様々な市場の指数に連動するため、市場そのものに投資ができるETF(上場投信信託)

ETF(上場投信信託)とは

ETFの正式名称はExchange Traded Fundsといいます。これを日本語にしてみると正確には取引所で取引される投資信託という意味です。つまり、普通は証券会社や銀行でしか売買ができなかった投資信託が ”証券取引所” に ”上場” しているので、株式と同じように証券取引所で売買できる投資信託となっているのです。

ETFの多くは、世界中の様々な市場の指数に連動する株価指数連動投資信託となっています。株価指数連動投資信託とは初心者記事でやった日経平均株価やTOPIXなどに連動することを目的に運用されるインデックス型投資信託のことですね。もちろん指数は株価だけでなく、債券の指数や、コモディティの指数、為替の指数などたくさんあります。そういった世界各国のいろんな指数に連動するインデックス投資信託が証券取引所に上場したのがETFというわけです。では、インデックス投資信託が上場をするとどのようなことになるのでしょうか?

ETFとはインデックス投資信託が証券取引所に上場したもの

ETF(上場投信信託)のメリット・デメリット

ETFとは投資信託でありながら、”証券取引所に上場している” ことが最大の特徴です。上場をすることによってETFは個別株式銘柄と同じようにリアルタイムで売買することができます。一般の投資信託の場合だと、一日一回の基準価額でしか売買ができません。しかしETFは上場しているために取引所が開いている時間帯(9:00~15:00)にいつでも売買できます。この流動性の良さがETFの最大のメリットといえるでしょう。また株式銘柄と同じ扱いがされるためにETFは信用取引ができるのです。信用買いで種銭の3倍まで買うことができ、もちろん信用売り(カラ売り)もできます!また、販売コストがかからないためにコストが削減されて信託報酬はかなり低いです!一般のインデックス投信は信託報酬が0.7~1.0%ぐらいですが、ETFはわずか0.2%ぐらいしかかかりません!そしてベンチマークがブラジルやロシアの株式指数に連動するものならば、その市場に間接投資ができることになります。ブラジルやロシアへの投資にはコストや手間がかかるために、ETFでの投資はとてもお得になっています。

反面デメリットですが、売買代金が高額になることが多いです。ETFそれぞれによって様々ですが、ETFを購入するには最低10万円単位の資金が必要になります。1万円から投資できる投資信託と比べると高額です。そして株式銘柄と同じように売買できる分、証券会社個別の購入手数料がかかります。インデックス投信にはノーロードのものも多いのでこれはマイナスです。そして困ったことに日本市場にはあまりETFがありません。ETFの本場は香港、シンガポール、そしてアメリカです。特にアメリカには実に数百種類ものETFがありますが、日本にはまだ数十種類しかなくジャンルも偏ってます。ただ新規上場が相次いでいるのでこれからに期待ができます。最後に上場しているということで、ETFも株のように上場基準があります。なのでその基準を満たさないと上場廃止になる可能性があります。しかし、ETFは株式市場の指数に投資するものなので、悪い会社などは組み入れがはずすなど対抗策がとられるので上場廃止になる可能性はほとんどありません。

【ETFのメリット】
・ リアルタイムな売買
・ 指値、逆指値など注文方法が多彩
・ 信用取引買いでレバレッジ3倍をかけられる
・ 信用売りで ”カラ売り” ができる
・ 信託報酬が安い (実に0.2%ほど)
・ ブラジル、ロシアなどのマイナー市場に手軽に間接投資できる
・ 証券会社ならどこでも買える

【ETFのデメリット】
・ 購入資金が高額 (10万円以上)
・ 証券会社への手数料
・ 日本市場にはまだ数が少ない
・ 上場廃止リスクあり(限りなく小さい)

ETF(上場投信信託)と通常の投資信託の違い

ETFは証券会社に上場しているインデックス投資信託ということですが、それぞれどのような違いがあるのかを以下の表にまとめてみました。多くの条件においてETFに軍配が上がりますが、すべてにおいて勝っているわけでもありません。特に手数料や購入資金など、お金が乏しい人にとってはETFはやや敷居が高いともいえます。

ETFとインデックス投資信託の比較
比較対象ETFインデックス投信
最低投資金額10万円以上1万円以上
信託報酬0.1~0.5%0.5~2.0%
手数料数百円(証券会社ごと異なる)ノーロード(無料)が多い
価格表示リアルタイム一日一回のみ
注文方法成行、指値、逆指値etc成行のみ
信用買いできるできない
カラ売りできるできない
約定までリアルタイム数日かかる
換金までリアルタイム数日かかる

ETFのメリットは約定や換金などの 「流動性の良さ」 と 「信託報酬のコスト」、そして 「信用取引など注文方法の多様性」 が挙げられます。特に信用売りで投資信託を売ることができるのは数ある投資信託の中でもこのETFだけです。確実に下がりそうな業種、分野だけを売りたい時や地合が悪いときなどに売りから入ることができるのは攻めの投資にとても役に立ちます。

国内市場のETFへの投資はどうやるの?

