国家格差:世界で豊かな国トップ10と日本の位置

世界で最も豊かな国トップ10

英語圏のランキングサイト『List Dose』に、他の国が羨ましくなる「世界で最も豊かな国トップ10」というものが紹介されています。日本もかつてはバブルの絶頂期にはフォーブス誌のランキングで堤氏や森氏などが世界一の長者になり、東京23区の土地の代金でアメリカ本土が全部買えてしまうなんて時期もありましたが今や昔。日本の世界ランクは下がっていると言われています。では世界のトップクラスと言われている豊かな国はどうなっているのでしょう。

オイルマネーと金融業の国が強い

■10位:クウェート
クウェートは、アジアの西部にあるアラブ国です。中東らしく世界第5位の原油産出を誇ってます。イラクがその利権を狙って進行し湾岸戦争が起こったことは知られています。世界でもトップクラスの産油国のひとつです。オイルマネーに加えて、クウェートの豊かさに貢献していると考えられるのが、君主制という国の統治システム。豊かな支配層が提供する潤沢な資金によって経済活動が成り立つ上に、世界の景気にそれほど左右のされないところが羨ましいです。IMFの統計によると、クウェートの2011年のGDPは1,766億ドルであり、静岡県と同じくらい。一方、2011年の一人当たりのGDPは47,982ドルであり、富裕人口の割合が非常に高く、およそ8世帯に1世帯が100万ドル以上の金融資産を保有していると言われています。

■9位:スイス
9位にランクインしたのは、スイス。世界で最も豊かな銀行といわれるスイス銀行の本拠地です。ゴルゴ13がスイス銀行の秘密口座を使っているという設定があるように、その秘匿性の高さも知られています。最近ではIRSに情報公開を迫られて最古参のPBが倒産したなど秘匿性には疑問符がついてきていますが、何世紀に渡って欧州の資産が集まった国としての地位と資産は揺るがないものがあります。さらにスイスのジュネーブは、世界保健機関(WHO)や国際労働機関(ILO)などの本拠地となっています。九州ほどの広さで人口も700万人ほどしかいませんが、世界20位のGDPを誇ります。富裕層も非常に多く、9.5%の世帯が金融資産で100万ドル以上を保有していると言われています。州によって税率が大きく変わり、一番低いところには欧州から移住してくるお金持ちがたくさんいます。あのハリーポッターの翻訳者の人も移住しました。

■8位:UAE
正式名称はアラブ首長国連邦です。連邦ということで7つの小さな国が集まって連邦国家を形成しています。この国は昔、すごい発展も生産力もない大きな砂漠でした。しかし1960年代から国内に多くの油田が発見されてから突如、急成長を遂げました。クウェートと同様に、君主制による支配が多くの利益をもたらしています。石油の大半はUAEの最大構成国アブダビに依存しているため、石油に頼らないようにドバイやシャールジャが交通要所や経済特区として都市を発展させました。このように単なる資源国家だけではなく、経済国家としての成功もあるのです。ちなみに、アラブの現在のGDPは48,992.47ドル、埼玉県と同じくらいです。

■7位:アメリカ
言わずと知れたアメリカ。世界の経済の中心、軍事の中心、権力の中心でもあります。世界最大規模の経済大国は、世界で最も豊かな経済圏のひとつでもあります。1000億円の大富豪ビリオネアが世界でもダントツのトップであり、5兆円以上もつビル・ゲイツやウォーレン・バフェットなどが有名です。ビリオネアの資産だけで国が買えてしまいます。また、アップルやアマゾン、グーグルなど、常に世界に通用するサービスを提供してきた企業があり、世界中に巨大な消費者市場を持っています。日本と違って人口増加国のため、3億人の人口を抱えながら今でも移民などで人口が増加し続けています。さらにゴールドマン、モルガン・スタンレー、など世界の金融の支配企業、ロックフェラー系を始めとしたエネルギー産業の支配企業など、世界の首根っこを掴んでいる支配企業の大半がアメリカにあります。

■6位:ブルネイ
アジアの南東地域にあるブルネイ。あまりイメージがわきにくいかもしれませんが、この国の豊かさは豊富な原油と天然ガスという天然資源と石油の輸出が大きいです。また、2011年には公的債務が0%な国のひとつに、このブルネイも含まれていました。ほとんどの税金は全てゼロ、将来的な石油枯渇のために金融業や観光業にオイルマネーがつぎ込まれ、都市国家としても発展しています。

■5位:香港
香港は、非常に世界経済と政治に貢献しています。中国の特別行政区なのでランキングに入っているのはおかしいかもしれませんが、この国は極めて発展した地域。香港の豊かさは、成長し続ける金融、貿易、そして商業のおかげです。世界三大国際金融センターとして知られていて、アジア金融の中心地でもあります。近年発展し続ける中国や東南アジアのマネーがどんどん流れ込んでいて、ますます膨張しています。

■4位:ノルウェー
4位はノルウェー。この国には、豊富な原油、鉱物や漁業資源があります。世界第6の原油輸出国です。世界一税金が高い国とも言われたことがあります。しかし税金が高くても手厚い保護を受けることができるといった社会福祉国家なところが豊かさの秘訣といわれています。ちなみにノルウェーは、世界で最も安全な国としても有名です。

■3位:シンガポール
マーライオンで有名なシンガポールもランクイン。この国はよく、東京23区と同じ大きさです。豊かさの秘訣は、コンパクトな国土で経済活動などをコントロールしやすく、リー親子による一種の独裁により長年運営されてきた企業とも例えられます。別名明るい北朝鮮と言われることも。しかし北朝鮮とはうってかわり、香港をライバル視した国際金融センター、ビジネス都市として成長してきました。低い税率やビジネスのしやすさなどを売り込み世界中からお金持ちを取り込んできました。富裕世帯の割合が世界で最も高く、およそ6世帯に1世帯が金融資産100万ドル以上を保有していると言われます。2013年の勤労者世帯の平均世帯月収は10,469シンガポールドル(約85万円)であり、東京のそれの倍となっています。

■2位:ルクセンブブルク
ルクセンブルクは、フランスやベルギー、ドイツに囲まれたヨーロッパの小国です。面積はおよそ2,500平方キロメートルで、神奈川県(約2,400平方キロメートル)とほぼ同じ大きさ。前述のシンガポールとかぶりますが、国土が小さくて管理しやすいことが豊かさの一因にあるそうです。また、古くから世界規模の鉄鋼大国であったことと、自由な金融政策を行ってきたことも現在の豊かさにつながっていると言われています。税率が低いことから欧州に進出したグローバル企業の多くが、このルクセンブルクに本社機能を移します。21世紀になってから一人当たりのGDPにおいて世界首位の座を維持し続けています。1位のカタールの豊かさがオイルマネーによることを考えれば、オイルに頼らなずに世界一豊かな国と言えます。概して失業率が良好に推移しており、国内の所得格差が北欧諸国並みに小さいという特筆すべき特徴があり、理想的な国家です。

■1位:カタール
豊かな国ランキング1位は中東の国・カタール。オイルマネーによる潤沢な資金を元に所得税や消費税がなく、医療費をはじめ電気代や教育費が無料、さらに国民が成人になると土地が無料で分け与えられるという豪華っぷり。他のアラブ諸国のように豊富な天然資源を持っていること。とくに天然ガス埋蔵量では大国ロシア、イランについで世界第3位を誇るそうです。人口は200万人ほどですが、大半は外国人労働者のため、実際のカタール人は200万人よりかなり少なくなります。ほとんど国民全員が王族といったほうがイメージがしやすいですね。

今の日本はイタリア以下?

上記のランキングではほとんどがオイルマネーか金融業で豊かになっている国ということがわかりました。オイルマネーの国は、クウェート、UAE、ブルネイ、ノルウェー、カタール、金融業はスイス、アメリカ、香港、シンガポール、ルクセンブルクです。対して日本はご存知のとおり石油が出る国ではありません。そのため豊かな国になるのは金融業の発展がよいのですが、困ったことに日本の金融は官庁の利権という私欲のためにがんじがらめの規制がなされて自由なビジネスが出来ない状況です。そのため世界中の金融企業はあまり日本に進出してこず、金融が発展することがありません。昔は高度経済成長とバブルによって豊かさが創りだされてきましたが、今ではそれらがないので豊かさがどんどん消えていってしまっています。今の日本は世界的に見ればまだお金持ちの国ではあるものの、国民1人あたりのランキング形式でみれば実際は先進国の中でも下位に甘んじていることがわかります。G7の中ではなんと、あの陽気でこの前借金で国家騒動が起こったばかりのイタリアより下なのです。

国民1人当たりの国内総生産(GDP)上位30カ国(米ドル;為替レート換算)

1 ルクセンブルク  103,125
2 ノルウェー      83,485
3 カタール       78,754
4 アイスランド    64,548
5 アイルランド    60,209
6 スイス       58,513
7 デンマーク     57,137
8 スウェーデン    49,603
9 フィンランド    46,856
10 オランダ      46,774
11 イギリス      46,099
12 アメリカ合衆国  45,725
13 オーストリア   44,852
14 カナダ      43,674
15 オーストラリア  43,163
16 ベルギー    42,618
17 アラブ首長国連邦 42,501
18 フランス 42,034
19 ドイツ 40,400
20 イタリア 35,745
21 シンガポール 35,163
22 日本 34,296
23 クウェート 33,687
24 スペイン 32,090
25 ブルネイ 31,879
26 ニュージーランド 30,390
27 香港   29,753
28 ギリシャ 28,152
29 キプロス 27,047
30 イスラエル 23,579

スポンサードリンク

 

SOS!日本の格差はヤバイのサイトマップ

経済格差 : 金持ちと貧乏人
すべての始まり?格差社会が始まったのは1998年だ
雇用格差:正社員は減り、非正規が増え続ける 雇用格差:IT技術が進歩するほど格差が拡大
待遇格差:正規と非正規のお金の自由度格差 学歴格差:学歴社会はむしろ平等だ
所得格差・年収格差はどんどん広がる 学歴格差:学歴によって賃金格差も広がる
貯蓄格差:貯蓄ゼロの人が増えている 経済格差:どんどん増える生活保護受給者
地域格差:地方と首都圏との差は広がる一方 経済格差:日本は格差社会先進国

資産格差:日本ではどんな人がお金持ちなのか

家庭格差:どんどん増える児童扶養手当受給者
経済格差:金持ちになる大企業と貧乏になる家計 団塊Jr格差:団塊ジュニア格差はひどい
団塊格差:団塊の世代にこそ大きな格差がある 福祉格差:日本は先進国で最も冷たい格差社会
所得格差:日本は世界一労働者を搾取する悪国 年収格差:職人気質の美容師の格差は5倍を超える
厚生労働大臣が労働法が守られないことを嘆く 所得格差:2007年に100億円以上儲けた人は9人
給料格差:2007年のサラリーマンはどれぐらい稼いだのか 収入格差:一発屋お笑い芸人の収入格差は400倍以上
結婚格差:年収300万円以下だと結婚できない 年収格差:各業界別の平均年収は順調に減少中
貧困加速:2009年の日本の相対的貧困率は過去最悪 業界格差:勝ち組の業界と負け組業界の年収格差
絶対格差:世界一の金持ちのことを知っておくか 世代格差:増税が老人福祉に消えて若者は救われない
離職格差:勝ち組と負け組は離職率に雲泥の格差 肥満格差:貧困な人ほど栄養が偏り肥満である
犯罪格差:少年犯罪は減少し高齢者犯罪は増加 漫画格差:TOP以外の漫画家の悲惨さと 「ブラよろ」
健康格差:所得の格差が健康にも影響する 経済格差:格差を示すジニ係数が過去最大を更新
車両格差:世界で最も高いクルマの値段  意識格差:どういう人が勝ち組でどういう人が負け組か
名前格差:キラキラネームは就職や人生で不利 投資格差:サラリーマンで100億円を稼いだ清原達郎氏
富裕格差:富豪と大富豪には大きな差がある 国家格差:世界で豊かな国トップ10と日本の位置
時計格差:高級腕時計の中でも最高のもの 遺産格差:相続だけでビリオネアになった若き大富豪
職業格差:負け組の弁護士と勝ち組の医者 病気格差:糖尿病は勝ち組より負け組に多い
預金格差:富裕層向けのプライベートバンクサービス 年俸格差:斎藤佑樹と田中将大の年収差は100倍以上
意識格差:金持ちと貧乏人の考え方の違い  
new! 日本破産(国家破産)の80年サイクル ~東日本大震災が衰退を加速?~
お金持ちの資産や年収に関するメモ
軍事関連のメモ
教育格差 : 親の格差が継承される
教育格差:まともに学校へ通えない子供 教育格差:私立教育には早い段階で大金が必要
教育格差:公立と私立の教育費格差 教育格差:私立学校は金に見合う価値がある
教育格差:年々さらに高額になる教育費 教育格差:公教育改革は教育格差を助長した
意識格差:高学歴をあきらめ始めた低所得者層 上流教育:「海陽学園」を知ってますか?
教育崩壊:ゆとり教育による公立腐敗 教育崩壊:高給なのに授業が少ない日本教育
教育格差:親の経済力が子どもに影響する証拠 教育崩壊:バカは想像以上に増えている
教育崩壊:世界との差が広がる日本教育 教育崩壊:日本は公費支援が無い最低の教育最貧国
教育崩壊:子供の貧困率が先進国でワースト上位 教育の真実: ”いい子” を作る教育の真の目的
教育の真実:日本の学校は意図的にバカを作る 教育の真実:学校で金儲けを教えない目的とは
教育解決:手遅れにならないうちに格差脱出をしなければ! 教育格差:子供の貧困率と親世代の貧困
社会的地位格差 : 負け組に権利がない
格差是正にやる気の無い政府 貧乏人は医者になっても金持ちになれない
<考察>今の日本にはインドのカースト制のような階級差別が暗黙に浸透しているのではないか?

格差社会の負のスパイラル

教育格差→学歴格差→所得格差→格差固定 格差固定の負のスパイラルをストーリーで説明
東大生の親の年収は950万円以上が半数以上  
格差社会の犠牲者たち
悪の枢軸:グッドウィル社員と派遣労働者の収入格差 奴隷階級:働いても豊かになれないワーキングプア
没落職業:IT技術とグローバル化で没落した職業 奴隷若者:時代に見捨てられた若年層ワーキングプア
絶望する人々:自殺者は一向に減らない 奴隷中年:時代に順応できない中高年ワーキングプア
貧困層ビジネス:貧乏人が増えれば儲かる儲かる 無賃労働:時間という財産まで搾取されるサービス残業
新ホームレス:住所をもてないネットカフェ難民 過剰労働:命まで搾取されて過労死する人たち
偽装請負:人間をモノ扱いして搾取する偽装請負とは 偽装請負:偽装請負で笑う企業と無く労働者
偽装請負:なんと大企業こそが偽装請負をしている 無賃労働:是正によって明らかになった残業代不払い
ブラック企業:ブラック経営者は真面目で素直な奴を狙う ブラック企業:ブラック企業にありがちなポイント
若者離職率:就職後3年以内に辞めさせられる若者 ブラック士業:ブラック企業に入れ知恵をする悪質輩
格差社会の対策 : 資産運用
元手がなければ無料で稼げるモニターを利用せよ 大人気のFXという方法で資産運用しよう
永久の価値をもつ純金(Gold)を積立しよう 専門家に資産運用してもらう投資信託という方法
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!