結婚するかどうかは年収300万円が分岐点か?300万以下と以上で大きな格差

男性の既婚率は年収300万円の前後で大違い

結婚出来ない男といったドラマが流行ったり、なかなか結婚できずに婚活サイトに登録したりと、近年男女ともに結婚へのハードルはどんどん高まっています。それは ”愛” だけではどうしようもない ”お金” という現実的な問題があるからです。特に男性には男女平等とかほざいておきながらも、収入の面を非常に気にする傾向がまだまだ強いです。逆に男性は女性の年齢や容姿にまだまだこだわります。男女平等と言いながらも互いの希望というか欲望がしっかり現れています。しかし一時期のバブル女性のような 「三高」 を望んで粗大ゴミになった人たちとは違い、現在の若い女性たちは非常に現実的であり、年収についてもかなり妥協しています。では現在の女性はどれくらいの年収を妥協点と見ているのでしょうか?その参考となるデータが内閣府の発表した 「子ども・子育て白書」 で20代と30代の既婚率で見ることができます。

年収別の既婚率の推移

上の子は内閣府の発表した 「子ども・子育て白書」 にある年収別の既婚率の推移を表したものです。20~30代の男性について既婚者の割合を年収別にみたところ300万円未満では10%を切っています。コレに対して300万円以上の階層では約25~40%となり、300万円を境に大きな差が確認できます。就労形態別の既婚率をみると、30~34歳の男性では正社員が59.6%に対し、非正規は30.2%と半分程度。結婚を希望する人に 「結婚生活の不安」(複数回答) を聞いたところ男女とも半数以上が 「経済的不安」 をあげています。白書では 「若い世代の所得の伸び悩みなどが未婚率の増加につながっている」 と指摘しています。まぁ当然ですね。この白書では 「若者に対する就労支援が求められる」 と書いてありますが、結局なんの解決策も書いてないです。

増え続ける年収300万円未満の人たち

上の図のとおり、男性は年収300万円を境に結婚への大きな壁があることがわかりました。女性としても理想は1,000万円・・・とはいわず700万円ほど欲しいという意見が多いですが、300万円がギリギリ妥協できるという最低水準ではないでしょうか。しかし現実は思っている以上に厳しい状況にあり、年収300万円すら届いていない人たちがたくさんいるのです。上記の白書でも指摘されていますが、若年層を中心に非正規雇用が非常に増加し、低い年収にあえいでいる人が相当いるのです。

年で300万円以下の人口割合

上記は国税庁の 「民間給与実態調査」 から抜き出した年収300万円以下の人口割合です。見ての通り、最近では年収300万円以下の方がなんと40%、4割を超えてきてしまっているのです。ここ10年ほとんど右肩上がりで増加しています。戦後最長の景気拡大期であったにもかかわらず増加しています。その最も大きな理由は、高齢化に伴う勤労者の減少(最も稼ぐ40、50代男性人口の減少)、中国や東南アジア雇用の影響による人権費の下落、長らく続いた不況によるパートタイマー者の増加、非正規社員(20代を中心とした派遣社員)の増加などが挙げられます。そして最大の理由はこういった下流の人たちには格差社会を生き残る知恵というものが無いために、その無知を利用した会社や政府に搾取され、どんどん搾取されていることです。庶民にわからない増税や、偽装請負などがそのいい例でしょう。

年収200万円以下の人は1,000万人突破

このように年収300万円以下の人が全体の4割を超えてしまっています。これでは女性が最低限妥協できるラインを満たしている方が少なく、なかなか結婚できないというのも納得できてしまいます。愛があれば障害は2人で乗り越えられるとフィクションではよくあるフレーズですが、実際低収入で結婚したカップルというのは高確率でお金が問題でトラブルを起こしたり、子供を殺してしまったりして、親世代の援助がなければまともに生活できないのが現実です。そしてさらに悲劇的なのが、年収300万円どころか年収200万円すらも届かない、最低賃金・生活保護レベルの年収しか得られていない方が1,000万人を超えてしまっています

年収200万円以下の人口推移

上の図も国税庁の 「民間給与実態調査」 から抜き出した年収200万円以下の人口割合です。しかもこのデータはまだ金融危機が起きていない2006年のものです。現在のデータを見れば年収100万円以下が400万人、年収100~200万以下が700万人と1,100万人を超えています。しかも恐ろしいことにこの調査は民間賃金、ということからもわかるように給与所得者だけが対象なのです。自営業の方やフリーの方、そして無職の方やバイトばかりしている人は含まれていません。そういった方々を含めれば、当然その数は1,000万人程度ではすみません。1,500~2,000万人を超えているという試算もあるのです。年収300万円は、かなりマシなほうと言えるのです。

しかし1,000万円以上稼ぐこともできる。そこを目指せ!

各収入別において、どれぐらいの人口があるか

しかし皆がみんな低収入なわけではありません。下ばかり見ていると底なし沼に陥りますよ。上の図は年収を階層別に表示したものです。ご覧の通り、サラリーマンの平均給与といわれる300~500万に集中していることがわかります。しかしこの図で特徴的なのが1000万以上のところが不自然に多くなっているところです。実は、ここにいる人たちこそ、格差社会を生き残る術を知っている人たちです。彼らは格差社会において、企業や政府の建前と本音を見抜く眼力を持ち、投資によって大金を稼ぎ 「勝ち組」 となった人たちなのです。そう、つまりはアフィリエイトなどのネットビジネスや、株やFX、投資信託などで大きな資産を築いた方々です。このように格差社会を生き残る術を知っている人と知らない人の2極化が年収の2極化をも生んでいるのです。今後も働いても働いても収入は増えることはありません。むしろ減る可能性のほうが高いです。ならそこから脱却するために行動を起こさなければいけないのではないですか?

→ FXのページ
→ FX会社の徹底比較
→ 投資信託のページ
→ 純金投資のページ

スポンサードリンク

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved