方法なのです。以前説明しましたが、IFD注文は決済方法が1つしか指定できないために、利食いか損切りの決済かどちらか1つを選ばなければならない欠点が存在しました。その欠点を補ったのがIFO注文です。ここまで言えばだいたい見当はついているでしょうが、IFO注文はIFD注文の決済をOCO注文のように2つ指定できるのが主な特徴です。これによってかゆいところに手が出る方法ができたために、FX投資家は非常にこの注文方法を重宝しています。

IFO注文はIFDの欠点を補った最強の注文方法

IFO注文の最大の特徴は、IFD注文の欠点であった決済が1通りしかできない点をOCO注文と組み合わせることで見事にカバーした非常に便利な注文方法です。ハッキリ言って、IFO注文をマスターできればIFD注文をすることはほとんどなくなります。だってそうですよね、一方は利食いと損切りを選ばなければならないのに、もう一方はどちらも指定できるのですから。このようにIFO注文ができれば、IFD注文とOCO注文もマスターしていることにもなります。これで横文字の注文方法はだいたい終わりです。この便利な注文方法をマスターして、是非FXで儲けましょう!

IFO注文はIFDの欠点を補っている