FXでは介入で強制的に円安にする日本銀行の動きに注意

日銀の介入とは

FXには様々な経済指標や各国政府・中央銀行の要人の発言が為替相場に影響を及ぼします。これらの情報は、FX業者が提供している情報サービスを見ていれば、ほとんどが手に入れられる情報でした。しかし、中にはこれらに属さないものがあるのです。それが日銀の介入です。正確には中央銀行の為替介入といいます。

ご存知の通り、わが国:日本は輸出大国です。天然資源をもたない日本は、自国の優秀な技術力を駆使した製品を作り、それを外国に売ってお金を稼いでいるのですね。しかし、そこにはどうしても違う通貨での取引が行われるために円相場の影響を強く受けます。早い話が円安なら儲けが増えて、円高だと儲けが減るってことです。数字で表せば、あの世界のトヨタなどはUSDJPY相場が1円円高になるだけで、400億円も儲けが減ってしまうのです。2008年・2009年は急激な円高で自動車産業は大打撃を受けましたね。そう、日本は他の国とは違って自国通貨高を好まないのです。そのため過度な円高になると輸出産業が困るために、日本銀行が通貨の介入を行って強制的に円安にしようとするのです。これが日銀の介入と言われるものです。日銀が大量に円売りをするので、円相場が円安になりやすくなるのですね。

どうやって日銀の介入を知るのか

さて円相場に影響を与える日銀の介入ですが、正直なところいつ介入が行われるかは投資家にはわかりません。日銀の介入は財務大臣の命令のもとに為替相場に大量の円売りを行うと日本銀行のページには書いてあります。したがって財務大臣に直接聴いてみるしかありませんね。答えてくれるわけありませんが。

しかしこの中央銀行の為替介入というのは、世界的にもあまり評判はよくなく2004年以降は最近も全く行われていません。またどの水準で介入が行われるかも、非常にあいまいで一説には、公式に名言していないだけで水面下では介入行為をやっているとのうわさも聞かれます。ともかく、日銀の介入というのはいつ行われるかはわかりません。ただし介入が行われるような円高水準になれば自然と介入のうわさが流れてきますので、日々のニュースやアナウンスに注意するしかないと言わざるを得ません。

またこの為替介入を行うのは何も日本銀行に限った話ではありません。2009年にはリスク回避で買われすぎて通貨高を起こしていたスイスフランを安くしようと スイス中銀がスイスイフラン売り介入を行ったことがあるのです。このときは異常なほどのスイスフラン安をひきおこしてしまい、為替相場は大混乱を起こしかけました。

2010年9月15日の為替介入チャート

2010年9月15日の日銀介入チャート

2010年9月15日、AM10:35、日本銀行は2004年から実に6年半ぶりとなる為替介入を行ないました。その当時の状況は、前日の9月14日に政権をとっていた民主党の代表選挙があり、事実上総理決定戦を行っていました。菅直人と小沢一郎の対決により政局は完全に不在の状況であり、投機筋はそのスキをついた円高構成を行っており、円は15年ぶりの高値をつける超円高がつづいていました。そして為替介入に消極的な菅直人が勝利したことで、投機筋の円買いはさらに勢いを増します。このような状況下で6年ぶりの為替介入は実施されることとなったのです。

15日の10:35に最初の介入が行われたからドル円相場は、まるで竜があがったかのように一本調子で上がり続けました。1週間以上上値を抑えていた84円台を突破するとますます上昇します。このとき日銀はなんと1兆円もの巨額の介入を行っていたのです。下の介入履歴を見ても、たった数時間で兆の単位を超える介入は史上初であることがわかります。さらに欧州時間に入っても日銀は断続的に介入を続けて、ドル円は+300pipsの85円の後半まで上昇したのです。それまでドル円の平均ボラティリティは1円~1.5円だったことからも、その介入は史上に大きなインパクトを与えるものとなりました。たった1日で2兆円もの介入を行ったチャートが上の図です。

日銀の介入履歴
日時 ドル円相場 介入金額
2010年9月15日 82 - 83 約2兆円
2004年3月17日以後介入なし
日時 ドル円相場 介入金額
3月16日 108 - 109 678億円
3月15日 109 - 110 4075億円
3月11日 110 3629億円
3月10日 110 - 111 693億円
3月9日 110 - 111 7236億円
3月8日 111 - 112 8090億円
3月5日 111 - 112 1兆2446億円
3月4日 110 1974億円
3月3日 110 799億円
3月2日 109 - 110 4219億円
3月1日 108 - 109 1493億円
2月27日 108 - 109 1695億円
2月25日 108 947億円
2月24日 108 1211億円
2月23日 108 - 109 1181億円
2月20日 107 - 108 107億円
2月19日 106 - 107 1000億円
2月18日 105 - 106 2410億円
2月17日 105 1584億円
2月16日 105 842億円
2月13日 105 3863億円
2月12日 105 1336億円
2月11日 105 4021億円
2月10日 105 1160億円
2月9日 105 30億円
2月6日 105 - 106 1090億円
2月4日 105 884億円
2月3日 105 8893億円
2月2日 105 2512億円
1月30日 105 283億円
1月28日 105 - 106 2264億円
1月27日 105 - 106 1881億円
1月26日 105 - 106 21億円
1月23日 105 - 106 1575億円
1月22日 105 - 106 243億円
1月16日 105 - 106 4386億円
1月15日 106 1623億円
1月14日 106 2071億円
1月13日 106 1882億円
1月12日 106 571億円
1月9日 106 - 107 1兆6664億円
1月8日 106 7922億円
1月7日 106 5822億円
1月6日 106 8185億円
1月5日 106 8951億円
1月2日 106 3804億円
2003年12月31日 106 1581億円
12月30日 106 371億円
12月29日 106 1725億円
12月26日 106 1917億円
12月12日 107 2925億円
12月11日 107 1049億円
12月10日 106 1兆2838億円
12月9日 106 2914億円
12月8日 107 876億円
11月21日 108 1億円
11月20日 108 1040億円
11月19日 107 9487億円
11月18日 107 216億円
11月14日 107 38億円
11月11日 108 1425億円
11月10日 107 3665億円
10月30日 107 124億円
10月29日 107 1585億円
10月28日 108 108億円
10月14日 108 310億円
10月13日 108 1404億円
10月10日 108 549億円
10月9日 108 3446億円
10月7日 110 2831億円
10月2日 110 3332億円
10月1日 110 2998億円
9月16日 116 1087億円
9月15日 117 271億円
9月12日 116 1兆0178億円
9月11日 116 4872億円
9月10日 116 5436億円
9月9日 116 2633億円
9月8日 116 2231億円
9月5日 116 3953億円
9月4日 116 7055億円
9月2日 116 2733億円
8月29日 116 4124億円
7月16日 117 1726億円
7月15日 116 6466億円
7月14日 117 3681億円
7月11日 117 412億円
7月10日 117 1744億円
7月9日 117 236億円
7月8日 117 2221億円
7月7日 117 2340億円
7月3日 117 1508億円
6月25日 117 2081億円
6月23日 117 - 118 177億円
6月16日 117 1464億円
6月13日 117 869億円
6月12日 117 70億円
6月6日 117 1502億円
6月5日 117 126億円
5月27日 116 - 117 1086億円
5月21日 116 - 117 2882億円
5月20日 116 - 117 2283億円
5月19日 115 - 116 1兆401億円
5月16日 115 - 116 698億円
5月15日 115 - 116 2257億円
5月14日 115 - 116 3971億円
5月13日 116 3037億円
5月12日 116 3302億円
5月9日 117 2166億円
5月8日 116 - 117 6914億円
3月 116 - 117 1兆1769億円
2月 117 4191億円
1月中 117 7000億円
2002年6月28日 118 - 119 5046億円
6月26日 120 5687億円
6月24日 121 4290億円
6月4日 123 - 124 3727億円
5月31日 123 - 124 1兆312億円
5月23日 124 4991億円
5月22日 123 - 125 5871億円
2001年9月28日 118 - 119 2866億円(24億㌦)
9月27日 117 - 118 4871億円(41億㌦)
9月26日 117 943億円(8億㌦)
9月24日 116 - 117 1172億円(10億㌦)
9月21日 116 - 117 1兆2874億円(111億㌦)
9月19日 117 3774億円(32億㌦)
9月17日 116 - 117 4955億円(43億㌦)
9月12日 115 - 117 1兆2874億円
2000年4月3日 102 - 105 1兆3854億円(134億㌦)
3月15日 104 - 105 8468億円(80億㌦)
3月8日 107 1501億円(14億㌦)
1月4日 106 - 107 5753億円(54億㌦)
1999年12月24日 102 3704億円(36億㌦)
11月30日 101 - 103 4104億円(40億㌦)
11月29日 102 - 103 7244億円(70億㌦)
9月14日 106 - 107 3794億円(35億㌦)
9月10日 107 - 108 6401億円(60億㌦)
7月21日 118 - 119 4052億円(34億㌦)
7月20日 118 - 119 1792億円(15億㌦)
7月5日 121 - 122 7837億円(64億㌦)
6月21日 120 - 122 9272億円(76億㌦)
6月14日 117 - 120 1兆4059億円(118億㌦)
6月10日 117 - 119 1665億円(14億㌦)
1月12日 108 - 111 6563億円(60億㌦)
1998年6月17日 141 - 145 2312億円(▲16億㌦)
4月10日 129 - 131 2兆6201億円(▲201億㌦)
4月9日 131 - 132 1957億円(▲15億㌦)
1997年12月17日~12月19日 127 - 128 10591億円(83億㌦)
マネーパートナーズより引用

FX(外国為替証拠金取引)サイトマップ

<入門編>祝入門♪FXのことをよく知ろう
FXとはなんぞや? 外国為替証拠金取引とはなんぞや?
FXで世界へ投資できるの? 日本の政治家に頼るのは無意味
FXって1万円からできるって言うけど? 高金利をもらえるってどういうこと?
FXって危険な取引じゃないの? FXってどうして円高でも儲かるの?
FXってライブドア株のように取引停止にならない?  
FX初心者のFX始め方手順
1 .初心者はセントラル短資FXに口座を開こう 口座開設キャンペーンで投資資金を作ろう 
2. 勝ち組になるため複数の口座を使い分けよう FXの本もキャンペーンでもらうことができる
3. 方法が確立するまで誰かのマネをすべし FX会社が現在やっているキャンペーンの詳細
4. 初心者がやっちゃいけないことを熟知せよ  
5. 投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
<初心者編>基礎を制するものがFXを制する!
円安と円高を理解していますか? レバレッジとは何か
毎日給料日になるスワップ金利とは ハイリターン・ローリスクにしてくれるロスカットとは
FXは24時間できてサラリーマンも問題なし FXはとても公平な取引である
FXのスプレッドとは何か 売買利益・スワップ金利でFXは2度おいしい
安全な管理方法:信託保全とは 危険な管理方法:分別管理とは
税制優遇:東証のくりっく365とは 税制優遇:大証の大証FXとは
FXの注文方法
成行(成り行き) 指値(リミット)
逆指値(ストップ) IFD注文
OCO注文 IFO注文
トレール注文 自動売買(システムトレード)
リピート・イフダン注文 トラップ・リピート・イフダン注文
絶対にすべらないギャランティーストップ注文  
<中級者編>FXで稼ぐために必要な知識
リスクを熟知する者がFXの勝ち組
リスクの意味を正しく理解する 為替変動リスク
ロスカットリスク 金利変動リスク
レバレッジリスク 流動性リスク
システムリスク カントリーリスク
FX会社の信用リスク FXにはリスク分散が欠かせない
FXのファンダメンタル分析関連
ファンダメンタル分析とは どんな経済指標に注意すべきか
経済指標:非農業部門雇用者数(雇用統計) 経済指標:政策金利発表
経済指標:失業率(雇用統計) 経済指標:GDP
経済指標:貿易収支 経済指標:消費者物価指数(CPI)
経済指標:小売売上高 経済指標:ISM製造業景況指数
経済指標:住宅着工件数 経済指標:新規失業保険申請件数
注目発言:要人の発言 中央銀行:日銀の介入
FXのテクニカル分析関連
テクニカル分析とは テクニカル指標:基本のローソク足
テクニカル指標:トレンドライン テクニカル指標:サポートとレジスタンス
テクニカル指標:レンジ相場とチャンネル テクニカル指標:移動平均線(MA)
テクニカル指標:RSI テクニカル指標:ストキャスティクス
テクニカル指標:フィボナッチ テクニカル指標:ボリンジャーバンド
テクニカル指標:パラボリック テクニカル指標:MACD
テクニカル指標:一目均衡表(雲) テクニカル指標:ピボット
重要パターン:ダブルトップ/ダブルボトム 重要パターン:三尊(ヘッドアンドショルダー)
重要パターン:三角持ち合い(トライアングル) 重要パターン:ギャップ(窓)
<上級者編>知る人ぞ知る勝つための情報
基本であるトレンドラインでの反発を狙う サポート・レジスタンスのブレイクを狙おう
ブレイクされたサポートラインは逆のレジスタンスになる 窓を開けた時の窓埋めを狙った取引
相関係数でリスクヘッジをしてリスクを減らす FXオプション取引でハイリターン・ローリスクにする
為替変動が少ないUSDHKDを長期投資 ドルペッグ切り上げ前に中東通貨を買うべき?
欧州の固定相場EURDKKを長期投資 逆指値のOCO注文で重要指標の急変を狙う
スイス中銀の介入で膠着するEURCHF取引 バルスの呪い?奇妙な 「ジブリの法則」
スイス中銀の手のひら返しによるEURCHFの決壊  
FX業者が搭載するシステムについて
FX業者が使っているシステムには同じものがある
海外 : SAXO 海外 : GFT
海外 : IFX(ActForex) 海外 : CMS
海外 : FXCM 海外 : MetaTrader
海外 : GAIN 海外 : IGグループ(PureDeal)
国内 : スリーエイ・システム 国内 : FXプラットフォーム
国内 : フラクタルシステム 国内 : SimplexTechnology
国内 : 外為どっとコム 国内 : セントラル短資FX
国内 : FXプライム byGMO 国内 : I&AS(外為オンライン)
国内 : GMOクリック証券 国内 : EMCOM(旧FONOX)
FX会社分析 (淘汰の時代を生き残った勝ち組はどこか?)

FX会社一覧(淘汰によりガンガン減少中)
(この表とそっくりな図を掲載しているサイトがあります。パクリは嫌ですね)
★ = 評価点:5段階評価
自動売買FX業者 (システムトレードができるところ)
★×5 マネースクウェアジャパン(トラリピ) マネースクウェアジャパンのトラリピ紹介ページ
★×5 インヴァスト証券(シストレ) トラリピはあのトランプショックでも成功していた
★×5 セントラル短資FX(ミラートレーダー)  
★×3 アイネット証券(ループイフダン)  
★×1 ひまわり証券(エコトレFX)  
長期投資FX業者 (安全性が高く、スワップ金利が高い)
★×5 セントラル短資FX 短資会社の信頼、人民元やトルコ取引
★×5 ライブスター証券 業界最高水準のスワップ
★×2 上田ハーローFX  
老舗FX業者 (歴史あるが新サービスに乏しい)
★×4 FXプライム byGMO  
★×3 外為どっとコム  
短期売買向けFX業者 (低コストで使いやすい)
人気のデイトレード向き業者
★×5 ヒロセ通商
2013年、2014年、2015年の
オリコン顧客満足度FX部門第1位
★×5 外為オンライン 大島優子PR、2008年取引高No.1
★×5 GMOクリック証券 2015年年間取引高世界No.1
★×4 DMMFX 国内人気No.1業者!50万口座突破
★×4 マネーパートナーズ 8年連続約定力No.1業者
低スプレッドで取引に有利
★×5 SBIFXトレード 1通貨から取引できるSBI資本
★×4 FXブロードネット 低スプレッド、自動売買ツールあり
★×4 YJFX! CNEXの大量トレード、
バイナリーオプションもできる業者
★×5 FXTF:バイトレ ★×5 IG証券
★×4 GMOクリック証券:外為オプション ★×4 YJFX!:オプトレ
キャンペーンで食料もらえます
★×5 ヒロセ通商 2014年のオリコン顧客満足度FX部門第1位はヒロセ通商
★×3 JFX  
スイス銀行グループ
★×4 デューカスコピージャパン  
デンマークSAXOBANKシステム導入
★×3 サクソバンク証券(SAXOBANK)  
大人気チャートソフトMT4を使える
★×5 FXTF:FXトレード・フィナンシャル  
★×5 フォレックスドットコム(Forex.com)  
他の業者とは違う独自サービスを行う業者
>> バイナリーオプション専門カテゴリへ
★×5 IG証券 IG証券だけの商品:バイナリーオプション
※ バイナリーオプションの戦略について IG証券だけの商品:6,500以上のCFD銘柄
証券会社のFXサービスで使える所
★×3 楽天証券(楽天FX)  
世界各国の通貨をよく知るべし
通貨記号一覧 (世界は広い・・・)
USD:アメリカドル(米ドル) USD(アメリカドル)は世界の基軸通貨 EUR:ユーロ EUR(ユーロ)はEU:欧州連合単一通貨
GBP:イギリスポンド GBP(イギリスポンド)は上級者専用通貨 AUD:豪ドル、オーストラリアドル AUD(豪ドル)は優秀な高金利通貨
NZD:ニュージーランドドル、キウイドル NZD(キウイドル)は流動性悪い高金利通貨 CAD:カナダドル、加ドル CAD(カナダドル)は安定優等生通貨
CHF:スイスフラン CHF(スイスフラン)は世界一の信用通貨 JPY:日本円 JPY(日本円)は魅力なきわが国の通貨
ZAR:高金利通貨の南アフリカランド ZAR(南アフリカランド)は高金利通貨 TRY:高金利通貨の新トルコリラ TRY(トルコリラ)は超高金利通貨
ISK だけじゃない!NOK、SEK、DKK などの北欧通貨
NOK:ノルウェークローネ NOK(ノルウェークローネ) SEK:スウェーデンクローナ SEK(スウェーデンクローナ)
DKK:デンマーククローネ DKK(デンマーククローネ) ISK:アイスランドクローナ ISK(アイスランドクローナ)15%の高金利
CZK、PLN、HUF、RUB、バルカン半島、バルト三国 などの東欧通貨
CZK:チェココルナ CZK(チェココルナ) PLN:高金利通貨のポーランドズロチ PLN(ポーランドズロチ)
HUF:高金利のハンガリーフォリント HUF(ハンガリーフォリント) RUB:ロシアルーブル RUB(ロシアルーブル)
エストニア ラトビア リトアニア バルト三国(EEK、LVL、LTL) ルーマニア ブルガリア ルーマニアとブルガリア(RON、BGN)
KRW、HKD、CNY、SGD、THB などのアジア諸国の通貨
韓国:ウォン KRW(韓国ウォン) 香港:香港ドル HKD(香港ドル)
CNY:中華人民共和国の人民元 CNY(人民元) SGD:シンガポールドル SGD(シンガポールドル)
THB:タイ王国のバーツ THB(タイバーツ)  
FXのQ&A
FX業者選びに関する質問
初心者なのでどこを選べばいいかわかりません 未成年はFXをやることできますか?
貧乏なので一番少ない金額でできるところは? サーバーが強いFX業者ってどこ?
悪い評判がない人気のいい業者ってどこなの? トラブルが多い危ない業者ってどこ?
安心してお金を預けられる信頼できる業者は? 結局どんな業者をもっていれば万全なの?
一番コストのかからない業者ってどこ?  
FXの取引に関する質問
外貨預金とFXってどっちがお得? プロと個人投資家どっちが強い?
GBPのほうがNZDよりスワップ高くない? NZとトルコに分けたからリスク分散は万全?
外貨預金や外貨MMFとFXってどれがお得なの? キャンペーンって儲かるの?
いくつもFX口座を持つと大変じゃない? FXに使えるお金が無い人はモニターで稼いでみよう
FX業者の審査に落ちてしまうともうダメ? ドル円の歴史とその相場の推移
ぼったくりFX業者 (言語道断のサギ会社)
(論外) 大手証券がやっているFXがダメな理由 (論外) 横領・夜逃げ・犯罪をした悪質FX業者
(論外) 行政処分されたことがある危険なFX業者 (論外) 競争から脱落した負け組のFX業者
(論外) トレイダーズ証券の悪行サービス くりっく365の異常レートに対する傲慢な対応
(論外) 内藤証券の悪行サービス
撤退したFX会社
(撤退) FXZERO (FXゼロ) (論外) トレイダーズFX (TRADERS FX)
(撤退) EMCOMTRADE (吸収) フォレックストレード
(撤退) NTTスマートトレード (撤退) アトランティックトレード
(吸収) 外為ジャパン(旧MJ) (撤退) MF Global FXA 証券
(撤退) DMM.com証券 (撤退) kakakuFX
(撤退) FXCMジャパン証券(旧ODLJapan) (撤退) 121証券 (危険)
(撤退) トレイダース証券(NFXプロ)
(吸収) Alparijapan(デューカスに買収)
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!