マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

TRY(トルコリラ)を扱うSAXO業者比較!どこが一番優れた業者なのか?

SAXO業者は自分のレベルで判断しよう

スワップ金利が一番高く魅力的なトルコリラ。北欧のダースホース:アイスランドクローナ、中央の高金利通貨:ハンガリーなど世界のあらゆる通貨を取引できる怪物FX業者SAXOシステム。強力なサーバーで約定力はダントツTOP、セキュリティを万全である日本では最高レベルであり、通貨ペアは200種類近くを誇ります。この業者でTRYをスワップ目的で買いたい人も多いでしょう。ではどこのSAXO業者を選べばいいのかいろいろ比較して見ましょう。しかし、SAXO業者も次々と消えていきました。以前はkakakufxなどがあったのですが、高機能すぎて利用者が少ないのか、本部に払うロイヤリティが高すぎるのか、今やSAXO直接の子会社であるサクソバンク証券しか残っていません。

次々と消えていくSAXOシステム導入業者
ヒロセ通商 [HiroseTrader] アストマックスFX
kakakuFX [プレミアム、スタンダート] 121証券
FXトレードフィナンシャル セブンインベスターズ
DMM.com証券 [SVC-Trader、SVC-FX] トレイダーズ証券 [NFX-PRO]


SAXO業者をトルコリラ関係で比較(数値はスプレッド)
業者名の説明ページ 手数料 レバレッジ EURTRY TRYJPY USDTRY
ヒロセ通商[HiroseTrader] 5$ 25倍 21 15 16
アストマックスFX 5$ 25倍 30 20 20
kakakuFX 7$ 25倍 30 20 20
121証券 100円+5$ 8.3倍 20 15 15
FXトレードフィナンシャル 5$ 12.5倍 30 20 20
セブンインベスターズ 100円+5$ 25倍 15 12 12
DMM.com証券 5$ 12.5倍 30 20 20
トレイダーズ証券 7$ 25倍 × 17 ×
まず、おまけ程度のサービスであるトレイダーズ証券のサービスは候補から外れます
候補 : HiroseTrader、アストマックスFX、kakakufx、121証券、FXForapan、セブン、DMM.com証券
そして手数料がかかってしまう121証券、セブンインベスターズも候補から外れます
候補 : HiroseTrader、アストマックスFX、kakakufx、FXForapan、DMM.com証券
またミニマムチャージが他よりかかるkakakufxも候補から外れます
候補 : HiroseTrader、アストマックスFX、FXForapan、DMM.com証券
残った4つの中で、一番スプレッドが狭く、レバレッジが高いHiroseTraderがトルコリラ取引でオススメです



今やSAXO直接の子会社であるサクソバンク証券しか残っていません。

SAXO業者を信頼性で比較

業者名の説明ページ 信託方法 保全先 資本金 母体 自己資本規制比率
ヒロセ通商[HiroseTrader] 信託保全 新銀行東京 3億円 320%
アストマックスFX 信託保全 日証金信託銀行 4億9000万円? アストマックス 455.7%
kakakuFX 信託保全 三井住友銀行 1億5000万円 カカクコム 459.7%
121証券 信託保全 日証金信託銀行 9億6,872万円 295.2%
FXトレードフィナンシャル 分別保管 1億4000万円 不明
セブンインベスターズ 分別保管 8000万円? 262%
DMM.com証券 信託保全 日証金信託銀行 3億円 415%
トレイダーズ証券 分別保管 20億 300%
会社の信頼性というのはなかなか判断しにくいところです。
まず、分別保管であるところは避けたほうがいいでしょう。
候補 : HiroseTrader、アストマックスFX、kakakufx、121証券、DMM.com証券
そして信託保全の信託先が問題の多い「新銀行東京」であるヒロセ通商はやや評価が下がります。
候補 : アストマックスFX、kakakufx、121証券、DMM.com証券
また母体がしっかりしている所のほうが独立会社よりも安心できます。
候補 : アストマックスFX、kakakufx
以上の点から信託保全がされて、信託先がしっかりした機関であり、
バックに大きな会社があるところもつ 「kakakufx」が信頼性が高い業者といえるでしょう。


今やSAXO直接の子会社であるサクソバンク証券しか残っていません。
SAXO業者をスワップ金利で比較(2008年7月計測)
業者名 AUDTRY CADTRY CHFTRY EURTRY GBPTRY NZDTRY TRYJPY USDTRY
ヒロセ通商[HiroseTrader] 269 405 430 592 701 188 405 427
アストマックスFX 272 411 435 599 712 191 403 433
kakakuFX 267 403 428 589 701 188 405 425
121証券 266 399 428 589 700 188 405 425
FXトレードフィナンシャル 262 405 427 579 690 183 397 433
セブンインベスターズ 257 399 428 574 685 183 406 417
DMM.com証券 252 389 409 560 668 181 406 407
トレイダーズ証券 × × × × × × 405 ×
スワップの数値を見ればすぐにわかりますが、ほとんどの業者は使用しているシステムによってスワップが決まっています。SAXO業者のスワップはほとんど似たり寄ったりのレベルで数円しか変わらないのでスワップではSAXO業者はほとんど同じと思っていいでしょう。
若干アストマックスFXのスワップが高めになっていますが、誤差の範疇を抜けません。違う日に計測すれば別の業者のスワップが高くなる可能性もあるのでスワップ比較ではSAXO業者に差はないと考えて差し支えありません。


今やSAXO直接の子会社であるサクソバンク証券しか残っていません。

まとめ : 結局どこがいいか?

上記の分析をまとめると信頼面と短期売買からkakakuFXで決定といえるかもしれません。ただしkakakuFXも優遇サービスであるパール口座やブラック口座を使えないと魅力半減になってしまいます。その場合はヒロセ通商のHiroseTraderのほうがよいことになります。そのためヒロセ通商が初心者向けといえそうです。パール口座の条件は一月に3,000万USD程度の取引を必要としますので、かなりのヘビーユーザーでないと優遇サービスは受けられないかもしれません。ということはkakakuFXはかなりの取引をする中級者以上の人向けといえそうですね。そして、FXオプションが使えるDMM.com証券は完全に別格であり、オプションによるリスクヘッジなどができればローリスクハイリターンのおいしい取引ができるのです。これは使いこなせる上級者向きでしょう。まとめると、SAXOを使い始める初心者ならヒロセ通商で、ある程度の取引量をこなす中級者ならkakakuFXになり、FXオプションまで使いこなせる上級者ならDMM.com証券という判断になりますね。この基準が一番わかりやすいでしょう。


今やSAXO直接の子会社であるサクソバンク証券しか残っていません。

海外システム業者SAXO

今やSAXO直接の子会社であるサクソバンク証券しか残っていません。

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved