FXブロードネットの安全性・信頼性は問題なし

FXブロードネットの安全性

FX業者の安全性を図るポイント

FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るものです。主なポイントは以下の点です。FXブロードネットを見てみましょう。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 関東財務局長(金商)第244号に登録済
2. 行政処分の前科 ・・・ 全くありません。健全です。
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 400%超えと相当なレベルの安全圏
4. 信託保全の状況 ・・・ 三井住友銀行で全額信託保全
5. 業者の株主・出資者 ・・・ 金融持ち株会社FXプロ
6. 人気・評判 ・・・ デイトレ業者としての人気は1,2を争うほど

このように上記6つのポイントを見てみると、FXブロードネットには不安なところが全くありません。しいて言うなら親会社の知名度が低いことぐらいですが、致命的な問題ではありません。同じ短期売買向けFX業者で人気の外為オンラインと比べられることが多いのですが、こちらのほうが安全性は高いといえるでしょう。外為オンラインは改善されたとはいえ以前に行政処分を受けているために信頼されにくいので、外為オンラインを信用できない人がかなり流れてきています。あまり知られていませんが、設立が1993年とFX業界では歴史のある業者なのです。よってFXブロードネットの安全性は5段階評価の4つぐらいです。

FXブロードネットの口座開設はこちら