日本のETFについて


日本に上場しているETFは、最近は数が多くなってきましたがまだまだジャンルに偏りが多いです。主に ”国内のある業種や分野” のETFが多く、業種別分野別への投資ができるようになっています。もちろん日本市場の平均である日経平均やTOPIXに連動する投資信託はたくさんあります。しかし一方で海外市場の指数に連動するETFの数がとても少ないです。最近はブラジル・ロシア・南アフリカ市場や金価格、WTI現有先物に連動するものなど、いろんな市場へ投資できるETFが出てきましたが、アメリカ市場やシンガポール市場に比べるとまだまだ数や種類が少ないが現状です。

リンク : 東証に上場しているETF一覧(東証)
リンク : 大証に上場しているETF一覧(大証)

国内ETFは証券会社ならどこでもOK


勘のいい人ならすぐにわかりますが、国内ETFいうのは東証、大証に上場しているためどの証券会社でも購入することができます。証券取引所に上場している株式がどこの証券会社でも取引できるように、東証・大証の株式が取引できる証券会社であればどこでもできます。これが札幌・名古屋・福岡証券取引所のようなマイナー市場なら証券会社も限られますが、東証・大証はわが国のメジャー市場なので取引できないことはないのです。また投資信託のように販売機関によって扱い商品に偏りがあるといったことはありません。購入を検討するなら、手数料が安い楽天証券が一番オススメでしょう。

