結婚するかどうかは年収300万円が分岐点か?300万以下と以上で大きな格差

男性の既婚率は年収300万円の前後で大違い

結婚出来ない男といったドラマが流行ったり、なかなか結婚できずに婚活サイトに登録したりと、近年男女ともに結婚へのハードルはどんどん高まっています。それは ”愛” だけではどうしようもない ”お金” という現実的な問題があるからです。特に男性には男女平等とかほざいておきながらも、収入の面を非常に気にする傾向がまだまだ強いです。逆に男性は女性の年齢や容姿にまだまだこだわります。男女平等と言いながらも互いの希望というか欲望がしっかり現れています。しかし一時期のバブル女性のような 「三高」 を望んで粗大ゴミになった人たちとは違い、現在の若い女性たちは非常に現実的であり、年収についてもかなり妥協しています。では現在の女性はどれくらいの年収を妥協点と見ているのでしょうか?その参考となるデータが内閣府の発表した 「子ども・子育て白書」 で20代と30代の既婚率で見ることができます。

年収別の既婚率の推移

上の子は内閣府の発表した 「子ども・子育て白書」 にある年収別の既婚率の推移を表したものです。20~30代の男性について既婚者の割合を年収別にみたところ300万円未満では10%を切っています。コレに対して300万円以上の階層では約25~40%となり、300万円を境に大きな差が確認できます。就労形態別の既婚率をみると、30~34歳の男性では正社員が59.6%に対し、非正規は30.2%と半分程度。結婚を希望する人に 「結婚生活の不安」(複数回答) を聞いたところ男女とも半数以上が 「経済的不安」 をあげています。白書では 「若い世代の所得の伸び悩みなどが未婚率の増加につながっている」 と指摘しています。まぁ当然ですね。この白書では 「若者に対する就労支援が求められる」 と書いてありますが、結局なんの解決策も書いてないです。

増え続ける年収300万円未満の人たち

上の図のとおり、男性は年収300万円を境に結婚への大きな壁があることがわかりました。女性としても理想は1,000万円・・・とはいわず700万円ほど欲しいという意見が多いですが、300万円がギリギリ妥協できるという最低水準ではないでしょうか。しかし現実は思っている以上に厳しい状況にあり、年収300万円すら届いていない人たちがたくさんいるのです。上記の白書でも指摘されていますが、若年層を中心に非正規雇用が非常に増加し、低い年収にあえいでいる人が相当いるのです。

年で300万円以下の人口割合

上記は国税庁の 「民間給与実態調査」 から抜き出した年収300万円以下の人口割合です。見ての通り、最近では年収300万円以下の方がなんと40%、4割を超えてきてしまっているのです。ここ10年ほとんど右肩上がりで増加しています。戦後最長の景気拡大期であったにもかかわらず増加しています。その最も大きな理由は、高齢化に伴う勤労者の減少(最も稼ぐ40、50代男性人口の減少)、中国や東南アジア雇用の影響による人権費の下落、長らく続いた不況によるパートタイマー者の増加、非正規社員(20代を中心とした派遣社員)の増加などが挙げられます。そして最大の理由はこういった下流の人たちには格差社会を生き残る知恵というものが無いために、その無知を利用した会社や政府に搾取され、どんどん搾取されていることです。庶民にわからない増税や、偽装請負などがそのいい例でしょう。

年収200万円以下の人は1,000万人突破

このように年収300万円以下の人が全体の4割を超えてしまっています。これでは女性が最低限妥協できるラインを満たしている方が少なく、なかなか結婚できないというのも納得できてしまいます。愛があれば障害は2人で乗り越えられるとフィクションではよくあるフレーズですが、実際低収入で結婚したカップルというのは高確率でお金が問題でトラブルを起こしたり、子供を殺してしまったりして、親世代の援助がなければまともに生活できないのが現実です。そしてさらに悲劇的なのが、年収300万円どころか年収200万円すらも届かない、最低賃金・生活保護レベルの年収しか得られていない方が1,000万人を超えてしまっています

年収200万円以下の人口推移

上の図も国税庁の 「民間給与実態調査」 から抜き出した年収200万円以下の人口割合です。しかもこのデータはまだ金融危機が起きていない2006年のものです。現在のデータを見れば年収100万円以下が400万人、年収100~200万以下が700万人と1,100万人を超えています。しかも恐ろしいことにこの調査は民間賃金、ということからもわかるように給与所得者だけが対象なのです。自営業の方やフリーの方、そして無職の方やバイトばかりしている人は含まれていません。そういった方々を含めれば、当然その数は1,000万人程度ではすみません。1,500~2,000万人を超えているという試算もあるのです。年収300万円は、かなりマシなほうと言えるのです。

しかし1,000万円以上稼ぐこともできる。そこを目指せ!

各収入別において、どれぐらいの人口があるか

しかし皆がみんな低収入なわけではありません。下ばかり見ていると底なし沼に陥りますよ。上の図は年収を階層別に表示したものです。ご覧の通り、サラリーマンの平均給与といわれる300~500万に集中していることがわかります。しかしこの図で特徴的なのが1000万以上のところが不自然に多くなっているところです。実は、ここにいる人たちこそ、格差社会を生き残る術を知っている人たちです。彼らは格差社会において、企業や政府の建前と本音を見抜く眼力を持ち、投資によって大金を稼ぎ 「勝ち組」 となった人たちなのです。そう、つまりはアフィリエイトなどのネットビジネスや、株やFX、投資信託などで大きな資産を築いた方々です。このように格差社会を生き残る術を知っている人と知らない人の2極化が年収の2極化をも生んでいるのです。今後も働いても働いても収入は増えることはありません。むしろ減る可能性のほうが高いです。ならそこから脱却するために行動を起こさなければいけないのではないですか?

→ FXのページ
→ FX会社の徹底比較
→ 投資信託のページ
→ 純金投資のページ

スポンサードリンク

SOS!日本の格差はヤバイのサイトマップ

経済格差 : 金持ちと貧乏人
すべての始まり?格差社会が始まったのは1998年だ
雇用格差:正社員は減り、非正規が増え続ける 雇用格差:IT技術が進歩するほど格差が拡大
待遇格差:正規と非正規のお金の自由度格差 学歴格差:学歴社会はむしろ平等だ
所得格差・年収格差はどんどん広がる 学歴格差:学歴によって賃金格差も広がる
貯蓄格差:貯蓄ゼロの人が増えている 経済格差:どんどん増える生活保護受給者
地域格差:地方と首都圏との差は広がる一方 経済格差:日本は格差社会先進国

資産格差:日本ではどんな人がお金持ちなのか

家庭格差:どんどん増える児童扶養手当受給者
経済格差:金持ちになる大企業と貧乏になる家計 団塊Jr格差:団塊ジュニア格差はひどい
団塊格差:団塊の世代にこそ大きな格差がある 福祉格差:日本は先進国で最も冷たい格差社会
所得格差:日本は世界一労働者を搾取する悪国 年収格差:職人気質の美容師の格差は5倍を超える
厚生労働大臣が労働法が守られないことを嘆く 所得格差:2007年に100億円以上儲けた人は9人
給料格差:2007年のサラリーマンはどれぐらい稼いだのか 収入格差:一発屋お笑い芸人の収入格差は400倍以上
結婚格差:年収300万円以下だと結婚できない 年収格差:各業界別の平均年収は順調に減少中
貧困加速:2009年の日本の相対的貧困率は過去最悪 業界格差:勝ち組の業界と負け組業界の年収格差
絶対格差:世界一の金持ちのことを知っておくか 世代格差:増税が老人福祉に消えて若者は救われない
離職格差:勝ち組と負け組は離職率に雲泥の格差 肥満格差:貧困な人ほど栄養が偏り肥満である
犯罪格差:少年犯罪は減少し高齢者犯罪は増加 漫画格差:TOP以外の漫画家の悲惨さと 「ブラよろ」
健康格差:所得の格差が健康にも影響する 経済格差:格差を示すジニ係数が過去最大を更新
車両格差:世界で最も高いクルマの値段  意識格差:どういう人が勝ち組でどういう人が負け組か
名前格差:キラキラネームは就職や人生で不利 投資格差:サラリーマンで100億円を稼いだ清原達郎氏
富裕格差:富豪と大富豪には大きな差がある 国家格差:世界で豊かな国トップ10と日本の位置
時計格差:高級腕時計の中でも最高のもの 遺産格差:相続だけでビリオネアになった若き大富豪
職業格差:負け組の弁護士と勝ち組の医者 病気格差:糖尿病は勝ち組より負け組に多い
預金格差:富裕層向けのプライベートバンクサービス 年俸格差:斎藤佑樹と田中将大の年収差は100倍以上
new! 日本破産(国家破産)の80年サイクル ~東日本大震災が衰退を加速?~
お金持ちの資産や年収に関するメモ
軍事関連のメモ
教育格差 : 親の格差が継承される
教育格差:まともに学校へ通えない子供 教育格差:私立教育には早い段階で大金が必要
教育格差:公立と私立の教育費格差 教育格差:私立学校は金に見合う価値がある
教育格差:年々さらに高額になる教育費 教育格差:公教育改革は教育格差を助長した
意識格差:高学歴をあきらめ始めた低所得者層 上流教育:「海陽学園」を知ってますか?
教育崩壊:ゆとり教育による公立腐敗 教育崩壊:高給なのに授業が少ない日本教育
教育格差:親の経済力が子どもに影響する証拠 教育崩壊:バカは想像以上に増えている
教育崩壊:世界との差が広がる日本教育 教育崩壊:日本は公費支援が無い最低の教育最貧国
教育崩壊:子供の貧困率が先進国でワースト上位 教育の真実: ”いい子” を作る教育の真の目的
教育の真実:日本の学校は意図的にバカを作る 教育の真実:学校で金儲けを教えない目的とは
教育解決:手遅れにならないうちに格差脱出をしなければ! 教育格差:子供の貧困率と親世代の貧困
社会的地位格差 : 負け組に権利がない
格差是正にやる気の無い政府 貧乏人は医者になっても金持ちになれない
<考察>今の日本にはインドのカースト制のような階級差別が暗黙に浸透しているのではないか?

格差社会の負のスパイラル

教育格差→学歴格差→所得格差→格差固定 格差固定の負のスパイラルをストーリーで説明
東大生の親の年収は950万円以上が半数以上  
格差社会の犠牲者たち
悪の枢軸:グッドウィル社員と派遣労働者の収入格差 奴隷階級:働いても豊かになれないワーキングプア
没落職業:IT技術とグローバル化で没落した職業 奴隷若者:時代に見捨てられた若年層ワーキングプア
絶望する人々:自殺者は一向に減らない 奴隷中年:時代に順応できない中高年ワーキングプア
貧困層ビジネス:貧乏人が増えれば儲かる儲かる 無賃労働:時間という財産まで搾取されるサービス残業
新ホームレス:住所をもてないネットカフェ難民 過剰労働:命まで搾取されて過労死する人たち
偽装請負:人間をモノ扱いして搾取する偽装請負とは 偽装請負:偽装請負で笑う企業と無く労働者
偽装請負:なんと大企業こそが偽装請負をしている 無賃労働:是正によって明らかになった残業代不払い
ブラック企業:ブラック経営者は真面目で素直な奴を狙う ブラック企業:ブラック企業にありがちなポイント
若者離職率:就職後3年以内に辞めさせられる若者 ブラック士業:ブラック企業に入れ知恵をする悪質輩
格差社会の対策 : 資産運用
元手がなければ無料で稼げるモニターを利用せよ 大人気のFXという方法で資産運用しよう
永久の価値をもつ純金(Gold)を積立しよう 専門家に資産運用してもらう投資信託という方法
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!