国内市場に上場しているETF一覧

ベンチマーク市場コード銘柄名運用会社
TOPIX東証1305ダイワ上場投信-トピックス大和
TOPIX東証1306TOPIX連動型上場投資信託野村
TOPIX東証1308上場インデックスファンドTOPIX日興
TOPIXコア30東証1310ダイワ上場投信トピックス・コア30大和
TOPIXコア30東証1311TOPIX Core 30 連動型上場投資信託野村
TOPIXコア30東証1344MAXISトピックス・コア30上場投信三菱UFJ
東証電気機器株価指数東証1610ダイワ上場投信-東証電気機器株価指数大和
東証電気機器株価指数東証1613東証電気機器株価指数連動型上場投資信託野村
東証銀行業株価指数東証1612ダイワ上場投信-東証銀行業株価指数大和
東証銀行業株価指数東証1615東証銀行業株価指数連動型上場投資信野村
日経225東証1329iシェアーズ日経225パークレイズ
日経225東証1330上場インデックスファンド225日興
日経225大証1320ダイワ上場投信-日経225大和
日経225大証1321日経225連動型上場投資信託野村
日経300東証1319日経300株価指数連動型上場投資信託野村
MSCI ジャパン東証1544上場インデックスファンド日本株式(MSCIジャパン)日興
S&P日本新興株100東証1314上場インデックスファンドS&P日本新興株100日興
TOPIX100東証1316上場インデックスファンドTOPIX100日本大型株日興
TOPIX Mid400東証1317上場インデックスファンドTOPIX Mid400日本中型株日興
TOPIX Small東証1318上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株日興
TOPIX-17 食品東証1617NEXTFUNDS食品(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 食品東証1634ダイワ上場投信・TOPIX-17 食品大和
TOPIX-17 エネルギー資源東証1618NEXTFUNDSエネルギー資源(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 エネルギー資源東証1635ダイワ上場投信・TOPIX-17 エネルギー資源大和
TOPIX-17 建設・資材東証1619NEXTFUNDS建設・資材(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 建設・資材東証1636ダイワ上場投信・TOPIX-17 建設・資材大和
TOPIX-17 素材・化学東証1620NEXTFUNDS素材・化学(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 素材・化学東証1637ダイワ上場投信・TOPIX-17 素材・化学大和
TOPIX-17 医薬品東証1621NEXTFUNDS医薬品(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 医薬品東証1638ダイワ上場投信・TOPIX-17 医薬品大和
TOPIX-17
自動車・輸送機
東証1622NEXTFUNDS自動車・輸送機(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17
自動車・輸送機
東証1639ダイワ上場投信・TOPIX-17 自動車・輸送機大和
TOPIX-17 鉄鋼・非鉄東証1623NEXTFUNDS鉄鋼・非鉄(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 鉄鋼・非鉄東証1640ダイワ上場投信・TOPIX-17 鉄鋼・非鉄大和
TOPIX-17 機械東証1624NEXTFUNDS機械(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 機械東証1641ダイワ上場投信・TOPIX-17 機械大和
TOPIX-17 電機・精密東証1625NEXTFUNDS電機・精密(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 電機・精密東証1642ダイワ上場投信・TOPIX-17 電機・精密大和
TOPIX-17 情報通信
サービスその他
東証1626NEXTFUNDS情報通信
サービスその他(TOPIX-17)上場投信
野村
TOPIX-17 情報通信
サービスその他
東証1643ダイワ上場投信・TOPIX-17 
情報通信・サービスその他
大和
TOPIX-17 電力・ガス東証1627NEXTFUNDS電力・ガス(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 電力・ガス東証1644ダイワ上場投信・TOPIX-17 電力・ガス大和
TOPIX-17 運輸・物流東証1628NEXTFUNDS運輸・物流(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 運輸・物流東証1645ダイワ上場投信・TOPIX-17 運輸・物流大和
TOPIX-17 商社・卸売東証1629NEXTFUNDS商社・卸売(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 商社・卸売東証1646ダイワ上場投信・TOPIX-17 商社・卸売大和
TOPIX-17 小売東証1630NEXTFUNDS小売(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 小売東証1647ダイワ上場投信・TOPIX-17 小売大和
TOPIX-17 銀行東証1631NEXTFUNDS銀行(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 銀行東証1648ダイワ上場投信・TOPIX-17 銀行大和
TOPIX-17 金融東証1632NEXTFUNDS金融(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 金融東証1649ダイワ上場投信・TOPIX-17 金融大和
TOPIX-17 不動産東証1633NEXTFUNDS不動産(TOPIX-17)上場投信野村
TOPIX-17 不動産東証1650ダイワ上場投信・TOPIX-17 不動産大和
韓国200種株価指数東証1313KODEX200上場指数投資信託サムスン
CSI300
中国 (中国A株)
東証1322上場インデックスファンド
中国A株(パンダ)CSI300
日興
上証50指数
中国 (上海株)
大証1309上海株式指数
上証50連動型上場投資信託
野村
FTSE/JSE AfricaTop40
南アフリカ (南アフリカ)
大証1323NEZTFUNDS南アフリカ株式指数
FTSE/JSE Africa Top 40連動型上場投信
野村
RTS指数
ロシア (ロシア)
大証1324NEXTFUNDSロシア株式指数
RTS連動型上場投信
野村
ボベスパ指数
ブラジル (Brazil)
東証1325NEXTFUNDSブラジル株式指数
ボベスパ連動型上場投信
野村
S&P CNX Nifty指数
インド (インド)
東証1678NEXTFUNDSインド株式指数
S&P CNX Nifty連動型上場投信
野村
S&P CNX Nifty指数先物
インド (インド)
東証1549上場インデックスファンド
S&P CNX Nifty先物(インド株式)
日興
SET50指数
(タイ)
東証1559NEXTFUNDSタイ株式SET50指数連動型上場投信野村
FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数
(マレーシア)
東証1560NEXTFUNDS FTSEブルサ・マレーシアKLCI
連動型上場投信
野村
ダウ・ジョーンズ工業株30種平均東証1679Simple-X NY
ダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信
シンプレクス
S&P500指数東証1547上場インデックスファンド米国株式(S&P500)日興
S&P500指数東証1557SPDR® S&P500® ETF(注1)ステート
MSCI-KOKUSAIインデックス東証1680上場インデックスファンド海外先進国株式
(MSCI-KOKUSAI)
日興
MSCI-KOKUSAIインデックス東証1550MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信三菱UFJ
MSCIエマージング
マーケット・インデックス
東証1681上場インデックスファンド海外新興国株式
(MSCIエマージング)
日興
MSCI ACWI ex Japanインデックス東証1554上場インデックスファンド世界株式
(MSCI ACWI)除く日本
日興
iBoxx ABF パン・アジア指数東証1349ABF汎アジア債券インデックス・ファンド
(アジア国債・公債ETF)(注1)
ステート
シティグループ世界国債インデックス
(除く日本、ヘッジなし・円ベース)
東証1677上場インデックスファンド海外債券
(CitigrouWGBI)毎月分配型
日興
金価格東証1326SPDRRゴールド・シェア 受益証券SPDR
金価格大証1328金価格連動型上場投資信託野村
WTI原油先物大証1671WTI原油価格連動型上場投信シンプレクス
インド INRJPY大証1340NESTFUNDSインド通貨ルピー連動型上場投信野村
ブラジル BRLJPY大証1341NESTFUNDSブラジル通貨レアル連動型上場投信野村
ロシア RUBJPY大証1342NESTFUNDSロシア通貨ルーブル連動型上場投信野村
REIT指数東証1343NEXTFUNDS東証REIT指数連動型上場投信野村
東証REIT指数東証1345上場インデックスファンドJリート
(東証REIT指数)隔月分配型
野村
S&P/ASX200 A-REIT指数東証1555上場インデックスファンド豪州リー
ト(S&P/ASX200 A-REIT)
日興
金価格東証1672ETFS 金上場投資信託ETFセキュリティーズ
銀価格東証1673ETFS 銀上場投資信託ETFセキュリティーズ
プラチナ価格東証1674ETFS 白金上場投資信託ETFセキュリティーズ
パラジウム価格東証1675ETFS パラジウム上場投資信託ETFセキュリティーズ
貴金属バスケット東証1676ETFS 貴金属バスケット上場投資信託ETFセキュリティーズ
初心者でもできる資産運用
✓なぜ初心者でも大丈夫なのか

AI(人工知能)による自動運用
個人のスキルや知識は影響しにくい

投資先の分散と長期的運用を行う
大損のリスクはほとんどない

行動する人は、行動しない人より、
圧倒的によい成績を残せる!

関連記事